自動車整備機器 RTM215J オパシメータ

自動車整備機器 イメージ

RTM215J オパシメータ

国産車 YES   輸入車 YES
表示画面や測定結果を完全日本語表示、ユーザビリティを追及

RTM215J オパシメータ製品特徴

継続検査(車検)に対応

型式試験番号取得済み。

製品写真:RTM215Jオパシメータ
RTM215J オパシメータ

判定機能付き車検測定モード

自動化された測定モードにより、簡単で確実な測定が可能。本体表示の指示に従いアクセルの操作を行うだけで自動的に測定を実施、合否を判定。3回目まで測定を行った場合には全ての測定結果の平均値を四捨五入して判定。

写真
車検測定モード 合否判定の流れ
(画像をクリックすると拡大表示します)

故障診断や整備時に有効なフリー測定モード

システムテスター KTS シリーズを用いた故障診断や整備の際にも使用可能。インジェクター交換の際でには噴射量の公差を正確な噴射量に調整する必要があります。KTS シリーズを用いて新たに装着するインジェクターの公差情報を入力した後、オパシメータのフリー測定機能を使用することで、インジェクターの公差調整が正しく行われているかを確認することができます。

写真
KTS シリーズを使用した、インジェクター調整の手順

簡単操作、軽量コンパクト

4つのシンプルなボタン配列と操作音により、確実かつ簡単な操作が可能。
検出部はクラス最小の軽量コンパクトで測定位置への移動も簡単。

完全日本語対応

画面表示、プリント表示共に完全日本語表示。また、標準装備として本体にプリンターを内蔵。測定結果を速やかに印刷することが可能。
プリンター標準機でありながら、リーズナブルな設定。

写真
プリンター印刷例

PC との連携

オプションのソフトウェアにより、PC への測定値保存と顧客管理が可能。PC での印刷も可能です。また、ソフトウェアを使用して本体へ事業者名を登録できます。

テクニカルデータ

測定方式光透過式
サンプリング方式分流排圧式
本体部寸法(mm)(276) X (370) X (198) (mm)
検出部寸法(mm)(420) X (217) X (315) (mm)
重量本体部(kg)5.5kg
検出部(kg)6.5kg
電源AC 100V 50 / 60Hz
消費電力200W
採取部(採取管、導管合計) (mm)1510mm
測定範囲光吸収係数(m-1)0 ~ 16.065 m-1
測定シーケンスの有無有り
外部出力RS232C標準装備
標準清掃用具、プリンター(日本語印刷)、ブローブホルダ、ロール紙(3ロール)
オプション外部通信ソフトウェア
価格オープンプライス