自動車機器テクノロジー Robert Bosch GmbH のプレスリリース(日本語訳)

投資額は5億5000万ユーロ:
シュトゥットガルト近郊ロイトリンゲン工場の半導体製造工場を増設
約800名の雇用を確保

  • 新設ラインでの生産開始は2009年中頃
  • オートモーティブ・エレクトロニクス部門を強化

シュトゥットガルト/ロイトリンゲン発: ボッシュ・グループは約5億5000万ユーロを投じて、200ミリ(8インチ)半導体の製造工場をロイトリンゲン(シュトゥットガルト近郊)に増設します。工場の建設工事は2007年秋に開始され、生産開始は2009年中頃を計画しています。新工場での生産量はシリコンウエハとして1,000枚/日で、半導体チップとしては100万個/日に相当します。
「このような最先端製造技術への巨額の投資を行うことで、ボッシュの国際的なオートモーティブ・エレクトロニクス事業の長期的な安定を確保します。」と、ボッシュ取締役会会長のフランツ・フェーレンバッハ(Franz Fehrenbach)は述べました。今回、工場が増設されるロイトリンゲンにおいて、ボッシュはすでに10年前から150ミリ(6インチ)ウェファを製造しており、この拠点には豊富なノウハウと優れたインフラが揃っています。

ロイトリンゲン拠点で製造される半導体と MEMS チップは、主に自動車産業界へ納入されています 。これらはコントロールユニット内のコンポーネントとして、車両内の多数の機能、たとえば ABS や ESC などの電子制御セーフティシステム、エアバッグ、電子制御エンジン・マネジメント・システムを搭載した低燃費でクリーンなエンジン、さらには最新のドライバー・アシスタンス・システムなどの「中枢神経系」として働きます。ミドルクラスまたはラグジュアリー・クラスの車両には、平均して100個から200個の特定用途向け集積回路が取り付けられています。
「自動車用の半導体市場は、中期的に見て、平均で毎年10%成長すると、私たちは予想しています。」とボッシュ取締役会メンバーで自動車機器テクノロジー統括部門長のベルント・ボア(Dr. Bernd Bohr)は述べています。自動車向け市場に加え、民生機器向け等の、新たな市場についても、近年、設立された子会社 Bosch Sensortec GmbH を通じて参入を試みています。
この200ミリ半導体製造工場の新設により、2012年には総計約800名の雇用が創出されます。ボッシュはこれらの有能な人材のほとんどを社内で、特に周辺工場の従業員の異動によって確保する予定です。

ロイトリンゲン拠点: 微細加工技術による量産の実現

ロイトリンゲンに新設される200ミリウエハの工場は、「スマート・パワー・プロセス(smart power process)」と呼ばれるプロセスを採用します。このプロセスによって、ひとつのチップ上に、繊細な信号処理回路と、高性能なアクチュエータを制御する為の高電圧回路を構築することが可能となります。これらのチップは、また、車両の走行中の、高い熱負荷や機械的負荷がかかった状態で信頼性の高い作動をすることが求められています。これらの半導体チップには、蒸着した超微細構造物が用いられています。この構造物の幅は0.35マイクロメーター程度と、人間の頭髪直径の100分の1にも満たない大きさです。ボッシュでは、さらに、この構造の幅を半分の0.18 マイクロメーターにする計画を持っています。このような精密性を実現するためには、高度な製造技術が必要となります。それを現実のものとした MEMS テクノロジーは、今回新設される200ミリウエハ工場でも採用される予定です。
ここで製造される MEMS センサは自動車に使用されるほか、携帯電話、携帯端末、ゲーム機など民生機器にも使用されます。これによってボッシュは、この成長市場における先進的製造技術を長期的に確保することができるのです。

ロイトリンゲンは、ボッシュのオートモーティブ・エレクトロニクス事業部の本拠地で、最も重要な開発および製造の拠点であり、多数多品種の電子コンポーネントを生産しています。この拠点はドライバー・アシスタンス・システムなどの革新的な製品のパイロット・プラントとして、グローバルな生産ネットワークの中で重要な役割を果たしています。ロイトリンゲンには3箇所の製造拠点があり、ボッシュ従業員は総計約7,000名。その中には、技術系・技能系・営業および商業的な職業訓練を受けている240名の実習生が含まれています。

ロイトリンゲンで製造されている半導体関連の写真、および半導体チップを使用したボッシュ製品の写真は www.bosch-presse.de からダウンロードできます。


このプレスリリースは2006年6月に Robert Bosch GmbH より発行されました。原文をご覧ください。>