自動車機器テクノロジー Robert Bosch GmbH のプレスリリース(日本語訳)

モジュール構造による高い適合性
ボッシュ商用車用ヘビーデューティ(HD)オルタネータ

  • モジュール式のユニットアセンブリシステムにより、精密で個別の適合が可能
  • 機能追加により耐用期間、効率、耐熱性の向上が可能
  • オプションで高ベルト張力への対応が可能

ボッシュは、そのヘビーデューティ(HD)製品プログラムにおいてフルラインの商用車用オルタネータ(定格電圧14Vまたは28V)を提供します。HD シリーズの各種モデルは、経済的にそして確実にエネルギーを供給し、輸送用車両でも産業用車両でも幅広い用途に利用できます。このコンパクトなオルタネータはモジュール構造であるため、顧客の個別要求に理想的に適合することができます。また、各ベーシックバージョンをベースにして、その耐用期間、効率、耐熱性をさらに向上させることができます。さらに、高ベルト張力エンジンへ使用するための最適化も可能です。これら4つのオプションから、3つまでを組み合わせることができます。

ボッシュの開発陣は、ステータの構造を改良し、銅の線積率を高めることで、この HD オルタネータの高い効率性を実現しました。これによって最高効率は70%から76%へ上昇し(VDA 数値)、その結果エンジン燃費は走行距離100kmあたり最大で0.5リッターの節約が可能となりました。これにより汚染物質排出低減と、オルタネータ出力を両立しています。

また、オルタネータの耐用期間が最大800,000 kmまで延長され、メインテナンス不要となったため、費用対効果の向上が見込めます。これは大径ボールベアリング及び強化エンドプレートの採用、カーボン/スリップリングシステム及びクーリングシステムの改良により可能となりました。

特にバスでは、高い熱応力が求められます。バスへの使用を目的として、オルタネータに150℃~180℃の高温に耐えられる改良型耐熱性ボールベアリングを搭載することができます。

さらに、非常に高いエンジン冷却力とそれに応じた高ベルト張力を備えた商用車のための専用オプションもあります。強化型ボールベアリングとさらにパワフルな冷却システムを備えた HD オルタネータは、高ベルト張力に耐えるオルタネータに対する厳しい条件を満たすように開発されています。


このプレスリリースは2006年9月に Robert Bosch GmbH より発行されました。原文をご覧ください。>