経営情報 Robert Bosch GmbH のプレスリリース(日本語訳)

1株当たり1.92オーストラリア・ドルで公開買い付け:
ボッシュが Pacifica Group を公開買い付け
国際的にブレーキ事業を強化

  • 買い付け価格は2006年8月29日以降の出来高加重平均価格の1.57オーストラリア・ドルより22%高
  • Pacifica Group は、売上高4億8,000万ユーロ(8億オーストラリア・ドル)、全世界に12拠点、従業員約2,000名

シュトゥットガルト発 - ボッシュ・グループは Pacifica Group (Pacifica Group Ltd、本社オーストラリア/メルボルン)の株式を公開買い付けする計画です。ボッシュはこの会社の株主に対し、1株当たり1.92オーストラリア・ドルを現金で支払います。Pacifica Group の株主は主に機関投資家です。この買い付け価格による予想取引額は、Pacifica の持つ純負債の引き受けを含め、約3億ユーロ(約4億9,500万オーストラリア・ドル)です。1株当たり現金1.92オーストラリア・ドルという買付け価格は、2006年8月29日以降の出来高加重平均価格の1.57オーストラリア・ドルより22%高い金額です。この取引の成立については、反トラスト局の認可も含め、さらにさまざまな条件が整う必要があります。そのひとつに、ボッシュが株式の過半数を獲得できるかどうかということがあります。買い付け条件がオーストラリア証券と投資委員会に2週間以内に提出されます。

Pacifica Group は、ブレーキキャリパー、パーキングブレーキ、ブレーキコンポーネントの自動車機器直納部品および補修部品事業におけるトップメーカーです。2005年の売上高は約4億8,000万ユーロ(8億オーストラリア・ドル)で、全世界に12拠点を有し、約2,000名の従業員を擁しています。「Pacifica Group の買収により、私たちは自社のブレーキ事業、とくに北中南米地域とアジア・太平洋地域でのブレーキ事業を強化したいと考えています。加えて、私たちのシステム開発とコンポーネントの応用技術開発のノウハウによって Pacifica Group のコンポーネント製造を補完することができます」とボッシュ取締役会メンバーで自動車機器テクノロジー統括部門長のベルント・ボア(Dr. Bernd Bohr)は述べています。「Pacifica はボッシュにとって重要なサプライヤーです。私たちはこの公開買い付けが Pacifica の将来に安定をもたらし、また株主にとっても最良の策であると信じています。」2005年、ボッシュはブレーキ・システム事業で48億ユーロを売上げ、同事業部門の従業員数は全世界で18,000名以上です。


このプレスリリースは2006年10月18日に Robert Bosch GmbH より発行されました。原文をご覧ください。>