自動車機器テクノロジー Robert Bosch GmbH のプレスリリース(日本語訳)

ディーゼル・マシンがワンツー・フィニッシュ
「ル・マン 24 時間耐久レース」でボッシュの
テクノロジーが勝利

  • ディーゼルエンジン駆動マシンが優勝と2位
  • ボッシュはアウディとプジョーの開発パートナー
  • ディーゼル技術が高性能と低燃費を両立

2007年6月17日午後3時、アウディ R10 TDI が二連覇を達成し、ディーゼルエンジン駆動マシンが再び「ル・マン 24 時間耐久レース」で勝利の座を獲得しました。昨年同様、ボッシュはディーゼル燃料噴射システムの開発パートナーとして、レース仕様に特別調整したディーゼルエンジン用コモンレールシステムを、アウディのレーシングマシンに提供しています。昨2006年には、アウディ R10 TDI は1位と3位の表彰台に上っています。

同じくディーゼル駆動のプジョー・スポーツの 908 HDi FAP も、2位を飾りました。プジョーの開発パートナーでもあるボッシュは、このマシンに噴射システムを供給しています。この技術は、非常に短期間でプジョー・スポーツとの間で共同開発されたものです。

ボッシュのディーゼル・システム事業部事業部長 Dr. ウルリッヒ・ドーレ(Dr. Ulrich Dohle)はレースの興奮さめやらぬ中、「どちらのチームもトップクラスのレーサーが、高性能で低燃費というディーゼルの長所を十二分に引き出してくれました」と述べました。レーシング用テクノロジーと量産システムは共益関係にあるといえます。ドーレは、「ボッシュのモーターレース分野における研究開発は、量産型燃料噴射システムの軽量化や性能の向上に役立っています。そしてまた、量産システムの開発で長年にわたり蓄積されたノウハウが信頼性の高いレーシング・テクノロジーの基礎となっています」と述べています。

ディーゼルエンジンを選択するヨーロッパのドライバーは増加の一途をたどっています。今から10年前の1997年、新規登録乗用車に占めるディーゼル車の割合は22%に過ぎませんでした。2006年、新規登録乗用車の2台に1台はディーゼル車です。ボッシュは、今日の高圧燃料噴射システムの開発において主要な役割を果たしてきました。そしてこのシステムを量産化した最初のサプライヤーでもあります。

ボッシュにはモーターレース分野での長い歴史があります。ボッシュのテクノロジーが最初にレーサーを勝利に導いたのは、1903年に遡ります。ボッシュはすべてのモーターレーシング活動を「Bosch Motorsport」というひとつの部門に集中させています。この部門はボッシュの子会社でエンジニアリングサービスを専門とする Bosch Engineering GmbH に属しています。


このプレスリリースは2007年06月に Robert Bosch GmbH より発行されました。原文をご覧ください。>