自動車機器テクノロジー Robert Bosch GmbH のプレスリリース(日本語訳)

商用車およびモバイル車両用 HRB ハイドロスタティック・ブレーキ回生システム:
ボッシュ・レックスロスの技術が燃費を最大25%低減

ボッシュ・レックスロスの油圧技術との組み合わせによるハイブリッド駆動により、大型商用車とモバイル車両のディーゼル燃費が最大で25%低減されることが示されました。CO2 など排ガス中の有害物質も少なくなります。最初のパイロット試験車両は現在、ベルリン市の清掃局で実車試験を行っています。

ブレーキエネルギーの回生

従来は失われていたブレーキエネルギーを、ハイドロスタティック・ブレーキ回生システム(Hydrostatic Regenerative Braking=HRB)は油圧エネルギーに変換して蓄積します。次に車両が加速されるときに蓄積されたエネルギーがトランスミッションに戻され、それによってエンジンの負荷を減らします。ボッシュ・レックスロスは商用車や産業機械のさまざまな駆動コンセプトのために並列(パラレル)および直列(シリ-ズ)の HRB システムを開発しています。

頻繁に加減速を繰り返す駆動サイクルに理想的

ボッシュ・レックスロスの油圧ハイブリッド駆動の省エネ能力は、頻繁にブレーキングを行う大型車両やモバイル車両でフルに発揮されます。スタート/ストップのサイクルが頻繁であればあるほど、HRB を使って燃費をより低減することができるのです。

データ

  • 燃費低減は最大25%
  • 大量のブレーキエネルギーを短時間で蓄積し、ブレーキエネルギーをほぼ完全に回生
  • 一次駆動を効果的にサポ-トするために、蓄積したエネルギーをスピーディに放出
  • 有害排出物を低減
  • ブレーキ摩耗が減少
  • ブレーキダストが減少
  • アキュムレータは堅牢でメンテナンスフリー
  • 後付け可能(パラレル HRB)
  • 車両維持費が少なくて済む
  • 加速レスポンスと運転快適性が向上(加速中にギアチェンジしてもトルク中断がない)

パラレル HRB は既存の駆動エンジンの負荷を軽減

このパラレル HRB ハイブリッド駆動は、ゴミ収集車やスクールバス、市内バスなど、一次駆動として従来型の機械式ドライブトレインとエンジンを積んだ車両のために設計されています。

ギアボックスを介して油圧可変容量アキシャルピストンユニットと機械式ドライブトレイン(ドライブシャフト)が連結され、制動時に運動エネルギーを油圧エネルギーに変換します。可変容量アキシャルピストンユニットはここではポンプのように作動し、油圧ブラダー型アキュムレータに作動油を送り込むことで、放出されたブレーキエネルギーを油圧エネルギーに変換します。このプロセスは、ボッシュ・レックスロスの電子制御ユニットが油圧バルブブロックを使って制御します。

加速時はプロセス全体が逆の動きをします。加圧された作動油が制御されながらアキュムレータから送り出され、可変容量アキシャルピストンユニットを通って戻されます。可変容量アキシャルピストンユニットは作動油の流れによって駆動され、モーターのように作動して機械的ドライブトレインにエネルギーを伝えます。システム内に設けられたリリ-フ弁が、これら2つのプロセスにおける最高圧力を規制し、安全性を確保します。

車両所有者に特典があります。HRB はブレーキの摩耗を大幅に減少させます。ブレーキの摩耗時に発生するブレーキダストも、エンジンが排出する CO2 も相応に少なくなります。

モジュラー式構造であるため、パラレル HRB は一般に入手できるどのような商用車フレームにも取り付けることができます。そのため既存の車両に後付けすることも可能です。

パラレル HRB のシステムコンポーネント:

  • A4VSO 可変容量アキシャルピストンポンプ、ポンプ/モーター作動用ギアボックス付き
  • 高圧ブラダー型アキュムレータ
  • HIC バルブ・マニホールド
  • エレクトロニック・コントロールユニット
  • センサ

ベルリン市清掃局での実地試験

2008年7月からベルリン市清掃局で、ボッシュ・レックスロスのパラレル・ハイブリッドを積んだ HALLER Umweltsysteme 社の「x2eco」シリーズが試験のために使用されています。ニューヨーク市清掃局でも米国メーカー製の HRB 搭載車による試験が準備中です。

HRB 試験車両の技術データ

「x2eco」シリーズのゴミ収集車は HALLER Umweltsysteme 社製で、メルセデス・ベンツの Actros シャシーをベースにしています(空車重量約15トン/許容総重量約26トン、ディーゼルエンジンの駆動力は235 kW)。

試験車両に搭載されているパラレル HRB の主要データ:

  • HRB 重量:約500 kg (約1100 lbs)
  • HRB 出力/トルク:約250 kW / 2500 Nm
  • アキュムレータ容量:2個のブラダー型アキュムレータはガス定格容量が各32リッター
  • アキュムレータ最大圧力:330 bar (4800 psi);アキュムレータ初期圧力210 bar (3050 psi)
  • アキュムレータ最大能力:550キロジュール(およそのところ、最大積載車両で30 km/h / 18.5 mph の運動エネルギーに相当)
  • リターダ機能なし、ただし代替可能

HRB の価格

HRB は実績のある量産コンポーネントと量産に近いコンポーネントをベースにしています。けれどもこれらのコンポーネントはカタログに載っているような製品ではないため、すべて込みの販売価格を提示することはできません。本当の付加価値は、これらのコンポーネントを組み合わせてシステムを作ること、すなわちそれぞれの車両クラスと車両戦略に合わせて HRB を設計するためのボッシュ・レックスロスのノウハウにあるのです。車種によって異なる要求に合わせて、HRB に付加される価格はそれぞれのプロジェクト内容の一部として計算されます。車両所有者は、償却期間は4年以内という要求を持っています。


このプレスリリースは2008年9月に Robert Bosch GmbH より発行されました。原文をご覧ください。>