経営情報 Robert Bosch GmbH のプレスリリース(日本語訳)

Bosch が Freud グループの電動工具アクセサリー事業を買収
電動工具事業をさらに拡大

  • Freud 社(イタリア)の電動工具アクセサリー事業の2007年度の売上高は1億ユーロ
  • Freud グループのイタリアの生産拠点4箇所、北米、中国、イタリア、イギリスの販売会社の買収を予定
  • Freud の電動工具アクセサリー事業の吸収で Bosch の製品ポートフォリオが地域的、技術面でも補完される
  • 創業家のポッゾ家は、買収後も引き続き事業に従事

ドイツ/シュトゥットガルト発 – Bosch はイタリアのミラノに本社を置くFreud グループの電動工具アクセサリー(先端工具)事業を買収することを発表しました。この買収により、ボッシュの持つ電動工具アクセサリーの製品レンジに、高性能な丸のこ刃とルータービットが加わります。この買収は現在、関係官庁による承認待ちの状態です。買収価格は非公開とすることで、両社の合意が成立しています。

Freud グループ(イタリア)は、木工職人、建築関連などのプロユーザー向け、および産業機器用の丸のこ刃、ルータービット、カッターのグローバル・サプライヤーです。これらの製品は主に、イタリア北東部ウディネ市周辺にある同社の4つの拠点で製造されています。この事業分野に従事する従業員は全世界で約580人、2007年度の同事業の売上高は1億ユーロです。

「Freud は消費財・建築関連および産業機器の分野のプロユーザー向けに、高性能な丸のこ刃、ルーター、カッターを提供する先進技術のサプライヤーであり、このセグメントでは世界的、特に北米で成功を収めています。」
ロバート・ボッシュ GmbH 取締役会メンバーで電動工具事業部長のウヴェ・ラシュケ(Uwe Raschke)はこのように述べ、
「それによって Freud は、Bosch の電動工具事業を技術面でも地域的にもパーフェクトに補完してくれます。この事業をさらに拡大していくため、私たちは Freud 社の従業員とマネジメント層の持つ幅広い知識、経験とノウハウに大いに期待しています。」と続けました。
Freud 社の創業者ジャンパオロ・ポッゾ(Gianpaolo Pozzo)の子息で Freud SpA 代表取締役のジーノ・ポッゾ(Gino Pozzo)はまた次のように述べました。
「私たちは、Bosch が Freud がこれまで培ってきた電動工具アクセサリー事業のベスト・パートナーとして、世界中、特に北米での発展を支援してくれると考えています。また Freud 社の持つノウハウと生産能力は、このセグメントにおける現在の Bosch の市場でのポジションを確実に高めていくでしょう。」
創業家のジャンパオロ・ポッゾとジーノ・ポッゾは、引き続き Freud 電動工具アクセサリー事業の発展のために、向こう3年間、顧問として協力します。ポッゾ家はさまざまな運営組織を代表し、Bosch とともに未来を形成するために尽力します。

Freud の買収は、2008年度、Bosch が電動工具事業の強化をめざして行った、5番目の戦略的買収となります。
2008年1月と7月には、メジャーリングツール(測定機器)の事業拡大のために、中国の専門会社 RoboToolz 社と、米国の Stanley Works 社から CST/berger 事業部門をそれぞれ買収しています。
2008年9月には、R. Nelson Corporation (米国/ピオリア)のガーデニングツール事業の一部の買収を発表し、園芸用水周り用品およびデコレーションの製品レンジの強化を図っています。
さらに、Sia Abrasives 社(フレキシブルサンダーを製造するスイスの電動工具メーカー)の株式の過半を取得しています。

電動工具、アクセサリー(先端工具)、ガーデンツール、メジャーリングツールなどの先進の製品・技術の提供により、Bosch 電動工具事業部の2007年度の売上高は約31億ユーロでした。事業部の従業員数は全世界合計で約16,000名です。

広報担当窓口(Bosch):
Dr. Christoph Zemelka
Phone: +49 (0) 711 811-6854
Christoph.Zemelka@de.bosch.com

広報担当窓口(Freud 社):
Mr. Stefano Campoccia
Phone: +39 0438377111


このプレスリリースは2008年12月18日に Robert Bosch GmbH より発行されました。原文をご覧ください。>