経営情報 Robert Bosch GmbH のプレスリリース(日本語訳)

エネルギーマネジメント用パワーセミコンダクタ
ボッシュと Infineon が企業間協定に調印
パワー MOSFET のライセンス契約

  • 技術面と製造面で協力
  • 未来のドライブトレインのための基本技術
  • 効率的なエネルギー供給のためのパワーマネジメント

シュトゥットガルト/ノイビベルク発: ロバート・ボッシュ GmbH は Infineon Technologies AG (本社:ドイツ/ノイビベルク)と企業間協定を結び、パワーセミコンダクタ分野で2社が協力することで合意しました。自動車機器用セミコンダクタ(半導体)の分野において、ボッシュは Infineon 社の技術を使用するライセンス契約の下、低電圧パワー MOSFET (metal-oxide-silicon field-effect transistors、酸化金属半導体電界効果トランジスター)を製造します。
「MOSFET を使用して高電力制御用電子コンポーネント/システムを製造することで、私たちのポジションは強化されるでしょう。」
ボッシュ取締役会メンバーでオートモーティブ・エレクトロニクス事業担当のフォルクマル・デナー(Dr. Volkmar Denner)はこのように述べました。さらにデナーは、
「MOSFET によって特に製品レンジが拡張されて、ハイブリッド駆動や完全電気駆動などの新しい自動車駆動技術を提供することが可能になり、自動車技術のリーディング・サプライヤーである私たちの強みである技術革新力はさらに強化されます」
と付け加えました。

Infineon 会長ペーター・バウアー(Peter Bauer)は、この協定によって長期的な成長市場における自社のポジションを強化しようと考えています。
「私たちはパワーセミコンダクタで世界をリードしており、この分野における重要かつ持続的な技術で一歩先を進んでいます。ボッシュのような革新的な企業と協力して、車両のエレクトリカル・コンポーネントのエネルギー効率をさらに高めたいと考えています。長期的な成長市場における両社の協力関係は、基本技術のさらなる開発を可能にし、そこからさらに新世代の製品群が誕生するでしょう。」

技術と製造が協力

この2社間協定には、二次供給者協定も含まれています。ボッシュがロイトリンゲンで半導体を製造するだけでなく、Infineon もその工程に従って開発されたコンポーネントを製造し、ボッシュに供給します。

この協定により、ボッシュはロイトリンゲンでのウエハ製造における一連の製造工程を完全なものにします。同時に、人と社会に役立つ先進技術を提供するボッシュは、効率的なエネルギー管理という事業分野でその基盤をさらに強化していきます。

ボッシュ広報担当窓口:
Thomas Knoll Tel. +49 711 811-7088

Infineon 広報担当窓口:
Monika Sonntag Tel.+49 89 234-24497
monika.sonntag@infineon.com
www.infineon.com/cms/de/corporate/press/


このプレスリリースは2009年03月23日に Robert Bosch GmbH より発行されました。原文をご覧ください。>