自動車機器テクノロジー Robert Bosch GmbH のプレスリリース(日本語訳)

瞬間的な居眠りを防ぐ
ボッシュ・居眠り運転検知システム
フォルクスワーゲンPassat Alltrackに搭載

  • 重大な事故を引き起こす主な原因の1つは疲労
  • 特徴的なステアリング動作から疲労を検知し、警告
  • フォルクスワーゲンPassat Alltrack®に居眠り運転検知システムを標準装備

運転中の疲労や瞬間的な居眠りは、しばしば重大な事故を引き起こす原因となります。しかし、危険な状況が発生する前に、疲労の初期兆候を検知することはできます。ボッシュの居眠り運転検知システムは、ステアリング動作を監視し、適時にドライバーに休憩を促すシステムです。このシステムに必要となる情報は、車両の電動パワーステアリングシステム、またはESC(横滑り防止装置)のコンポーネントである操舵角センサーから提供されるため、この機能は優れたコストパフォーマンスで装備することができ、交通安全の向上にも大きく寄与します。ボッシュの居眠り運転検知システムは乗用車と小型商用車に搭載可能で、車両の各種コントロールユニットに組み込むことができます。このシステムは2010年に新型フォルクスワーゲンPassatの標準装備として初めて採用され、最新モデルのPassat Alltrackにも装備されることになりました。

事故に対して疲労が及ぼす影響は、多くの調査研究で実証されています。2010年には米国自動車協会(AAA)が、米国道路交通安全局(NHTSA)が収集した事故データに基づく分析結果を公表しました。
それによると、米国で発生したすべての死亡事故のうち、17%は過労状態のドライバーが運転していたという結果が示されています。

集中力の低下や疲労は、ドライバーの操舵行動と反応時間に影響を及ぼします。繊細な運動技能が減退し、操舵行動の正確性が失われ、ドライバーは小さな操舵ミスを頻繁に修正するようになります。新しい居眠り運転検知システムは、走行開始直後からドライバーの操舵行動を記録し始めるアルゴリズムをベースにしており、長距離走行中の変化を検知し、そこからドライバーの疲労レベルを認識します。集中力低下の典型的な兆候は、ドライバーが車両を走行レーンに保つために辛うじて運転しているという状態に表れ、この状態になると、わずかな、それでいて素早い急激なステアリング動作が伴うようになります。居眠り運転検知システムはこうした動作の発生頻度や走行距離、方向指示器の使用、時刻といったその他のパラメータに基づき、ドライバーの疲労レベルを算出します。そして、疲労レベルが一定の値を超えると、インストルメントパネル上でコーヒーカップなどのアイコンが点滅し、休憩が必要であることをドライバーに警告します。ボッシュの居眠り運転検知システムはドライバーの体調という重要な側面に取り組み、交通安全の向上に貢献することができます。

メディアからのお問い合わせ窓口:
Stephan Kraus   Tel: +49 711 811-6286

ボッシュ・グループ概要 The Bosch Group at a Glance

自動車機器テクノロジーセクターはボッシュ・グループ最大の事業セクターです。速報値によると、2011年の売上高は 304 億ユーロで総売上高の約59%を占めています。自動車機器テクノロジーにより、ボッシュ・グループはリーディング・サプライヤーのひとつになっています。全世界の約175,000人の自動車機器テクノロジーセクターの従業員が、内燃機関用噴射技術、パワーワトレイン周辺機器、 代替駆動コンセプト、アクティブ/パッシブセーフティシステム、ドライバーアシスタンス/コンフォート機能、車載情報通信システム、オートモーティブアフターマーケット向けのサービスや技術という7つの事業分野で働いています。ボッシュ・グループは、電気駆動マネジメントや横滑り防止装置ESC、ディーゼルシステム用コモンレールなどの重要な自動車技術の革新にも対応しています。

ボッシュ・グループは、グローバル規模で革新のテクノロジーとサービスを提供するリーディング・カンパニーです。2011年度は見込みによると、自動車機器テクノロジー、産業機器テクノロジー、消費財そして建築関連テクノロジーのセクターにおいての従業員数は30万人以上で、売上高は514億ユーロです。ボッシュ・グループは、ロバート・ボッシュGmbHおよびその 子会社 350社超と、世界の約60カ国にあるドイツ国外の現地法人で構成されています。販売、サービス代理店のネットワークを加えると、ボッシュは世界の約 150カ国で事業展開しています。この開発、製造、販売、サービスのグローバル・ネットワークが、私たちのさらなる成長の基盤です。ボッシュは2011年、研究 開発費として40億ユーロを投資し、全世界で4,100件以上もの国際特許の基礎特許(第一国出願)を出願しています。ボッシュはすべての製品とサービスにおいて革新的で有益なソリューションを提供することによって、人々の生活の質(Quality of Life)を向上させ、循環型の持続的環境社会(Sustainable society)の創出に寄与していきます。

さらに詳しい情報は
www.bosch.com ボッシュ・グローバル・ウェブサイト(英文)
www.bosch-press.com ボッシュ・メディア・サービス(英文)
を参照してください。


このプレスリリースは2012年3月29日に Robert Bosch GmbH より発行されました。原文をご覧ください。>