自動車機器テクノロジー Robert Bosch GmbH のプレスリリース(日本語訳)

従来品に代わるパワートレイン・コンセプトを計画
ボッシュが乗用車向け油圧式ハイブリッドを開発
CO2排出量と燃費を削減するコストパフォーマンスの優れた手法

  • PSAプジョーシトロエンと継続的な技術協力関係を構築
  • 都市部での運転では最大45%の燃料節約が可能
  • 堅牢性が高く、メンテナンスしやすい技術

PSAプジョーシトロエンのディーゼル乗用車にボッシュ製の電気式アクスル・スプリット・ハイブリッドを導入し、それが成功したことを受け、両社は乗用車向け油圧式ハイブリッド・パワートレインの共同開発を計画しています。この油圧システムは、基本的に2つのハイドロリック・ユニットとそれらのプレッシャー・アキュムレーターで構成されます。動力分岐方式が採用されているため、従来の機械式、油圧式、または両者の組み合わせという3つの方法で車両を駆動させることができます。そのため、低負荷時は内燃機関をより経済的に動作させ、ブレーキをかける際に、そのままでは熱として放散されてしまう運動エネルギーを油圧エネルギーに変換し、プレッシャー・アキュムレーターに蓄積します。なお、このエネルギーは後で車の駆動に利用できます。純粋に油圧エネルギーのみで発進し、短距離であれば、排出ガスを一切出さずに運転することができますので、新しいヨーロッパドライビングサイクルではCO2排出量を平均で30%、都市部の走行サイクルのみに限れば最大45%削減することも可能です。

コンパクトカー向けのコストパフォーマンスに優れたハイブリッド・パワートレイン
この技術は基本的に、従来のあらゆるエンジンと組み合わせることができます。開発初期の段階ではコンパクトカー・セグメントに導入していくことになりますが、いずれは都市部を走るその他の乗用車セグメントや小型トラックにも適したものになっていきます。この油圧機械式パワートレイン・システムは、コストパフォーマンスに優れ、堅牢性が高く、メンテナンスしやすいハイブリッド・パワートレインを目指しています。また、特殊なインフラが不要なため、世界中どんな場所にも導入できるシステムになります。

ボッシュの自動車機器テクノロジーと産業用油圧機器の専門性を融合
この技術は、ボッシュ・レックスロスが国際的に広く展開している技術と同じ油圧式パワートレインの原理で動作します。ボッシュとPSAは、この技術が乗用車への導入に向けて大きな可能性を秘めていると考えています。

PSAプジョーシトロエンとボッシュのこうした緊密な協力関係は、2008年に技術提携したことから始まります。この戦略的なパートナー関係をベースに、プジョーは2011年に、アクスル・スプリット・パワートレインを搭載した世界初の量産ディーゼル・ハイブリッド乗用車となる3008 HYbrid4の発売を開始しました。PSAプジョーシトロエンはボッシュと密に連携を図り、電気部品(電気モーター、パワーエレクトロニクス、高圧ジェネレーター)のほかにも、独自の技術設計を行ったハイブリッド車向けの横滑り防止装置ESC(エレクトロニック・スタビリティ・コントロール)を開発しました。また、このパワートレイン・コンセプトはすでに、PSAのプジョー508(RXHステーションワゴンとHYbrid4セダン)とシトロエンDS5 HYbrid4モデルにも採用されています。
なお、ボッシュは上記モデル向けに電気式パワートレイン用の部品も提供しています。

広報担当窓口:
Udo Rügheimer, phone: +49 711 811-6283

ボッシュ・グループ概要 The Bosch Group at a Glance

自動車機器テクノロジーセクターはボッシュ・グループ最大の事業セクターです。速報値では、2012年の売上高は 309 億ユーロで総売上高の約59%を占めています。自動車機器テクノロジーの売上により、ボッシュ・グループはリーディング・サプライヤーのポジションを確立しています。 全世界で約171,000人の自動車機器テクノロジーセクターの従業員が、内燃機関用噴射技術、パワーワトレイン周辺機器、 代替駆動コンセプト、アクティブ/パッシブセーフティシステム、ドライバーアシスタンス/コンフォート機能、車載情報通信システム、オートモーティブアフターマーケット向けのサービスや技術という7つの事業分野で働いています。
ボッシュ・グループは、電気駆動マネジメントや横滑り防止装置ESC(エレクトロニック・スタビリティ・コントロール)、ディーゼルシステム用コモンレールなどの重要な革新的自動車技術にも対応しています。

ボッシュ・グループは、グローバル規模で革新のテクノロジーとサービスを提供するリーディング・カンパニーで、自動車機器テクノロジー、エネルギー・建築関連テクノロジー、産業機器テクノロジー、消費財テクノロジーの4つの事業エリアで活動をしています。
速報値では2012年度の従業員数は30万6000人以上、売上高は523億ユーロを計上しています。ボッシュ・グループは、ロバート・ボッシュGmbHとその子会社 約350社、世界約60カ国にあるドイツ国外の現地法人で構成されており、販売、サービス代理店のネットワークを加えると、世界約150カ国で事業展開していることになります。この開発、製造、販売、サービスのグローバル・ネットワークが、ボッシュのさらなる成長の基盤となっています。
なおボッシュでは2012年に約45億ユーロにもおよぶ金額を研究開発に投じ、さらに全世界で4,700件以上もの国際特許の基礎特許(第一国出願)を出願しています。
ボッシュ・グループの製品とサービスは、革新的で有益そして魅力的なソリューションを提供することを通して、人々の生活の質(Quality of Life)を向上することを目的としています。この方針に基づきボッシュは全世界においてテクノロジーを提供しています。それこそが”Invented for life”です。

さらに詳しい情報は
www.bosch.com ボッシュ・グローバル・ウェブサイト(英文)
www.bosch-press.com ボッシュ・メディア・サービス(英文)
を参照してください。


このプレスリリースは2013年1月22日に Robert Bosch GmbH より発行されました。原文をご覧ください。>