自動車機器テクノロジー Robert Bosch GmbH のプレスリリース(日本語訳)

1902年以来、信頼性の高い内燃機関用点火装置を実現し続けるボッシュのイノベーション
111年におよぶスパークプラグの歴史

  • 約1,250種類に上る、幅広いラインナップのボッシュ製スパークプラグ
  • 全自動車メーカーが厚い信頼を寄せるボッシュのスパークプラグ
  • 最先端のスパークプラグがエンジンと触媒コンバーターを保護

ボッシュは1902年1月7日に、スパークプラグと組み合わせたマグネトー式高圧点火装置の特許を取得しました。この発明は、確実に内燃エンジン内の混合気に着火する初の技術となるもので、このボッシュのスパークプラグが自動車産業の大きな発展に寄与することになりました。111年もの間、ボッシュのスパークプラグは高性能、優れた経済性、そして環境に配慮したエンジンの開発において重要な役割を果たしてきました。今日、ほぼすべての自動車メーカーが、自社の純正装備に組み込まれるボッシュのスパークプラグに厚い信頼を寄せていると言っても過言ではないでしょう。また、ボッシュのスパークプラグは、ボートエンジン、ジェットスキー、造園・林業用機械、定置型ガスエンジン、ウォーターポンプ、非常用発電機などにも広く採用されています。

111年で110億個のスパークエンジンを生産

これまでの111年間で、ボッシュは2万種類以上のスパークプラグを開発し、その生産個数は110億に上ります。これらのスパークプラグは、ドイツ国内のほかにも、現在ではブラジル、中国、インド、ロシアの各国のボッシュの工場で生産されています。ボッシュのエンジニアたちは世界各国のエンジンメーカーと緊密に連携し、初期からスパークプラグに取り組み、現在の製品ラインには26種類におよぶ電極配置、約1,250種類のスパークプラグが揃うようになりました。また、画期的な素材の組み合わせ、複雑な構造、最新の生産技術により、ボッシュのスパークプラグはガソリンエンジンで燃料のクリーン・高効率な燃焼を実現しながら、同時にエンジンと触媒コンバーターを保護しています。カードライバーにとって、ボッシュのスパークプラグは長きにわたり高い品質と信頼性の代名詞となってきました。そのことは、ボッシュが2005年から毎年、ドイツ自動車誌「auto motor und sport」の読者投票でスパークプラグ部門の「ベスト・ブランド」に選出されていることからもよくわかります。

ボッシュ製スパークプラグの111年の歩み

  • 1902年:スパークプラグと組み合わせたマグネトー式高圧点火装置の特許を取得
  • 1914年:ボッシュ初のスパークプラグ工場をシュトゥットガルトに開設
  • 1927年:「熱価」という概念を導入(スパークプラグの放熱性の測定には今でもこれが基準として採用されている。エンジンのキャリブレーションには非常に重要な要素となる)
  • 1939年:スパークプラグの工場をバンベルクに開設
  • 1968年:スパークプラグの生産が10億個を突破
  • 2012年:スパークプラグの生産が110億個を突破
  • 2013年:スパークプラグの生産開始から111年を迎える
メディアからのお問い合わせ窓口:
Heiderose Dreiner   Tel: +49 721 942-3145

オートモーティブ・アフターマーケット事業部(AA)では、乗用車及び商用車向けに、幅広い車両診断・修理機器ラインナップおよび修理工場向けの新品またはリビルト補修パーツをアフターマーケット市場とボッシュのサービスショップを通して世界に展開しています。
ボッシュはOEM製品の補修部品をはじめ、ボッシュがアフターマーケット用のアクセサリーおよび補修サービスパーツを開発、製造し、世界140カ国に11,000人以上の従業員とグローバルなロジスティックネットワークを有し、450,000点に及ぶ異なった補修パーツをお客様へより早く確実にお届けしています。そして車両診断機器事業として、オートモーティブ アフターマーケット事業部では、車両診断及び修理技術、診断機器用ソフトウェア、サービストレーニングと各種情報を提供しており、さらに当事業部では、世界最大級となる独立系修理工場ネットワークであるボッシュカーサービスを15,000店舗世界に展開し、同時に500店舗以上の「Auto Crew」をパートナーの修理工場ネットワークとして展開しております。

さらに詳しい情報は
www.bosch-automotive.com
よりご入手いただけます。

ボッシュ・グループは、グローバル規模で革新のテクノロジーとサービスを提供するリーディング・カンパニーで、自動車機器テクノロジー、エネルギー・建築関連テクノロジー、産業機器テクノロジー、消費財の4つの事業エリアで活動をしています。
速報値では2012年度の従業員数は30万6000人以上、売上高は523億ユーロを計上しています。ボッシュ・グループは、ロバート・ボッシュGmbHとその子会社 約350社、世界約60カ国にあるドイツ国外の現地法人で構成されており、販売、サービス代理店のネットワークを加えると、世界約150カ国で事業展開していることになります。この開発、製造、販売、サービスのグローバル・ネットワークが、ボッシュのさらなる成長の基盤となっています。
なおボッシュでは2012年に約45億ユーロにもおよぶ金額を研究開発に投じ、さらに全世界で4,700件以上もの国際特許の基礎特許(第一国出願)を出願しています。
ボッシュ・グループの製品とサービスは、革新的で有益そして魅力的なソリューションを提供することを通して、人々の生活の質(Quality of Life)を向上することを目的としています。この方針に基づきボッシュは全世界においてテクノロジーを提供しています。それこそが“Invented for life”です。

さらに詳しい情報は
www.bosch.com ボッシュ・グローバル・ウェブサイト(英文)
www.bosch-press.com ボッシュ・メディア・サービス(英文)
を参照してください。


このプレスリリースは2013年3月1日に Robert Bosch GmbH より発行されました。原文をご覧ください。>