自動車機器テクノロジー Robert Bosch GmbH のプレスリリース(日本語訳)

モーターからバッテリーまで
ボッシュは電気駆動装置のワンストップサプライヤー

  • ボッシュはフィアット500eのパワートレイン一式を提供
  • モーターは196Nmのトルクを瞬時に発生
  • 92%の効率を誇るパワーエレクトロニクスが航続距離を拡大

ボッシュは自らを、電動パワートレインのシステムサプライヤーとして位置付けています。製品ラインナップには、電気モーター、パワーエレクトロニクス、バッテリー、回生ブレーキなど、現代の電気駆動装置に必要なあらゆるコンポーネントが含まれており、さらにそれらを組み合わせてシステム全体を構築することもできます。それを最もよく示しているのが、フィアット500eです。このイタリアンデザインの電気自動車のために、ボッシュはパワートレイン一式を提供しています。「ボッシュは、電気駆動装置のワンストップサプライヤーです」と、ロバート・ボッシュGmbHの取締役会メンバーでありボッシュ自動車機器テクノロジーの統括部門長を務めるベルント・ボアは述べています。「フィアット500eに使われている技術を見れば、ボッシュがコンポーネントを製造するだけではなく、それらを組み合わせて電動パワートレイン全体を作り上げる専門技術を有していることがわかります」

確かにこの電気モーターは強力です。ボッシュが開発したSMG 180/120電気モーターにより、フィアット500eは80kWの出力を発生します。この永久磁石式同期モーターがドライブトレインの動力源となり、発進時から早くも196Nmのトルクを生み出します。

電気モーターとバッテリーを結ぶ中核装置が、ボッシュINVCON 2.3インバーターです。この電源装置は、電動パワートレインの司令部です。パルスインバーターは、バッテリーに蓄えられている直流電流を電気モーターのために交流電流に変換します。ブレーキング中はこれとは逆に、回生によって生み出された交流電流を直流電流に変換します。これが、ブレーキング中に放出されるエネルギーをバッテリーへ充電できるようにする唯一の方法です。パワーエレクトロニクスの効率が高まるほど、車両の航続距離は長くなります。ボッシュのシステムは、電気モーターと組み合わせて92%の効率を実現するので、車両の所有者はバッテリー容量を最大限に利用することができます。DC/DCコンバーターは、オーディオやヘッドライトなどの電装品を含む車両電気システムのために、高電圧を12Vに変換します。DC/DCコンバーターはまた、リチウムイオンバッテリーの電力を、電動ステアリングやESCなどのコンフォート/セーフティシステム、および車両電気システムに接続されたすべてのコントロールユニットに供給します。

最大限の回生を可能にするボッシュの技術

同時に、パワーエレクトロニクスはエネルギー回生を可能にします。フィアット500eにおけるブレーキエネルギーの回生も、ボッシュのコンポーネントによって制御されています。それが、極めて高い回生能力を持つ無負圧対応の回生ブレーキシステムです。この機能は、ブレーキをかけるたびに従来は失われていたエネルギーをバッテリーに蓄えます。これにより、電気自動車の航続距離が延びます。ちなみに、ボッシュのバッテリーパックを搭載したフィアット500eの航続距離は約140kmです。トラクションバッテリーは、パワートレインの中でエネルギーが蓄えられる場所です。総電力量24kWhの角型セルで構成され、満充電に要する時間は4時間未満です。

広報担当窓口:
Florian Flaig
Tel: +49 711 811-6282

自動車機器テクノロジーセクターはボッシュ・グループ最大の事業セクターです。2012年の売上高は 31.1 億ユーロで総売上高の約59%を占めています。自動車機器テクノロジーの売上により、ボッシュ・グループはリーディング・サプライヤーのポジションを確立しています。
全世界において約177,000人の自動車機器テクノロジーセクターの従業員が、内燃機関用噴射技術、代替駆動コンセプト、効率的そしてネットワーク化されたパワーワトレイン周辺機器、アクティブ/パッシブセーフティシステム、運転支援/コンフォート機能、ユーザーに優しいインフォテインメント技術やCar-to-CarおよびCar2Xコミュニケーションとコンセプト、オートモーティブアフターマーケット向けのサービスや技術という7つの事業分野で働いています。
ボッシュ・グループは、電気駆動マネジメントや横滑り防止装置ESC(エレクトロニック・スタビリティ・コントロール)、ディーゼルシステム用コモンレールなどの重要な革新的自動車技術にも対応しています。

ボッシュ・グループは、グローバル規模で革新のテクノロジーとサービスを提供するリーディング・カンパニーです。2012年度の従業員数は約30万6,000人、売上高は525億ユーロを計上しています。また2013年初めからは、自動車機器テクノロジー、産業機器テクノロジー、消費財、エネルギー・建築関連テクノロジーの4事業セクター体制に移行しました。
ボッシュ・グループは、ロバート・ボッシュGmbHとその子会社約360社、世界約50カ国にあるドイツ国外の現地法人で構成されており、販売、サービス代理店のネットワークを加えると、世界の約150カ国で事業展開しています。この開発、製造、販売、サービスのグローバル・ネットワークが、ボッシュのさらなる成長の基盤です。
ボッシュでは2012年に約48億ユーロもの金額を研究開発に投じ、さらに全世界では4,800件以上の国際特許の基礎特許(第一国出願)を出願しています。私たちは革新的で有益なソリューションを提供し、そのすべての製品とサービスを通して、人々を魅了し、人々の生活の質を向上させることを目的にしています。この方針に基づき、ボッシュは全世界において人と社会に役立つ革新のテクノロジーを提供し続けていきます。それこそが「Invented for life」です。

さらに詳しい情報は
www.bosch.com ボッシュ・グローバル・ウェブサイト(英文)
www.bosch.com ボッシュ・メディア・サービス(英文)
を参照してください。