自動車機器テクノロジー Robert Bosch GmbH のプレスリリース(日本語訳)

中国から米国までのディーゼル市場の概況
インド:モンスーンの影響によって売上増大、ブラジル:乗用車セグメントではディーゼルが停滞、米国:大きく躍進の兆し

米国:ディーゼル分野に急成長の兆し

新車登録台数:米国の総新車登録台数に占めるディーゼル車の割合は現在のところ、1%程度にとどまっています。しかしディーゼルモデルの種類が急速に増えつつあることから、将来的にはマーケットシェアの著しい拡大が見込まれています。ボッシュは、2018年までにディーゼルが小型乗用車市場で10%のシェアを獲得するという予測を立てていますが、その様相が次第に現れてきています。

ビジネス環境の変化:新しい排出ガス規制のもとでは、累進課税制度が低燃費車種に有利に作用し、ディーゼルにとって商機を生む環境が整いつつあります。それと同時に、米国の小型乗用車市場は、2012年までに13.3%の成長を遂げました。

増加する選択肢:米国市場に、すでに多くの欧州メーカーが最先端のディーゼル技術を搭載した乗用車を投入しています。そして2013年には、米国メーカーもついにディーゼルモデルの販売に乗り出しました。ボッシュは、北米でのディーゼルモデルの数が2017年までには60に達すると予測しています。最近の例ではシボレークルーズがあり、ボッシュはこのモデルに排出ガス後処理システム、エンジン制御システム、セラミックスパークプラグと各種センサー類を供給しています。

商用車:2012年に世界中で販売された小型商用車のうち、その45%は北米で新車登録されています。世界的に見ると、2012年に重機の約14%が米国とカナダで登録されました。北米市場だけに限ってみると、事実上すべての重機がディーゼル燃料で走行していることがこの統計数値からわかります。

中国:先端技術がもたらす進歩

排出ガス規制:現在中国がディーゼル乗用車の世界市場シェアで占める割合は、わずか1%です。ただ、2013年7月1日に導入された排出ガス規制「China 4」により、商用車に課せられる要件はさらに厳しくなることから、将来的にはコモンレールシステムなど、最先端のディーゼル技術の需要が中国の国内で高まり、市場の大きな成長につながると考えられます。

自動車市場:現在(2012年現在)の中国の乗用車保有率は1,000人当たり約37台ですが、中国経済の堅調な発展ぶりを考慮すると、まだ成長の余地が十分にあります。一方、EU域内の1,000人当たりの乗用車の平均保有台数は約500台となっています。

インド:都市化の途上にあるディーゼル大国

ディーゼル車のシェア:インドは2012年にディーゼル乗用車の世界市場シェアの15%を占め、欧州に次ぐ世界2番目の規模を誇る市場となっています。現段階では、新車登録される全乗用車のうち、半分以上がディーゼル車です。ただし、この数字については、保有率を踏まえて捉える必要があります。2012年初めのインドの自動車保有率は、1,000人当たりわずか16台にとどまっているからです。

都市化:現在、インドの人口の約30%が都市部とその郊外に暮らしていますが、この割合はまもなく40%に達すると予測されています。都市化が進むにつれ、交通量も当然増すことから、それに対処するための社会基盤の整備が必須となってきます。また、それに伴う国内取引や物流の増大によっても、ディーゼルの役割はさらに大きくなっていくでしょう。

モンスーンシーズン:インドにはモンスーンの影響を受ける雨季があるため、トラクターやその他の農機の需要が集中する時期が年に数回やってきます。そのため、インドが世界有数の3輪トラクター生産国であるのも不思議ではありません。

ブラジル:乗用車セグメントでディーゼルは停滞

ディーゼル乗用車が禁止:ブラジルは、ディーゼル乗用車の販売と使用を禁じています。それに代わるのが、純エタノールまたはエタノールとガソリンの混合燃料(FlexFuel)で走行する自動車で、ブラジルではこのタイプが広く普及しています。

自動車は贅沢品:輸入制限と税金の高さにより、ブラジルでは一般的に、自動車は非常に高価なものとされています。このことは、国民1,000人当たり約200台という自動車保有率の低さにも現れています。

商用車:商用車セグメントでは、ディーゼルがかなり力強い存在感を示し、そのシェアは小型商用車で約40%、大型商用車に至ってはほぼ100%を占めています。

日本:都市部のドライビングソリューションに重点

ディーゼル車のシェア:日本の乗用車市場において、ディーゼル乗用車の新車登録台数はここ数年増加の傾向を示してはいるものの、依然として1%未満にとどまっています。2009年まではメルセデスのEクラスが日本市場で唯一のセダンタイプのディーゼル車でしたが、今ではさまざまなメーカーから12モデルを超えるディーゼル車が発売されています。

トレンドはハイブリッド:日本ではインフラが高度に整備されており、乗用車の走行のほとんどに都市交通が関わってくるため、ハイブリッドや電気自動車の代替テクノロジーに強い関心が寄せられています。こうしたエコカーが2011年12月に政府補助金の対象となったことが、この傾向にますます拍車をかけています。

商用車:小型商用車の約10%と、ほぼすべての重機にディーゼルエンジンが搭載されています。

欧州:ディーゼル車の新車のうち4分の3が欧州市場に集中

マーケットシェア:欧州市場ではディーゼル車がすでに大きなシェアを占め、普及率も高く、一般に浸透しているため、その分成長も比較的緩やかです。2012年には、全世界のディーゼル車(乗用車、商用車を含む)の新車2台のうち1台が欧州で登録されました。ただ、乗用車に限れば、この数値は全新車登録の3分の2に跳ね上がります。

上位市場:ディーゼル車の販売水準が最も高いのはドイツ、フランス、イタリア、スペイン、そしてイギリスです。

SUV:SUVの購入層は、自動車市場でも最も急速な伸びを示すセグメントの1つで、そのほとんどがディーゼルエンジンを選択しています。また、2012年の大型SUVセグメントにおけるディーゼルエンジンのシェアも約80%に達しています。

動画:

世界のディーゼル事情

広報担当窓口:
Florian Flaig、電話: +49 711 811-6282

自動車機器テクノロジーセクターはボッシュ・グループ最大の事業セクターです。2012年の売上高は 31.1 億ユーロで総売上高の約59%を占めています。自動車機器テクノロジーの売上により、ボッシュ・グループはリーディング・サプライヤーのポジションを確立しています。
全世界において約177,000人の自動車機器テクノロジーセクターの従業員が、内燃機関用噴射技術、代替駆動コンセプト、効率的そしてネットワーク化されたパワーワトレイン周辺機器、アクティブ/パッシブセーフティシステム、運転支援/コンフォート機能、ユーザーに優しいインフォテインメント技術やCar-to- CarおよびCar2Xコミュニケーションとコンセプト、オートモーティブアフターマーケット向けのサービスや技術という7つの事業分野で働いています。
ボッシュ・グループは、電気駆動マネジメントや横滑り防止装置ESC(エレクトロニック・スタビリティ・コントロール)、ディーゼルシステム用コモンレールなどの重要な革新的自動車技術にも対応しています。

ボッシュ・グループは、グローバル規模で革新のテクノロジーとサービスを提供するリーディング・カンパニーです。2012年度の従業員数は約30万6,000人、売上高は525億ユーロを計上しています。また2013年初めからは、自動車機器テクノロジー、産業機器テクノロジー、消費財、エネルギー・建築関連テクノロジーの4事業セクター体制に移行しました。
ボッシュ・グループは、ロバート・ボッシュGmbHとその子会社約360社、世界約50カ国にあるドイツ国外の現地法人で構成されており、販売、サービス代理店のネットワークを加えると、世界の約150カ国で事業展開しています。この開発、製造、販売、サービスのグローバル・ネットワークが、ボッシュのさらなる成長の基盤です。
ボッシュでは2012年に約48億ユーロもの金額を研究開発に投じ、さらに全世界では4,800件以上の国際特許の基礎特許(第一国出願)を出願しています。私たちは革新的で有益なソリューションを提供し、そのすべての製品とサービスを通して、人々を魅了し、人々の生活の質を向上させることを目的にしています。この方針に基づき、ボッシュは全世界において人と社会に役立つ革新のテクノロジーを提供し続けていきます。それこそが「Invented for life」です。

さらに詳しい情報は
www.bosch.com ボッシュ・グローバル・ウェブサイト(英文)
www.bosch-press.com ボッシュ・メディア・サービス(英文)
twitter.com/BoschPresse/ ボッシュ・プレスツイッター(英文)
を参照してください。


このプレスリリースは2013年8月6日に Robert Bosch GmbH より発行されました。原文をご覧ください。>