自動車機器テクノロジー Robert Bosch GmbH のプレスリリース(日本語訳)

学生フォーミュラ2013
自分たちで設計・製作したレーシングカーのセットアップを
最適化するために230人の学生がボックスベルクに集結

ドイツ学生フォーミュラに参加する36の
ヨーロッパ学生チームをボッシュが支援

  • ボッシュがスポンサーとして、2日間にわたるチーム向けのワークショップを開催
  • 230人超の学生と25台のレーシングカーがテストに参加
  • ボッシュ・グループはヨーロッパの36チームを支援

ボッシュ・グループがスポンサーを務めているヨーロッパ学生フォーミュラチームに所属する230人のメンバーが、7月12日と13日の2日間にわたり、ボックスベルクにあるボッシュのテストコースに集結し、毎年開催されるボッシュのテストワークショップに参加しました。前年と同じく各チームに、自分たちが設計・製作した車両をテストし、ドイツ学生フォーミュラ(FSG)レースを想定した条件下でセットアップを最適化する機会が与えられました。「このワークショップは、FSGに向けて自分たちの車両をセットアップし、またボッシュのエンジニアやエキスパートたちともアイデアを交換できる、本当に素晴らしい機会です。これほど大きなコースの理想的な条件下でテストできることはめったにありません」と述べるのは、RWTHアーヘン大学のEcurie Aixレーシングチームを率いる部長のDominic Mildenbergerです。「ここボックスベルクでは、ホッケンハイムリンクのFSGレースを想定して、車両検査から加速性能や耐久性能まで、あらゆるテストを行うことができます」(Mildenberger)

広がるボッシュのスポンサー活動

2007年以来、ボッシュはドイツ学生フォーミュラとその世界大会に参加する選抜チームを支援しています。今年はドイツ、オーストリア、フランス、イギリスの36の大学チームのスポンサー役を担っているほか、米国、インド、中国、ブラジルのチームもサポートしています。ボッシュはこうしたスポンサー活動の一環として、ワイヤハーネスの設計や高電圧作業時の安全性、測定技術に関する専門家のワークショップ、車両テストのイベントなどを開催しており、各チームはここでモータースポーツ用のコンポーネントや測定機器を利用できるだけでなく、資金面でのサポートを受けることもできます。また、コンポーネントの取り扱いに関するエキスパートのアドバイスとサポートもボッシュ・グループの学生フォーミュラ支援パッケージに含まれ、こうした活動は多くのチームに大変喜ばれています。グラーツ応用科学大学Johanneumレーシングチームのチームリーダーを務めるStephan Rienmüllerはこう述べます。「ボッシュのスポンサー活動のおかげで、私たちは車両に必要な電気・電子コンポーネントを提供してもらえるだけでなく、ワイヤハーネス設計のワークショップや車両テストなどに参加することができます。ボッシュとの長年にわたるパートナーシップがなければ、私たちはプロジェクトを成功させ、またこれほど高い技術水準で車を走らせることはできなかったと思います」

長年にわたる学生フォーミュラへの貢献は、ボッシュにもメリットとなっています。こうした活動を通じて、ボッシュやその子会社のETAS GmbH、Bosch Engineeringは毎年、数多くの優秀な新入社員の獲得に成功しているからです。「学生フォーミュラとの関わりは、参加者とスポンサー企業の双方にとってプラスとなっています。ボッシュは、エキサイティングな学際プロジェクトに取り組んでいる、意欲と能力にあふれた未来の新入社員を支援できるだけでなく、ボッシュが魅力的な就職先であることもアピールできます」。ボッシュ・グループのエンジニアリング専門子会社であるBosch Engineeringの社長のBernhard Bihrは、さらにこう続けます。「Bosch Engineeringは2012年末までに、学生フォーミュラに参加したことのあるエンジニアを合わせて50人以上採用しました」

社会人になるための準備

学生フォーミュラで優勝に輝くのは、単に速く走る性能だけではなく、総合的なコンセプトが非常に優れている車両です。このコンテストでは、学生が自ら車両の計画・設計・製作を行うほか、事業計画やマーケティングコンセプトも作成することになっており、モータースポーツ関係企業、自動車メーカー、自動車サプライヤーの各業界のメンバーで構成される審査員団が、設計、効率、加速性能、燃費など、計8つの基準に従って審査します。「この大会は学生にとって、社会に出てから必要になるスキルを磨くための好機となっています」と述べるのは、アプシュタットのBosch Engineeringでバッテリーシステムと高電圧車載エレクトロニクスのシステムエンジニアとして働くKarl Klössです。Klössは1年前まで、DHBWラーフェンスブルクの学生フォーミュラチーム「Global Formula Racing」でバッテリー開発のリーダーを務めていました。「私は学生フォーミュラに熱中していた頃に、インターフェースの重要性など、現在の仕事にも活かせるような、さまざまなことを学びました。車両を形成するのは、個々の技術コンポーネントだけではありません。コンポーネント相互の作用や相乗効果も踏まえて、それらをシステムとして統合していかなくてはなりません。そして、これはチームについてもまったく同じです。学生フォーミュラも、仕事も、チームが一丸となって力を合わせ、意見を交換しながらエキサイティングなプロジェクトに一緒に取り組むことが、一番大切なのです」

国際的な評価が高まるコンテスト

ドイツ技術者協会(VDI)の後援を受けて開催され、今回で8回目を数えるFSGは、若手エンジニアたちが腕を競う世界有数の設計コンテストとなりました。今年のFSGは2013年7月30日~8月4日に開催され、合計115チーム、2,500人以上の学生が自分たちで設計・製作したレーシングカーの性能を競い合いました。なお、ドイツ学生フォーミュラ以外にも、学生フォーミュラ、フォーミュラSAEコンテストが世界各地で開催されています。

お問い合わせ先:
Annett Fischer、Tel:+49 7062 911-79137

ボッシュ・グループ概要 The Bosch Group at a Glance

ボッシュ・グループは、グローバル規模で革新のテクノロジーとサービスを提供するリーディング・カンパニーです。2012年度の従業員数は約30万6,000人、売上高は525億ユーロを計上しています。また2013年初めからは、自動車機器テクノロジー、産業機器テクノロジー、消費財、エネルギー・建築関連テクノロジーの4事業セクター体制に移行しました。
ボッシュ・グループは、ロバート・ボッシュGmbHとその子会社約360社、世界約50カ国にあるドイツ国外の現地法人で構成されており、販売、サービス代理店のネットワークを加えると、世界の約150カ国で事業展開しています。この開発、製造、販売、サービスのグローバル・ネットワークが、ボッシュのさらなる成長の基盤です。
ボッシュでは2012年に約48億ユーロもの金額を研究開発に投じ、さらに全世界では4,800件以上の国際特許の基礎特許(第一国出願)を出願しています。私たちは革新的で有益なソリューションを提供し、そのすべての製品とサービスを通して、人々を魅了し、人々の生活の質を向上させることを目的にしています。この方針に基づき、ボッシュは全世界において人と社会に役立つ革新のテクノロジーを提供し続けていきます。それこそが「Invented for life」です。

ボッシュの起源は、1886年に創業者ロバート・ボッシュ(1861~1942)がシュトゥットガルトに設立した「精密機械と電気技術作業場」に遡ります。ロバート・ボッシュGmbHの独自の株主構造は、ボッシュ・グループの財務上の独立性と企業としての自立性を保証するものです。「株主(利益配当)」と「経営(議決権)」が完全に分離した企業形態によって、ボッシュは長期的な視野に立った経営を行い、将来の成長を確保する重要な先行投資を積極的に行うことができるのです。ロバート・ボッシュGmbHの株式の大半は非営利組織である公益法人「ロバート・ボッシュ財団」(持株比率92%、議決権なし)が保有しています。議決権の大部分は株主の事業機能実行機関である共同経営者会「ロバート・ボッシュ工業信託合資会社」が保有しています。残りの株式と議決権は創業家であるボッシュ家とロバート・ボッシュGmbHが保有しています。

さらに詳しい情報は
www.bosch.com ボッシュ・グローバル・ウェブサイト(英文)
www.bosch-press.com ボッシュ・メディア・サービス(英文)
twitter.com/BoschPresse/ ボッシュ・プレスツイッター(英文)
を参照してください。


このプレスリリースは2013年7月17日に Robert Bosch GmbH より発行されました。原文をご覧ください。>