自動車機器テクノロジー Robert Bosch GmbH のプレスリリース(日本語訳)

SU-MM5.10:コンパクトでパワフル
ボッシュの傾斜角センサーがDucati 1199 Superleggeraに搭載

  • モーターサイクルの安全・快適機能のために車両ダイナミクス関連データを提供
  • ニューDucati 1199 Superleggeraに採用

モーターサイクルは、エンジン、シャシー、ブレーキの絶え間ない改良で、よりパワフルになっています。トラクションコントロールやABSなどの電子制御機能は、たとえコーナーで急加速したり急ブレーキをかけたときでも、こうした高性能なモーターサイクルを安全に制御できるようライダーをサポートします。ボッシュのSU-MM5.10傾斜角センサーは、これらの機能が必要とする車両ダイナミクスに関するデータを供給します。走行中のモーターサイクルの縦加速度、横加速度、鉛直加速度、ヨーレート、ピッチレート、ロールレートを測定し、これらの情報を用いて傾斜角を計算するのです。Ducatiは、このパワフルなセンサーをエクスクルーシブな1199 Superleggeraの心臓部に採用することを決めました。このセンサーから供給されるデータは、新しいDucati の新機能、ドゥカティ・ウィリー・コントロールなどのために利用されます。また、ボッシュはコンパクトで高性能なABSシステム「ABS 9M」も供給します。

この傾斜角センサーの重量はわずか40g と、前世代よりも約60%軽量化され、サイズも約2/3となっています。この非常にコンパクトなユニットはフレキシブルにモーターサイクルに組み込めるだけでなく、MEMS(マイクロ エレクトロ メカニカル システム)技術が用いられた微小コンポーネントを使用することで、電力消費量がわずか65ミリアンペアに抑えられています。また、SU-MM5.10はボッシュのシステムに限らず、あらゆるモーターサイクル用ABSと組み合わせることができるほか、顧客の仕様に基づき、傾斜角センサーがいわゆる5D信号(縦加速度、横加速度、鉛直加速度、およびモーターサイクルのヨーレートとロールレート)を供給することで、外部のコントロールユニットを用いて傾斜角を計算することもできます。なお、傾斜角センサーは測定・計算したすべてのデータをCANバス経由で伝達します。

ボッシュはあらゆるクラスのモーターサイクルにブレーキシステムを供給
ボッシュは最新のABS Generation 9をベースに、前輪だけを制御するロバストなフロントABSから、baseplus、そしてABS enhancedまで、すべてのクラスのモーターサイクル向けのブレーキコントロールシステムを供給しています。このうち最も高性能なABS enhancedは、電子制御式コンバインドブレーキシステム機能により、ライダーが前後いずれかのブレーキの操作をしただけで、前輪と後輪の間で可能な限りブレーキフォースの配分を最適化します。さらに、2013年末にはボッシュのモーターサイクル用スタビリティコントロールの量産が開始されます。これは傾斜角に応じてエンジンとブレーキのパフォーマンスを調整するセーフティシステムで、物理的法則に逆らうことはもちろんできませんが、たとえコーナーで急ブレーキをかけた場合でも、モーターサイクルをきわめて安定した状態に保ちます。

報道関係対応窓口:
Stephan Kraus
電話: +49 711 811-6286

自動車機器テクノロジーセクターはボッシュ・グループ最大の事業セクターです。2012年の売上高は 31.1 億ユーロで総売上高の約59%を占めています。自動車機器テクノロジーの売上により、ボッシュ・グループはリーディング・サプライヤーのポジションを確立しています。
全世界において約177,000人の自動車機器テクノロジーセクターの従業員が、内燃機関用噴射技術、代替駆動コンセプト、効率的そしてネットワーク化されたパワーワトレイン周辺機器、アクティブ/パッシブセーフティシステム、運転支援/コンフォート機能、ユーザーに優しいインフォテインメント技術やCar-to- CarおよびCar2Xコミュニケーションとコンセプト、オートモーティブアフターマーケット向けのサービスや技術という7つの事業分野で働いています。
ボッシュ・グループは、電気駆動マネジメントや横滑り防止装置ESC(エレクトロニック・スタビリティ・コントロール)、ディーゼルシステム用コモンレールなどの重要な革新的自動車技術にも対応しています。

ボッシュ・グループは、グローバル規模で革新のテクノロジーとサービスを提供するリーディング・カンパニーです。2012年度の従業員数は約30万6,000人、売上高は525億ユーロを計上しています。また2013年初めからは、自動車機器テクノロジー、産業機器テクノロジー、消費財、エネルギー・建築関連テクノロジーの4事業セクター体制に移行しました。
ボッシュ・グループは、ロバート・ボッシュGmbHとその子会社約360社、世界約50カ国にあるドイツ国外の現地法人で構成されており、販売、サービス代理店のネットワークを加えると、世界の約150カ国で事業展開しています。この開発、製造、販売、サービスのグローバル・ネットワークが、ボッシュのさらなる成長の基盤です。
ボッシュでは2012年に約48億ユーロもの金額を研究開発に投じ、さらに全世界では4,800件以上の国際特許の基礎特許(第一国出願)を出願しています。私たちは革新的で有益なソリューションを提供し、そのすべての製品とサービスを通して、人々を魅了し、人々の生活の質を向上させることを目的にしています。この方針に基づき、ボッシュは全世界において人と社会に役立つ革新のテクノロジーを提供し続けていきます。それこそが「Invented for life」です。

さらに詳しい情報は
www.bosch.com ボッシュ・グローバル・ウェブサイト(英文)
www.bosch-press.com ボッシュ・メディア・サービス(英文)
twitter.com/BoschPresse/ ボッシュ・プレスツイッター(英文)
を参照してください。


このプレスリリースは2013年11月5日に Robert Bosch GmbH より発行されました。原文をご覧ください。>