ボッシュ(株)のプレスリリース

Bosch O2 (ラムダ)センサー
新にユニバーサル(汎用)タイプ 新発売!

ボッシュ株式会社 オートモーティブ アフターマーケット事業部(〒150-8360 東京都渋谷区渋谷3-6-7 取締役社長:ステファン・ストッカー)では、好評発売中の輸入車用Bosch O2 (ラムダ)センサーに、新にユニバーサルタイプ(汎用)を2007年7月1日追加発売致しました。
この結果、国産車から輸入車まで幅広い適合(18品番で国産車・輸入車合わせて約70%の適合率)を可能といたしました。

現在の車両のエンジンは、各種センサーの情報を利用し高度に電子制御されています。
その中でも1976年にボッシュが開発した O2 センサーは排気ガス中の有害物質を減少、燃料の節約、エンジン性能の向上になくてはならない部品となりました。すでにボッシュが製造した O2 センサーの数は4億個を超え、世界最大の生産・販売規模となっており、高い OE 品質を誇っています。

劣化した O2 (ラムダ)センサーを使い続けると地球環境に悪いだけでなく、燃費やドライバビリティーも低下します。したがって定期的に O2 (ラムダ)センサーの動作を診断し、劣化した部品を交換することが大切です。

ユニバーサルタイプの特徴

ユニバーサル O2 (ラムダ)センサーは汎用型コネクターを採用したため、ひとつの品番で従来の数多くの車種別専用品番の O2 センサーに対応することが可能となりました。
(取り付けの際、純正のセンサーケーブルを切断し、ケーブル短部に汎用型コネクターを取り付けてユニバーサル O2 センサーを接続します。)

品番 輸入車用 国産車用
LS01
LS02
LS03  
LS04  
LS05  
LS06  
LS07
LS602
LS615
LS617  
LS2031  
LS5726  
LS5728  
LS5729  
LS5730  
LS5731  
LS5732  
LS0091  

数々の受賞

Bosch O2 (ラムダ)センサーはこれまでに数々の賞を受賞してまいりました。

Images
Bosch O<sub>2</sub> (ラムダ)センサー
  • Bosch O2 (ラムダ)センサー
Bosch O<sub>2</sub> (ラムダ)センサー
  • Bosch O2 (ラムダ)センサー
Bosch O<sub>2</sub> (ラムダ)センサー
  • ボッシュが開発した O2 センサー
Equipe Auto 2003, Paris
  • Equipe Auto 2003, Paris
Automechanika 2004, Frankfurt
  • Automechanika 2004, Frankfurt