第41回 東京モーターショー 2009

第41回 東京モーターショー 2009

車載ネットワークの構造を簡素化
より安全で柔軟、かつ費用効率の高い
ボッシュのドメイン・コントロール・ユニット(DCU)

  • DCU はセンサ、ハードウェア、ソフトウェアを統合したセンター・コントロール・ユニット
  • 車両の電気的 / 電動的構造を簡素化
  • すべての車両セグメントに幅広く応用可能

ドメイン・コントロール・ユニット(DCU)を使うことにより、ボッシュは増え続けるコントロールユニットとセンサの数を減らす方法を提案します。未来の車では、ひとつのセンター・コントロール・ユニットの中に、新機能のソフトウェア、個別のハードウェアコンポーネントとセンサがまとめられます。この新しい構成の利点を要約して、シャシー・システム・コントロール事業部長ヴェルナー・シュトルト(Dr. Werner Struth)は次のように述べました。「DCU はこれまで複雑化の一途をたどってきた自動車エレクトロニクスのトレンドを反転させ、安全性を高めてコストを削減します」。DCU を搭載した最初の車両は、2010年に市場に登場します。

これまでは、安全や支援の機能が増えるにつれてコントロールユニットやセンサの数も増加し、個々のセンサを個別に取り付ける必要がありました。また、センサ情報と既存システムの介入能力を使う機能が増えるにつれて、統合作業や適応作業もますます複雑化してきています。ドメイン・コントロール・ユニットは、拡張性のある統合プラットフォームとして、集中型のシステム構造内に複数の機能をまとめることが可能です。すべてのボッシュの DCU には、エレクトロニック・スタビリティ・コントロール(ESC)のセンサが含まれています。これらのセンサはヨーレートと横加速度を測定します。またエアバッグセンサや、その他の軸のヨーレートと加速度を測定するセンサもオプションで統合可能です。その結果、測定した変数はさまざまなコントロールシステムで同時に使用でき、演算能力と安全性が高められます。専用に備えられた中央演算モジュールにより、DCU 自身も車両の動きの方向や速度などのデータを演算します。これらのデータはボッシュが新たに開発した安全をアシストする「ビークルモーション&セーフティ」ユニットで使用します。このユニットは、他のネットワーク化されたすべての機能と一緒に、安全性と快適性、そして車両ダイナミクスを高めてくれます。中央演算方式により、介入動作が最良の方法になります。

革新的車両機能のためのプラットフォーム

ドメイン・コントロール・ユニットは、AUTOSAR 規格に準拠したインターフェースを備えています。そのため、顧客固有のソフトウェアや別のアプリケーションも問題なく統合できます。演算能力も拡張可能で、車両によって異なる機能範囲に適合することができます。そのため、DCU はすべてのセグメントの車両に取り付けることが可能です。ネットワーク化したシステムと DCU によって、ESC とドライブトレインやステアリングシステムとの協調を必要とするような革新的機能を将来実現することが容易になります。他のドメインとの情報交換は FlexRay バスシステムを経由して行われます。データ転送速度は、現在その使用が終わりを迎えつつある CAN バスシステムの20倍になります。

広報担当窓口:
ボッシュ(株) コーポレートコミュニケーション室
セクション・マネージャー 長崎 雅男
TEL:03-5485-3393

ボッシュ・グループは、グローバル規模で革新のテクノロジーとサービスを提供するリーディング・カンパニーです。
自動車機器テクノロジー、産業機器テクノロジー、消費財・建築関連テクノロジーの3つのセクターから成るボッシュの2008年度の従業員数は28万名以上、売上高は約451億ユーロ(約6兆8,740億円)*に達しています。
ボッシュ・グループは、ロバート・ボッシュ GmbH およびその子会社 300社超と、世界の約60カ国にあるドイツ国外の現地法人で構成されています。販売、サービス代理店のネットワークを加えると、ボッシュは世界の約150カ国で事業展開しています。この開発、製造、販売、サービスのグローバル・ネットワークが、私たちのさらなる成長の基盤です。ボッシュは毎年、研究開発費として35億ユーロ以上を投資しており、全世界で3,000件以上もの国際特許の基礎特許(第一国出願)を出願しています。ボッシュはすべての製品とサービスにおいて革新的で有益なソリューションを提供することによって人々の生活の質(Quality of Life)を向上させ、循環型の持続的環境社会(Sustainable society)の創出に寄与していきます。

ボッシュの起源は、1886 年に創業者ロバート・ボッシュ (1861~1942)が設立した「精密機械と電気技術作業場」に遡ります。ロバート・ボッシュ GmbH の株式の大半は非営利組織である公益法人「ロバート・ボッシュ財団」(持株比率92%、議決権なし)が保有しています。議決権の大半は、株主の事業機能実行機関である共同経営者会「ロバート・ボッシュ工業信託合資会社」(議決権 93%)が保有しています。残りの株式と議決権はボッシュ家(持株比率 7%、議決権 7%)とロバート・ボッシュ GmbH (持株比率1%、議決権なし)が保有しています。
ロバート・ボッシュ GmbH の独自の株主構造は、ボッシュ・グループの財務上の独立性と企業としての自立性を保証するものです。「株主(利益配当)」と「経営(議決権)」が完全に分離した、この企業形態によって、ボッシュは長期的な視野に立った経営を行い、将来の成長を確保する重要な先行投資を積極的に行うことができるのです。

* 2008年度ボッシュ年間平均レート:152.32578円=1ユーロ

さらに詳しい情報は www.bosch.com ボッシュ・ワールドワイドのウェブサイトを参照してください。


このプレスリリースは2009年09月に Robert Bosch GmbH より発行されました。原文をご覧ください。>