第41回 東京モーターショー 2009

第41回 東京モーターショー 2009

ZF レンクシステメ社
優れた燃費:1,000万ユニットを達成した電動式パワーステアリングシステム

  • 油圧式ステアリングシステムと比べ燃費を0.4~0.8リッターも低減
  • ステアリングシステムが備える適合性により、他のセーフティ&ドライバーアシスタンスシステムとのネットワーク化が可能

ZF レンクシステメ社の環境に優しい電動式ステアリングシステム「Servolectric」は、乗用車市場で拡大し続け、これまでに1,000万ユニットが乗用車に搭載されています。この電動式のステアリングシステムは、油圧式のものと比べて NEDC (New European Driving Cycle:新ヨーロッパ走行サイクル)で約0.4リッター、市街地走行では最大0.8リッター/100 kmの燃料が節約できます。システム統合能力の拡張も利点のひとつです。この利点のおかげで、エンドユーザーは、より優れた快適性と安全性が得られます。この電動式パワーステアリングシステムには3種類の異なるモデルがあり、これですべての車両カテゴリーをカバーすることが可能なのです。

妥協することなくより低燃費に

ロバート・ボッシュ GmbH と ZF フリードリヒスハーフェン AG との折半出資会社であるZFレンクシステメ社。その ZF レンクシステメ社が提供する電動式パワーステアリングシステム「Servolectric」は、ドライバーが操舵するときにだけエネルギーを必要とします。最新の測定によると、油圧式パワーステアリングシステムと比べて、電動式パワーステアリングシステムでは0.4リッター/100 kmの燃料を節約できます。これは、コンパクトクラスの車の平均燃費7.7リッターの6%をパワーステアリングシステムだけで節約できる計算です。これまでの生産数1,000万ユニットにあてはめて計算すると、年間4億リッターの燃料が Servolectric ステアリングシステムだけで節約されていることになります。さらに CO2 排出は、およそ95万トン削減されている計算です(車両1台あたりの年間平均走行距離10,000 kmと仮定)。

オンデマンドで出力

Servolectric ステアリングシステムは、高性能エレクトロニクスとリンクしているラック&ピニオンステアリングの原理をベースにしています。ドライバーがステアリングを操作すると、ステアリングトルクとスピードをセンサが検知します。このデータを基にして、コントロールユニットがミリ秒単位で必要なステアリングアシスト力を演算し、ウォームギアまたはボールナットを介して、サーボモーターがステアリングコラム、ピニオンシャフト、またはラック&ピニオンシステムのラックに最適なサーボトルクを伝達します。さらに、2002年に導入されたこの電動式パワーステアリングシステムは、ステアリングポンプとホースが不要なため、取付けスペースが小さくて済むという利点を持っています。これのおかげで組立作業が簡素化され、環境保護にも貢献できます。こういったことから、フォルクスワーゲン・グループが現世代の Servolectric の先行モデルを Golf の全プラットフォームに採用しています。ZF Servolectric には3つの基本モデルがあり、超小型車から中型、大型、SUV モデル、そして小型商用車に至るまですべての車に適合させることが可能です。取り付けスペースの大小、車両電装品の性能、必要なステアリングトルクなどに応じて、このサーボユニットをステアリングコラム上、セカンドピニオン上、またはステアリングラックに平行に取り付けることができます。

システムの性能がドライビングの安全性を強化

Servolectric はさまざまな外部システムとのネットワーク化が可能です。ステアリングホイールアングルの全情報は ESC やアダプティブシャシー&サスペンションコントロールシステムなどの他のシステムにも提供されます。フォルクスワーゲンでは、独自の「レーン・アシスト」トラッキングシステムと「サイド・アシスト」死角検知システムによって走行安全性を高めます。対応するシステムが、状況に応じてステアリングシステムに逆方向のアシストを要求して介入したり、ドライバーに対して視覚、音響、触覚によるフィードバック信号を送ったりなどして警告します。パーキングアシスタントでは、もう手動でステアリングホイールを操作する必要はありません。Servolectric が完全に自立的に操舵介入を行うからです。

広報担当窓口:
ボッシュ(株) コーポレートコミュニケーション室
セクション・マネージャー 長崎 雅男
TEL:03-5485-3393

1万人を超える従業員が世界10か国17の拠点で働く ZF レンクシステメ GmbH は、ロバート・ボッシュ GmbH と ZF フリードリヒスハーフェン AG による折半出資会社で、ステアリングテクノロジーをリードするスペシャリストです。2008年、グループの売上高は約26億ユーロでした。


このプレスリリースは2009年09月に Robert Bosch GmbH より発行されました。原文をご覧ください。>