ボッシュ(株)のプレスリリース

ボッシュのフラットワイパーブレード「エアロツインマルチ」が
KONDO RACING の 2010 AUTOBACS SUPER GT シリーズ開幕戦勝利をサポート

~過酷な条件のモータースポーツフィールドでも性能を証明~

ボッシュ株式会社 オートモーティブ アフターマーケット事業部 (〒150-8360 東京都渋谷区渋谷3-6-7 取締役社長:織田秀明、以下ボッシュ) が製造、販売する、フラットワイパーブレード「エアロツインマルチ」が、2010 AUTOBACS SUPER GT シリーズ開幕戦の鈴鹿でその性能を証明いたしました。

決勝レースは黄砂の混じる雨と強風による難しいコンディションの中でスタートしました。
エアロツインマルチはインテリジェントテンションストリップ形状によりフロントガラス面に均一な接地圧力がかかりクリアなワイピングにより視界を確保します。
それと同時に、スムースなワイピングにより、ワイパーモーターへの負荷を軽減し、モーターの小型軽量化が可能になります。
コース内の場所によっては激しい降雨が、またレース序盤で止んだ雨が中盤で降り出すなど状況変わり過酷な条件の中でもエアロツインはクリアな視界の確保を果たし、エアロツインマルチ装着車のサポートをしました。
レースはエアロツインマルチの装着車である KONDO RACING (#24 HIS ADVAN KONDO GT-R)が予選10位から1周目で5位まで順位を上げ、34周目のドライバー交代時にトップに浮上、その座を守り優勝しました。

なお、SUPER GT GT500 クラスでは今回優勝した HIS ADVAN KONDO RACING GT-R をはじめ、実に11台のマシン(参戦13台中) で装着されています。
過酷な条件でもその性能を発揮するエアロツインマルチ。これからもボッシュはモータースポーツをサポートするとともに、高品質な製品をお客様に提供いたします。

※スーパー GT は日本で最も人気の高い自動車レースシリーズで、カーメーカーのワークスチームも参戦し毎戦ハイレベルなレースが展開される。市販車をベースに改造したレース専用マシンが使用され、約500馬力の GT500 クラスと約300馬力の GT300 クラスの2クラスが混走して両クラスで優勝を競う。

2010 AUTOBACS SUPER GT Rd.1 SUZUKA GT 300KM

  • 開催日:3月20(土) 予選、21日(日) 決勝
  • 会場:三重県・鈴鹿サーキット(全長:5,807km)
  • 天候:曇り時々小雨のち晴れ(3月21日)

決勝結果

  No. Machine Entrant
1 #24 HIS ADVAN KONDO GT-R KONDO RACING
2 #6 ENEOS SC 430 LEXUS TEAM LeMans ENEOS
3 #100 RAYBRIG HSV-010 TEAM KUNIMITSU
4 #1 PETRONAS TOM'S SC430 LEXUS TEAM PETRONAS TOM'S
5 #39 DENSO DUNLOP SARD SC430 LEXUS TEAM SARD
6 #35 MJ KRAFT SC430 LEXUS TEAM KRAFT
7 #17 KEIHIN HSV-010 KEIHIN REAL RACING
8 #23 MOTUL AUTECH GT-R NISMO
9 #38 ZENTO CERUMO SC430 LEXUS TEAM ZENTO CERUMO
10 #32 EPSON HSV-010 NAKAJIMA RACING
- #12 カルソニック IMPUL GT-R TEAM IMPUL
- #8 ARTA HSV-010 AUTOBACS RACING TEAM AGURI
- #18 ウイダー HSV-010 ウイダー ホンダ レーシング

KONDO RACING 近藤真彦監督のコメント(決勝:1位)

「開幕戦鈴鹿の決勝レースは開始直前に雨が降り始め、コースの場所によっては大粒の雨になるなど難しいコンディションのレースとなりましたが、ボッシュのエアロツインマルチはその性能を如何なく発揮し、刻々と天候の変わる厳しい条件の中でもクリアなワイピングによる視界の確保を果たし、チームを勝利へと導くサポートをしてくれました」


クレジット表記および製品に関するお問い合わせ先
ボッシュ(株)オートモーティブ アフターマーケット事業部
TEL: 03-5485-6060(代表)
URL: http://www.bosch.co.jp/aa/

Downloads

写真

写真

写真