経営情報 ボッシュ(株)のプレスリリース

ボッシュ株式会社:
夏季期間の変則稼働日カレンダーの終了
電力消費15%削減目標は達成も節電は継続

2011年3月11日に発生した東日本大震災により被災された皆様には、心よりお見舞い申し上げます。

ボッシュ株式会社では、日本におけるピーク時電力不足に対応するため、2011年7月1日から、一部を除く国内全工場・事業所において、休日を木曜日・金曜日へと変更しておりました。
このたび2011年9月30日をもって、この夏季稼働日カレンダーの適用は終了とし、10月1日からは、全事業所において通常操業(稼働日:月曜日~金曜日、休日:土曜日~日曜日)とさせていただきます。

なお夏季期間中に目標であったピーク時使用電力の15%削減は達成いたしましたが、国からの電力使用制限措置が解除された後も、各所で実施している節電対策は継続し、今後もできる限り使用電力の抑制を図っていく所存です。

弊社の節電への取り組みに対し、お取引各社や周辺住民のみなさまをはじめ、多くの方々にご理解とご協力いただきましたことに、心より御礼申し上げます。

日本のボッシュ・グループについて

日本のボッシュは1911年から始まり2011年で日本進出100周年を迎えました。現在は、ボッシュ(株)、ボッシュ・レックスロス(株)、ボッシュ パッケージングテクノロジー(株)その他の関係会社から構成されます。ボッシュ(株)は自動車用パーツの開発、製造、販売そしてサービスの業務を展開しています。ボッシュ・レックスロスは油圧機器事業、FAモジュールコンポーネントやその他のシステムの開発と生産を行い、日本の産業機器技術に貢献しています。ボッシュパッケージングテクノロジーは包装機械メーカーです。

さらに詳しい情報は www.bosch.co.jp ボッシュ・イン・ジャパン・ウェブサイトを参照してください。

ボッシュ・グループ概要 The Bosch Group at a Glance

ボッシュ・グループは、グローバル規模で革新のテクノロジーとサービスを提供するリーディング・カンパニーです。自動車機器テクノロジー、産業機器テクノロジー、消費財そして建築関連テクノロジーのセクターにおいての従業員数は28万人以上で、2010年度の売上高は約473億ユーロです。ボッシュ・グループは、ロバート・ボッシュGmbHおよびその 子会社 350社超と、世界の60カ国以上にあるドイツ国外の現地法人で構成されています。販売、サービス代理店のネットワークを加えると、ボッシュは世界の約 150カ国で事業展開しています。この開発、製造、販売、サービスのグローバル・ネットワークが、私たちのさらなる成長の基盤です。ボッシュは2010年、研究 開発費として38億ユーロを投資し、全世界で3,800件以上もの国際特許の基礎特許(第一国出願)を出願しています。
ボッシュはすべての製品とサービスにおいて革新的で有益なソリューションを提供することによって、人々の生活の質(Quality of Life)を向上させ、循環型の持続的環境社会(Sustainable society)の創出に寄与していきます。

さらに詳しい情報は
www.bosch.com ボッシュ・グローバル・ウェブサイト(英文)
www.bosch-press.com ボッシュ・メディア・サービス(英文)および
www.125.bosch.com ボッシュ創業125周年記念サイト
を参照してください。