経営情報

ボッシュ ワールド エクスペリエンス
ボッシュと一緒に世界を発見しよう
世界一周旅行に参加する6人を募集

  • 目的地はロンドン、パナマシティ、サンフランシスコ、上海、シンガポール
  • 参加者は自身の体験をバーチャル旅日記で報告
  • 応募締め切りは2014年5月16日
テキストを保存
  • 2014/04/07
  • 経営情報
  • プレスリリース
  • 画像: 3点

画像 (3点)

すべての画像を表示

プレスリリース

シュトゥットガルト – ボッシュは現在、ボッシュ ワールド エクスペリエンスに参加する6人の若者を世界中から募集しています。このイベントの参加者は16日間で世界を一周し、ボッシュの関わる大きなプロジェクトを訪問します。
今年の夏の目的地はロンドン、パナマシティ、サンフランシスコ、上海とシンガポールで、応募は2014年4月7日から5月16日まで、www.experiencebosch.comで受け付けています。

「Bosch is more than you think」イニシアティブ
125年以上前に「精密機械と電気技術作業場」として創業したボッシュは、テクノロジーとサービスのグローバルサプライヤーへと発展を遂げました。今日は自動車機器テクノロジー、産業機器テクノロジー、消費財、エネルギー 建築関連テクノロジーの各事業分野で幅広い製品とサービスを提供していますが、コードレスドライバー、洗濯機、スパークプラグのメーカーとしてのボッシュしか知らない方が数多くいるのも事実です。
そこで、「Bosch is more than you think(ボッシュはみなさんが思っているよりもさらに多くのことに関わっているのです)」イニシアティブをスタートさせ、6人の男女に3つの大陸を旅してもらい、ボッシュがコーポレートスローガンである「Invented for life」を体現するテクノロジーを通じてどのように世界に影響を与えているかを体験してもらうことにしました。
ボッシュのマーケティング マネジャーを務めるカロリーネ・ハーゲンは旅行の目的についてこう説明します。「人々の生活の質を向上させ、情熱をかき立てるボッシュ ソリューションのほんの一面しかご存じでない方がたくさんいらっしゃいます。そこで、ボッシュ ワールド エクスペリエンスを通じて、ボッシュが関わっている6件の大型プロジェクトの舞台裏を国際色豊かな参加者に特別に見学してもらうことにしました。そして、その中には意外な分野も含める予定です」。

参加者はボッシュ・レックスロスの油圧機器を備えたパナマ運河の新しい閘門(こうもん)で、コンテナ船が26メートルも昇降する様子を見学するほか、各目的地で充実した活動プログラムが組まれています。例えばロンドンでは、ボッシュ ワールド エクスペリエンスの参加者がブロガーのワークショップに参加したり、サンフランシスコではeBikeで市内を観光したりする予定です。

ソーシャルメディアを通じてオンラインコミュニティとつながる
参加者には、各自が所有するソーシャルメディア チャンネルに文章、画像や動画をアップし、体験を報告してもらいます。そして、オンラインコミュニティではこうしたチャンネルを通じて参加者と交流しながら、ボッシュ ワールド エクスペリエンスに共に参加していくことになります。なお、投稿はまとめられ、特別サイトで公開される予定です。

参加者の条件:ソーシャルメディアに通じ、 好奇心旺盛であること!
応募の受付は www.experiencebosch.com において4月7日から開始しました。
応募者はまずこの特別サイトで登録し、各目的地に関する質問に回答するとともに、個人情報の入力も必要です。このイニシアティブの応募条件としては、ソーシャルメディアに通じ、好奇心旺盛な方であることです。
応募期間の終了後、世界から6人の参加者が選ばれる予定です。


このプレスリリースは2014年4月7日に Robert Bosch GmbH より発行されました。
原文をご覧ください。
ボッシュ・グループは、グローバル規模で革新のテクノロジーとサービスを提供するリーディング・カンパニーです。 暫定決算では、2013年度の従業員数は約281,000人、売上高は464億ユーロを計上しています(注:連結決済に関する法的規則の変更により、2013年のデータは限定的な範囲でしか2012年のデータと比較することはできません)。自動車機器テクノロジー、産業機器テクノロジー、消費財、エネルギー・建築関連テクノロジーの4事業セクター体制に移行しました。ボッシュ・グループは、ロバート・ボッシュGmbHと360社を超える子会社、世界約50カ国にあるドイツ国外の現地法人で構成されており、販売、サービス代理店のネットワークを加えると、世界約150カ国で事業展開しています。 この開発、製造、販売、サービスのグローバル・ネットワークが、ボッシュのさらなる成長の基盤となっています。ボッシュは2013年に世界中で約5,000件の特許を出願しています。ボッシュ・グループの製品とサービスは、革新的で有益なソリューションを提供することを通じて、人々を魅了し、人々の生活の質(Quality of Life)を向上させることを目的としています。 この方針に基づき、ボッシュは全世界において人と社会に役立つ革新のテクノロジーを提供し続けていきます。そしてそれこそが「Invented for life」なのです。

ボッシュの起源は、1886年にロバート・ボッシュ(1861~1942年)がシュトゥットガルトに設立した「精密機械と電気技術作業場」に遡ります。ロバート・ボッシュGmbHの独自の株主構造は、ボッシュ・グループの企業としての自立性を保証するものであり、ボッシュは長期的な視野に立った経営を行い、将来の成長を確保する重要な先行投資を積極的に行うことができます。ロバート・ボッシュGmbHの株式資本の92%は慈善団体であるロバート・ボッシュ財団が保有しています。議決権の大半はロバート・ボッシュ工業信託合資会社が保有し、株主の事業機能を担っており、残りの株式は創業家であるボッシュ家とロバート・ボッシュGmbHが保有しています。

さらに詳しい情報は
www.bosch.com ボッシュ・グローバル・ウェブサイト(英文)
www.bosch-press.com ボッシュ・メディア・サービス(英文)
twitter.com/BoschPresse ツイッター
を参照してください。

PI8477 | 2014/04/07

報道関係者様向けご対応窓口

Michael Kattau

+49 711 811-6029

情報をシェアする