自動車機器テクノロジー

自動車に関する豊富な専門知識をコンパクトな形で提供
ボッシュが全面改訂された自動車ハンドブックの第28版(ドイツ語)を発表
1932年から続く代表的な参考書

  • 最新の自動車開発を反映させ、より広範な内容をカバー
  • 産業、科学の各分野の専門家約200名が執筆
  • 索引を大幅に拡充
テキストを保存
  • 2014/05/08
  • 自動車機器テクノロジー
  • プレスリリース
  • 画像: 1点

画像 (1点)

すべての画像を表示

プレスリリース

ウィーン/カールスルーエ – 自動車機器テクノロジーの参考書として長年多くのテクノロジー愛好家たちに親しまれてきた自動車ハンドブックのドイツ語の最新版が、2年間の改訂作業を経て発売されることになりました。この第28版は、第35回国際ウィーン モーター シンポジウムの場で公式に発表されます。本書は全面的に改訂され、最新の自動車機器テクノロジーの開発を反映させたことで、277ページの増量となりました。第1版は、創業者のロバート・ボッシュがまだ会社を経営していた1932年に企画・発行されました。それからも内容が充実し続け、今では1,544ページにおよぶ量となり、内燃機関から現代のドライバー アシスタンス システムに至るまで、自動車関連のあらゆるコンポーネントの機能について多数の専門家による詳細な解説を収めています。

最新版の執筆には約200名の専門家が携わっており、その専門知識は自動車に関するあらゆるテーマを網羅しています。著者の一部はボッシュや他の自動車業界のエンジニアですが、数多くの総合大学や応用科学単科大学の研究者が執筆に関わっています。執筆者のサポートは本書の編集者であるエンジニアのカール=ハインツ・ディーチェと科学諮問委員会が行ったほか、旧版と同様にコンラート・ライフ教授がアドバイザーとして選ばれ、今回初めて外部コンサルタントもサポートを担うことになりました。 外部コンサルタントを務めた工学博士は、バーデン=ヴュルテンベルク産学連携州立大学のラーフェンスブルク/フリードリッヒスハーフェン キャンパスにおいて、エレクトロニクスおよびメカトロニクス システム プログラムの責任者を務めており、編集スタッフと協力しながら、記事の高い品質の維持に努めました。

より読みやすく、より調べやすく
最新版の作成にあたり、判型も見直されました。長さ、幅とも20%大きくなったことで、より大きなフォント サイズで表示できるようになり、テキストと図版も見やすくなりました。さらに、索引が大幅に拡充され、専門用語をより簡単に探せるようになりました。第28版では、自動車ハンドブックの索引は旧版に比べて項目が1.5倍に増え、75ページにわたります。

幅広い読者層:エンジニア、学生、新進気鋭のクラフトマン
ボッシュ自動車ハンドブックは幅広い読者層に人気があり、自動車産業の研究者やエンジニアだけでなく、工学専攻の学生も本書を利用しています。マイスターになるべく勉強している整備士も参考書として本書を活用しているほか、専門家もこの名著の十分に根拠のある豊富な専門知識に信頼を置いています。第28版(ISBN:978-3-658-03800-7)は2014年5月8日の発売日に書店に並びます。ドイツ語初版は2万部が印刷され、8月には初版1万5,000部の英語版が続いて発売される予定です。なお、他の言語での正規翻訳版はその後に続く予定ですが、日本語版の発行は現在のところ予定されていません。ボッシュ自動車ハンドブックは自動車機器テクノロジーの標準参考書として世界中で高く評価されており、これまで11カ国語に翻訳されました。

お問い合わせ先:
ロバート・ボッシュGmbH
オートモーティブ アフターマーケット
電話:09001 942010
Eメール:Kundenberatung.Kfz-Technik@de.bosch.com

Contact person for press inquiries:
Dagmar Kolb
Phone: +49 721/942-2174


このプレスリリースは2014年5月8日に Robert Bosch GmbH より発行されました。
原文をご覧ください。
オートモーティブ・アフターマーケット事業部(AA)では、乗用車及び商用車向けに、幅広い車両診断・修理機器ラインナップおよび修理工場向けの新品またはリビルト補修パーツをアフターマーケット市場とボッシュのサービスショップを通して世界に展開しています。
ボッシュはOEM製品の補修部品をはじめ、ボッシュがアフターマーケット用のアクセサリーおよび補修サービスパーツを開発、製造し、世界150カ国に17,000人以上の従業員とグローバルなロジスティックネットワークを有し、650,000点に及ぶ異なった補修パーツをお客様へより早く確実にお届けしています。そして車両診断機器事業として、オートモーティブ アフターマーケット事業部では、車両診断及び修理技術、診断機器用ソフトウェア、サービストレーニングと各種情報を提供しており、さらに当事業部では、世界最大級となる独立系修理工場ネットワークであるボッシュカーサービスを16,000店舗世界に展開し、同時に600店舗以上の「Auto Crew」をパートナーの修理工場ネットワークとして展開しております。

さらに詳しい情報は www.bosch-automotive.com よりご入手いただけます。

ボッシュ・グループは、グローバル規模で革新のテクノロジーとサービスを提供するリーディング・カンパニーです。 2013年の従業員数は約281,000人、売上高は461億ユーロを計上しています (注: 会計方針の変更のため、今回公表する2013年のデータと昨年発表した2012年データは、限定的な範囲での比較)。事業は自動車機器テクノロジー、産業機器テクノロジー、消費財、エネルギー・建築関連テクノロジーの4事業セクター体制で運営しています。ボッシュ・グループは、ロバート・ボッシュGmbHとその子会社約360社、世界約50カ国にあるドイツ国外の現地法人で構成されており、販売、サービス代理店のネットワークを加えると、世界の約150カ国で事業展開しています。この開発、製造、販売のグローバル・ネットワークが、ボッシュのさらなる成長の基盤です。
ボッシュは2013年に約45億ユーロもの金額を研究開発に投資しました。さらに全世界では5,000件以上の国際特許の基礎特許(第一国出願)を出願しています(1日あたり平均20件の出願数)。私たちは革新的で有益なソリューションを提供し、そのすべての製品とサービスを通して、人々を魅了し、人々の生活の質を向上させることを目的にしています。この方針に基づき、ボッシュは全世界において人と社会に役立つ革新のテクノロジーを提供し続けていきます。それこそが「Invented for life」です。

さらに詳しい情報は
www.bosch.com ボッシュ・グローバル・ウェブサイト(英文)
www.bosch-press.com ボッシュ・メディア・サービス(英文)
を参照してください。

PI8570 | 2014/05/08

情報をシェアする