自動車機器テクノロジー

ボッシュがイノベーションアワード2014を受賞
MSC(モーターサイクル用スタビリティコントロール)が賞を獲得

  • MSCはライダーのミスによりコーナーで発生する二輪車事故の3分の2で効果を発揮
  • 二輪車でもさらに安全な技術を求める傾向に
  • ドイツの自動車専門誌「Automobil Produktion」、ドイツ自動車工業会(VDA)と欧州自動車部品工業会(CLEPA)が同賞を主催
テキストを保存
  • 2014/10/08
  • 自動車機器テクノロジー
  • プレスリリース
  • 画像: 1点

画像 (1点)

すべての画像を表示

プレスリリース

ブリュッセル – 「Dinner for Winner」イベントで、ボッシュのMSC(モーターサイクル用スタビリティコントロール)に「安全」部門の準優秀イノベーションテクノロジー賞が贈られました。このMSCは、走行している路面と傾斜角に合わせてライダーのブレーキングと加速を継続的に調整し、その時点で最善のサポートを提供する画期的なシステムです。2014年10月7日にブリュッセルで開かれた授賞式において、ボッシュのシャシーシステム コントロール事業部長のゲルハルト・シュタイガー(Gerhard Steiger)はMSCの利点についてこう簡潔にまとめました。「このシステムにより、これまでにないレベルのダイナミックで安全な走行が可能になるでしょう」

著名な自動車専門家たちで構成された審査員団が特に高く評価したのは、ほぼあらゆる走行状況下でシステムが幅広いサポートを提供する点についてです。「MSCは自動車のESCのように、敏感に状況を察知し、早期にホイールの空転やスピンのリスクを抑えます」(シュタイガー)。MSCは、ブレーキ時や加速時はもちろん、ライダーがコーナーに向けて車体を大きく傾けていても、車輪間のブレーキ力を最適に配分し、安全性をさらに向上させます。また、このMSCに、トラクションコントロールやヒルホールドコントロールといった機能をオプションで組み込むこともできます。

MSCはABS(アンチロック ブレーキ システム)に加え、傾斜角センサーも備えています。量産車では、2013年末にKTMの1190 AdventureとAdventure Rの両モデルに初めて搭載され、今年9月末に発表されたばかりのニューモデル1290 Super Adventureでは標準装備となりました。また、GIDAS(ドイツの交通事故調査データベース)の分析によると、MSCはライダーのミスによりコーナーで発生する二輪車事故の3分の2で効果を発揮することができるとされています。

「Dinner for Winner」と呼ばれる毎年恒例のイベントでは、革新的な技術に与えられる3部門の賞が発表され、ドイツの自動車専門誌「Automobil Produktion」、ドイツ自動車工業会(VDA)、そして欧州自動車部品工業会(CLEPA)から賞が授与されました。

関連リンク:
ボッシュのMSC(モーターサイクル用スタビリティコントロール)に関するプレスリリース:
http://bit.ly/ZQIPp9
ボッシュ モーターサイクル用自動車機器テクノロジーのHP:
www.bosch-motorcycle.com
欧州自動車部品工業会(CLEPA)のHP:
http://www.clepa.eu/index.php?id=26


このプレスリリースは2014年10月8日に Robert Bosch GmbH より発行されました。
原文をご覧ください。
ボッシュ・グループ概要

モビリティ ソリューションズはボッシュ・グループ最大の事業セクターです。2013年の売上高は 306 億ユーロで総売上高の約66%を占めています。モビリティ ソリューションズの売上により、ボッシュ・グループはリーディング・サプライヤーのポジションを確立しています(注: 会計方針の変更のため、今回公表する2013年のデータと昨年発表した2012年データは、限定的な範囲での比較)。モビリティ ソリューションズでは主に、内燃機関用噴射技術、代替駆動コンセプト、効率的そしてネットワーク化されたパワーワトレイン周辺機器、アクティブ/パッシブセーフティシステム、運転支援/コンフォート機能、ユーザーに優しいインフォテインメント技術やCar-to-CarおよびCar2Xコミュニケーションとコンセプト、オートモーティブアフターマーケット向けのサービスや技術といった分野で事業を行っています。なお、ボッシュ・グループは、電気駆動マネジメントや横滑り防止装置ESC(エレクトロニック・スタビリティ・コントロール)、ディーゼルシステム用コモンレールなどの重要な革新的自動車技術にも対応しています。

ボッシュ・グループは、グローバル規模で革新のテクノロジーとサービスを提供するリーディング・カンパニーです。 2013年の従業員数は約281,000人、売上高は461億ユーロを計上しています (注: 会計方針の変更のため、今回公表する2013年のデータと昨年発表した2012年データは、限定的な範囲での比較)。事業はモビリティ ソリューションズ、産業機器テクノロジー、消費財、エネルギー・建築関連テクノロジーの4事業セクター体制で運営しています。ボッシュ・グループは、ロバート・ボッシュGmbHとその子会社約360社、世界約50カ国にあるドイツ国外の現地法人で構成されており、販売、サービス代理店のネットワークを加えると、世界の約150カ国で事業展開しています。この開発、製造、販売のグローバル・ネットワークが、ボッシュのさらなる成長の基盤です。
ボッシュは2013年に約45億ユーロもの金額を研究開発に投資しました。さらに全世界では5,000件以上の国際特許の基礎特許(第一国出願)を出願しています(1日あたり平均20件の出願数)。私たちは革新的で有益なソリューションを提供し、そのすべての製品とサービスを通して、人々を魅了し、人々の生活の質を向上させることを目的にしています。この方針に基づき、ボッシュは全世界において人と社会に役立つ革新のテクノロジーを提供し続けていきます。それこそが「Invented for life」です。

さらに詳しい情報は
www.bosch.com ボッシュ・グローバル・ウェブサイト(英文)
www.bosch-press.com ボッシュ・メディア・サービス(英文)
twitter.com/BoschPresse ツイッター
を参照してください。

PI8728 | 2014/10/08

報道関係者様向けご対応窓口

Stephan Kraus

+49 711 811-6286

情報をシェアする