モビリティ ソリューションズ

ボッシュが提供するフリート事業者向けの新しいテレマティクス ソリューション
コネクテッド フリート マネージメントがフリート車両に関わるコストの削減と透明性の向上に寄与

  • フリート車両管理のための情報統制ツール
  • GPSによる車両位置の特定により利用計画の策定と盗難防止に貢献
  • 最先端の暗号化技術による最高レベルのデータ セキュリティ
テキストを保存
  • 2014/09/16
  • モビリティ ソリューションズ
  • プレスリリース
  • 画像: 1点

画像 (1点)

すべての画像を表示

プレスリリース

ボッシュは、フリート運用者、リース会社や保険会社に詳細なリアルタイム情報を提供してインテリジェントなフリート管理に役立てる新しいテレマティクス サービス「コネクテッド フリート マネージメント」を提供することになりました。このサービスでは、車両に設置したセントラル コントロール ユニットがオンボード ダイアグノシス(OBD)インターフェースを通じて走行/整備データを収集し、それらを暗号化して安全にボッシュのサーバーに送信し、そこで収集されたデータの解析を行います。そして、この処理を終えたデータはフリート運用者に提供されます。こうした相互のリンクを通じて、フリート運用者はフリート車両のインテリジェントな管理のためにこのデータを役立てることができ、車両あたりの総コストの削減、点検・修理作業の事前計画の策定、車両の使用状況の管理を行いやすくなります。しかも、このシステムを利用すれば、フリート運用者はわずか数カ月でコストの元を取ることができます。

モジュラー式デザインのボッシュのフリート管理
ボッシュは幅広いテレマティクス サービスを提供しているため、フリート運用者は特定の要件に合わせて各種モジュールを組み合わせ、独自のプログラムを作成することができます。また、ボッシュのコネクテッド フリート マネージメントはマスター データの管理や報告・操作のための効率的なツールとなっており、将来的には外出先でも主要機能の操作や監視をスマートフォン アプリ経由で行えるようになる予定です。このシステムは走行距離やテキスト形式のエラー コードといった車両の状態や整備の予約に関する情報を定期的に提供し、万が一事故が発生した場合には主要データを保存し、フリート管理者に伝えることができるようになっています。

自動車整備工場の予約も、より計画的に行えるようになるため、車両を利用できない時間を最小限に抑えられるほか、必要な修理を予測することで営業中の故障を回避することができます。さらに、ボッシュのコネクテッド フリート マネージメントは走行スタイルに関する確実な情報を提供でき、燃費、ルート、走行プロファイル、速度や加速に関する情報を収集・分析することができます。このデータの転送には、ボッシュ子会社のEscryptが開発した最先端の暗号化技術が用いられています。これらのデータは、フリート車両の最適化とコストの削減だけでなく、燃費の良い穏やかな走行スタイルや交通安全を積極的に奨励するために、従業員やドライバーの独自トレーニングに役立てることもできます。

さらに、GPSにより車両の位置を特定できるため、フリート車両の運用効率を高める追加措置、例えばドライバーの電子ログブック、車両追跡、ジオ フェンシング、盗難警告などを講じられるようになるほか、事故や故障が発生した場合にも的確な支援を行いやすくなります。例えば、故障時には遠方からでも故障メモリを読み出せるため、初期の車両診断を素早く行えます。また、システムが事故を認識すると、事前に顧客の同意を得た連絡先に状況が伝えられます。その際、ボッシュのコミュニケーション センターがサービス プロバイダーとして24時間対応し、ボッシュのスタッフが車両の乗員に連絡を取り、必要に応じて警察と救急サービスに通報します。イグニッション スイッチがオフの状態で車両が移動した場合には、盗難に遭ったと判断され、同じくセンターに警報が伝えられます。

車種の異なるフリート車両でも一様なフリート管理が可能に
世界の自動車業界のシステム サプライヤーであるボッシュはさまざまなモデルやメーカーの車両データに関する幅広い知識を持っており、フリート車両の構成がどのような形であっても、フリート車両全体に適用できるフリート管理ソリューションを顧客に提供することができます。


このプレスリリースは2014年9月16日に Robert Bosch GmbH より発行されました。
原文をご覧ください。
オートモーティブ・アフターマーケット事業部(AA)では、乗用車および商用車向けに、幅広い車両診断・修理機器ラインナップおよび修理工場向けの新品またはリビルト補修パーツをアフターマーケット市場とボッシュのサービスショップを通して世界に展開しています。ボッシュはOEM製品の補修部品をはじめ、ボッシュがアフターマーケット用のアクセサリーおよび補修サービスパーツを開発・製造し、世界150カ国に1万8,000人以上の従業員とグローバルなロジスティックネットワークを有し、65万点におよぶ各種補修パーツをお客様へより早く確実にお届けしています。また、車両診断機器事業として、オートモーティブ アフターマーケット事業部では、車両診断および修理技術、診断機器用ソフトウェア、サービス トレーニングと各種情報を提供しており、当事業部では、世界最大となる独立系修理工場ネットワークであるボッシュ カーサービスを1万6,500店舗世界に展開し、同時に800店舗以上の「Auto Crew」をパートナーの修理工場ネットワークとして展開しています。

さらに詳しい情報については www.bosch-automotive.com をご覧ください。

ボッシュ・グループは、グローバル規模で革新のテクノロジーとサービスを提供するリーディング・カンパニーです。 暫定決算における2014年の従業員数は約290,000人、売上高は489億ユーロを計上しています。事業はモビリティ ソリューションズ、産業機器テクノロジー、消費財、エネルギー・建築関連テクノロジーの4事業セクター体制で運営しています。ボッシュ・グループは、ロバート・ボッシュGmbHとその子会社約360社、世界約50カ国にあるドイツ国外の現地法人で構成されており、販売、サービス代理店のネットワークを加えると、世界の約150カ国で事業展開しています。この開発、製造、販売のグローバル・ネットワークが、ボッシュのさらなる成長の基盤です。2014年にボッシュは全世界で約4600件の国際特許の基礎特許(第一国出願)を出願しています。私たちボッシュ・グループはコネクテッドライフに向けたイノベーションの提供を戦略的目標に定め、革新的で人々を魅了する全製品とサービスを通じ、人々の生活の質を向上します。つまりボッシュはコーポレートスローガンである「Invented for life」-人と社会に役立つ革新のテクノロジーを生み出していきます。

さらに詳しい情報は、以下のサイトをご参照ください。
www.bosch.com ボッシュ・グローバル・ウェブサイト(英語)
www.bosch-press.com ボッシュ・メディア・サービス(英語)
https://twitter.com/BoschPresse ボッシュ・メディア 公式ツイッター(ドイツ語)
www.bosch.co.jp ボッシュ・ジャパン 公式ウェブサイト(日本語)
https://twitter.com/Boschjapan ボッシュ・ジャパン 公式ツイッター(日本語)
https://www.facebook.com/bosch.co.jp ボッシュ・ジャパン 公式フェイスブック (日本語)
https://www.youtube.com/boschjp ボッシュ・ジャパン 公式YouTube(日本語)

PI8682 | 2014/09/16

報道関係者様向けご対応窓口

Heiderose Dreiner

+49 721 942-3145

情報をシェアする