経営情報

世界記録をもつ乾燥機と燃料電池
エネルギー効率の向上に寄与するボッシュの技術
予測ナビゲーションで燃費を向上

  • 多数の建築実績がある「エネルギー プラス ハウス」
  • 成功例:直噴システムで燃費を最大15%向上
  • 最新の研究テーマ:波力エネルギー発電
テキストを保存
  • 2014/10/21
  • 経営情報
  • プレスリリース
  • 画像: 3点

画像 (3点)

すべての画像を表示

プレスリリース

ボッシュが提供する最新の暖房システムがドイツで全国的に使用されるようになれば、ドイツ国内だけで年間5,000万トンのCO2排出量を削減することができます。エネルギー効率を向上させるためには、さまざまな方法があります。

シュトゥットガルト-国連気候変動に関する政府間パネル(IPCC)の報告書は、断固とした措置を講じれば、地球環境の温暖化により予見される2℃以上の温度上昇を回避できると述べています。そのための大前提の1つが、エネルギー効率の向上です。報告書によると、「建築部門では、先端技術の採用、エネルギー効率の向上を目的とした既存の建造物のリノベーション、そして新築ビルのエネルギー効率基準導入により、2050年までに最終エネルギー消費量を安定化ないし現状よりも低減することができる」とされています。

報告書はさらに、「産業部門のエネルギー消費量は、利用可能な最善の技術を用いることで、直接的に25%前後抑えることができる」と述べています。また、エネルギー効率の改善により、さらに20%前後のエネルギーを追加的に節約できるという指摘もなされています。

ボッシュはすでに、そのために必要な技術を製品ポートフォリオに採り入れ、環境関連や省資源に貢献する技術・製品で売上高の40%以上を確保しています。以下に、その製品群の例をご紹介します。

arrow right建築関連テクノロジーのエネルギー効率向上の例

  1. ドイツのヴェッツラーに建設した「エネルギー プラス ハウス」は、居住者が1年間に消費する量を上回るエネルギーを生み出しています。この住宅を建設したのは、Bosch Thermotechnology、Buderus Immobilien GmbH(BIG)、およびSchwörerHausが参加するプロジェクト チームの「ブデルス」です。 http://bit.ly/R55J83

  2. ケルン・ボン空港のエネルギー効率向上:ボッシュが実施した空調設備の技術転換により、空港の第2ターミナル ビルの外壁にあった342台の空調用室外機の運転を停止させることができました。また、冷気がビル内に侵入するのを防ぐ目的で屋外に通じるゲートに設置されている9基のエア カーテン システムを、外気温度が非常に低いときでも作動させる必要がなくなりました。技術転換により、空港の空調設備は基本的に部分負荷モードで運転しており、エネルギー コストは約40%削減でき、CO2排出量も年間1,800トン減少しました。http://bit.ly/1hk6O5w

  3. 南ドイツのバーデンヴュルテンベルク州グラーフェンハウゼンにある州政府所有の醸造所「ロートハウス」では、2008年にボッシュのバイオマス ボイラー設備を導入し、工場の稼働に必要な蒸気と熱エネルギーを生産しています。このボイラー設備は、エネルギー コストの節減を可能にしただけでなく、CO2排出量の年間3,000トンの削減につながりました。このボイラーの燃料となっているのは、シュヴァルツヴァルトの森林地帯から年間を通じて安定供給される天然のウッドチップです。 http://bit.ly/Q8K0e3

  4. ボッシュのサーモテクノロジー ブランドであるブデルスの製品ポートフォリオに含まれる製品のひとつに、「Logapower FC10」があります。これは分散設置型のコージェネ(熱電併給)システムで、新設はもちろん、既存のエネルギー設備と入れ替えて設置することもできます。燃料電池技術をベースとするこのシステムは、熱/電気を大量に必要とする1世帯または2世帯住宅のエネルギー需要をカバーできます。また、電池は天然ガスを燃料とし、コージェネ方式で電気と熱エネルギーの両方を生産します。発電効率は40%強、総合効率は90%に達し、市販されている分散設置型コージェネ システムとしては最高レベルの効率を発揮します。 http://bit.ly/Q8I2KR

  5. ドイツのホームセンターであるOBIは、ハイデルベルク店でカーボン ニュートラルな暖房システムを使用しており、その熱エネルギーは近くにあるボッシュ製のバイオマス焚きボイラーから供給しています。また、熱と一緒に生産された電力は、隣接するEternit AGのエネルギー需要の大半を賄っています。こうして地元産バイオマスを利用することで、輸送経路を短縮できるだけでなく、地元経済の活性化に寄与し、さらにCO2排出量の削減も実現しています。 http://bit.ly/1hDfGy7

  6. ドイツのヴォルムス市で公共プールを運営するFreizeitbetriebe Worms GmbHは傘下の屋内プールのひとつで暖房/換気設備の近代化を進め、ボッシュの制御モジュールを採用することで、屋内プール内のこもるような空気を一掃しました。建物の内部全体が快適な室温に保たれ、しかもエネルギー コストと維持費を30%節約することに成功しました。http://bit.ly/1jLfb6Y

  7. ニュージーランドでは、畜産農家が乳製品工場設備の清掃で毎日必要となるお湯を確保するために、電熱システムの代わりにガス焚きヒーターを採用しました。もちろん、これもボッシュの技術です。このヒーターを採用したことで、エネルギー コストを60%近くに削減できただけでなく、温室効果ガスの代表格であるCO2の排出量も低減することができました。従来の電熱システムをガス焚き設備に素早く、しかも高いコストパフォーマンスで変更できたのは、ボッシュの特許技術である特殊バルブを使用したためです。

  8. 教育施設であるBildungszentrum Worms(BIZ)は現在、Bosch Energy and Building Solutions(BEBS)の換気製品とサービスを利用しています。近代化プロジェクトの一環として、建物の外装を改修し、建物における技術のアップグレードを図りました。これにより、建物のエネルギー効率は新築ビルに適用される法定基準値を40%以上超過達成できるまでになりました。 http://bit.ly/1n71eDL

  9. ボッシュが提供する最新の暖房システムが全国的に普及すれば、ドイツ国内だけで年間5,000万トンのCO2排出量を削減できます。なお、これはドイツで輸送機関が排出するCO2のほぼ3分の1に相当します。ボッシュの製品群には、燃料コストと維持費の大幅節減に寄与する石油焚きコンデンシング ボイラーも含まれます。ブデルス製の「Logano plus GB145」はモジュラー構造を採用しており、非常に優れた柔軟性により、その時々の熱需要に合わせて出力を自在に調整することができます。 http://bit.ly/Q8IHf8

  10. ボッシュが提供するサービスのひとつに、オンライン エネルギー効率アドバイザーがあります。住宅の所有者が建物のデータを入力すると、屋根からボイラーに至るまで住宅のリノベーションのプランを提案するというシステムで、このツールはフラウンホーファー建築物理研究所(IBP)が提供する数値データを利用しています。 http://bit.ly/1faAgvP
arrow right換気制御の改善による省エネルギー

ボッシュ子会社のBosch Energy and Building Solutions(BEBS)のエンジニアは、隠れた効率改善の余地を見つけ出すためにさまざまな貢献をしています。その時々の実際の需要に応じた換気制御や、生産工程で生じた廃熱によるオフィス暖房などの方法により、商業用ビルのエネルギー消費量を平均20%抑えられるまでになりました。BEBSゼネラル マネージャーのミヒャエル・ブリッヒマンはこう述べます。「この種の投資の多くは2~3年で償却できます」。 http://bit.ly/1hBdaxp

従来型の換気システムでは、空気を特定の方向に強制的に循環させてきましたが、最善の混合効果が得られない場合もよくあります。その結果、温度分布に偏りが生じ、冷たい隙間風が吹きこんでくるように感じる空間ができてしまいます。また、相対的に多量の外気を取り入れる必要があります。そしてその空気を、夏は冷却し、冬は暖める必要があるのです。決してよいとはいえない室内環境が生成される上に、エネルギー コストは上昇します。他方、ボッシュの革新的な換気制御アルゴリズムでは、空気がさまざまな方向に流れ、室内に均等に配分されます。これにより温度のばらつきが解消し、室内の一様な換気が可能になり、省エネ効果は70%以上に達しますhttp://bit.ly/1n71eDL

arrow right居住者自身の使用のためにエネルギーを蓄積

  1. もしソーラー パワーを深夜に利用することができたら?太陽光発電システムが電力を生み出すのは日中のことで、その間、住宅は誰もいない状態であることも少なくありません。そして、電気の消費がピークに達する夕方以降では、太陽はすでに沈んでいます。この電力の供給と需要の時間帯の差を埋めてくれるのが、エネルギー貯蔵システム「BPT-S 5 Hybrid」です。 http://bit.ly/1izPEhO

  2. ボッシュは、ドイツのフランクフルト郊外で開発が進む、総戸数180戸からなるケルスターバッハ複合住宅に柔軟性の優れたエネルギー貯蔵システムを納入しています。このシステムの設置容量は135 kWhに達し、これで4人構成の標準家庭10世帯の1日の電力需要を十分カバーできる計算になります。このエネルギー貯蔵システムは、複合住宅で生産した電力を現地で無駄なく有効利用する道を開くことになります。 http://bit.ly/R57r9o

  3. 断続的な風力を電源として活用:ドイツ北部ブラーデルップ市の地域風力発電基地に、欧州で最大規模となるハイブリッド バッテリーが設置されました。このシステムは風力で発電した電力を蓄積し、余った電力を公共電力網に供給することもできます。システムの総容量は3メガワット時(MWh)で、2 MWhのリチウム イオン蓄電装置と1 MWhのバナジウム レドックス フロー バッテリーで構成されています。http://bit.ly/Eroeffnung_Braderup
arrow right製造現場のエネルギー効率の向上

スウェーデンのメランセルにある製造工場で、Bosch Rexroth AGは舶用大型エンジンの製造、原料の抽出とリサイクルを行っています。エンジンは海水に曝され、腐食するのを防止するために何重ものコーティングが施されます。そのコーティング作業を受け持つオンサイト ペイントショップが近代化され、75%の省エネ効果を実現しました。エネルギー効率を改善するためにヒートポンプ技術を使ったエネルギー回生システム、旧工場の乾燥トンネルに代わる複数の小型乾燥ブースの導入などが採用されました。新設した自動組立ラインでは、1日に40~60基のエンジンの塗装が行われています。次回の拡張では、年産1万2,000~1万6,000基を目指しています。

arrow right家庭用電化製品のエネルギー効率の向上

  1. 洗濯室のワールド レコード ホルダー:ボッシュの新しい衣類乾燥機「HomeProfessional WTY887W3」は、現時点で経済性と静音性の面でクラストップの性能を誇ります。年間のエネルギー消費量は158 kWhで、最優秀の効率クラスA+++に合格するために必要な基準値を10%上回っています。エネルギー効率が高い理由のひとつは、最適化したEcoSilenceコンプレッサーによる、非常に高速かつ柔軟な冷媒の圧縮にあります。もうひとつの要素は、ボッシュが特許を持つ、自己浄化機能付きコンデンサーです。自動すすぎ機能があるため、このコンデンサーを洗浄する必要はありません。こうして、この乾燥機の電気消費量はその製品ス寿命を通じて低水準にとどまります。 http://bit.ly/1oCHx6A

  2. ボッシュの冷蔵庫「KSV36AW40」もA+++のエネルギー効率評価を獲得しており、年間の電気消費量はわずか75 kWhです。つまり、18 Wの節電型電球の半分の消費電力で済むのです。なお、18 Wの電球を365日、1日24時間連続点灯した時の電気消費量は157.68 kWhに達します。 http://bit.ly/1gP2V3t

  3. EUのエネルギー ラベル表示で見てみると、BSH (Bosch und Siemens Hausgeräte GmbH)の製品ポートフォリオには節電商品群が揃っています。電力や用水の消費量が非常に少なく、それぞれの商品カテゴリーでエネルギー効率が最も高い商品群に属しています。例えば洗濯機、食洗機や冷蔵庫は、評価がA+++またはA++、調理器、オーブンや乾燥機なども、最も効率的な機種はAの評価を獲得しています。2011年にボッシュが販売した家電製品全体で、合計18億7,000万kWhの節電を実現できた計算になります。これは平均的な家庭52万5,000世帯分の年間電気消費量に相当します。 http://bit.ly/P2FL2T
arrow right私たちのエネルギーの未来を探る

  1. ボッシュは、ダルムシュタット工科大学が主導する「学際的技術と応用研究のための省エネ工場(eta factory)」プロジェクトに、産業パートナー兼研究パートナーとして参加しています。このプロジェクトは、工業生産におけるエネルギー消費を一段と削減し、効率化することを目標に掲げており、プロジェクトのメンバーはエネルギー消費量を最大で40%削減できると考えています。 http://bit.ly/1qw2jVW

  2. ボッシュは研究開発予算のほぼ半分を、資源の節約と環境保護に寄与する技術の研究に投じています。2013年だけでボッシュは総売上のほぼ10%に相当する約45億ユーロを研究開発に投じ、全世界で約5,000件の国際特許の基礎特許(第一国出願)を出願しています。

  3. ボッシュは、超短パルスレーザーを使ってきわめて精度の高い穿孔加工を行う新技術を開発し、工業規模で利用できるまでに高めました。この方法を使用すれば、例えばガソリン インジェクション ノズルのボアに精密加工を施し、燃焼室内の燃料分布を最適化して、ガソリン直噴システム搭載車の燃費を最高15%向上させることができます。このアイデアを共同で生み出したボッシュ、TRUMPF Laser GmbH、およびドイツ・イエナのフリードリヒ・シラー大学の研究者チームは、2013年にドイツ連邦大統領からドイツ未来賞を授与されました。 http://bit.ly/1nnIYpT

  4. 環境にやさしい波力エネルギー発電:ボッシュの研究施設において、波力エネルギーをどのように電気に変換できるかを示すデモ モデルが発表されました。開発したのは企業4社と2大学で構成され、公的助成を受けて研究を進めているグループで、世界中の海岸地帯で利用できる持続性のある波力発電技術の確立を目指しています。 http://bit.ly/Q8G3pY
arrow rightパッケージング テクノロジー関連のエネルギー効率の向上

ボッシュのパッケージング テクノロジーが提供する食品包装ラインは、1台でチョコバーやビスケットなどの包装工場で使用するプラスチック フィルムを年間平均で約39万㎡節約することができます。なお、これはサッカーグラウンド54面分の広さに相当します。その秘密は、パッケージのシールに使う超音波技術にあります。シール形成時のフィルムのオーバーラップを非常に小さくすることで、大きな節約が可能になりました。年々これだけの量の包装資材を節約できるだけでなく、必要量以上のフィルムを生産・プリント・輸送しなくて済みます。 http://bit.ly/1k4PuCc

arrow right自動車機器テクノロジー関連のエネルギー効率の向上

新車の経済性の向上に寄与するボッシュのさまざまな技術:
  • CVT – 燃費を最高7%向上します。

  • スタート/ストップ – 信号待ちをしている間の燃料消費量を抑え、燃費を少なくとも5%向上します。

  • 電動化 – 燃費を最高60%向上します。

  • アダプティブ クルーズ コントロール(ACC) – 車両の定速走行を支援し、燃費を最高5%向上します。 http://bit.ly/1kNjaC9

  • ガソリン直噴システム – 最大15%の燃費向上を可能にします。 http://bit.ly/1e4dvJc

  • ボッシュは、ドライバーのブレーキ操作を状況に応じて支援する電動ブレーキ ブースター「iBooster」を開発しました。このiBoosterはハイブリッド車と電気自動車の効率を一段と高め、制動距離の短縮によって安全性を向上します。車両デザインにもよりますが、iBoosterを使用すれば、電気自動車の航続距離を最大20%伸ばすことができるほか、スタート/ストップ機能やコースティングなど、一時的にエンジンを停止して燃費向上を図る機能をいっそう包括的に活用できるようになります。
    ハイブリッド車と電気自動車において、期待される走行距離と燃費効率を達成するには、できるだけ多くの制動エネルギーを回生し、電気エネルギーに変換することが必要です。理想とされるのは、モーターで電気に変換された分だけ車両の運動エネルギーが失われ、減速するようなシステムの実現です。これが可能になれば、ブレーキングにより貴重なエネルギーが失われるのを回避できるからです。さすがにそこまでは実現できていませんが、iBoosterは一般的に行われるブレーキング操作時に失われるはずのエネルギーのほとんどを回生することができます。 http://bit.ly/1qXPEeE

  • ボッシュのスタート/ストップ コースティングは、車両が惰性だけで速度を保てる場合、例えば緩やかな下り坂でエンジンを停止する機能で、ドライバーがアクセル ペダルやブレーキ ペダルに触れると、エンジンは直ちに再始動する仕組みとなっています。ボッシュが実施したテストでは、走行時間の約30%で内燃機関を働かせる必要がないことが証明されました。これはつまり、車両はあらゆる走行区間の約3分の1をコースティングで対応できるということを意味しています。コースティングは新欧州ドライビング サイクル(NEDC)では考慮されていないものの、この機能があれば、実際の交通状況下で燃料も約10%節約できる計算です。燃費の向上はまた、CO2排出量の低減にもつながります。ドイツ国内では2012年に約300万台の新車が販売され、年間走行距離の平均は約1万1,500 kmに達するとの統計結果があります。すべての新車にこのコースティング システムが装備され、その結果CO2 排出量を10 g/km低減することができれば、理論的にはCO2排出量を年間3万トン以上抑えられる計算となります。 http://bit.ly/J1gSlo

  • 発進・停止を繰り返す走行状況下では、ボッシュのeクラッチがあれば、マニュアル トランスミッション装備車のドライバーは、クラッチを操作せずに1速で走行することができます。この電子制御式クラッチは、オートマチック トランスミッションとマニュアル トランスミッションのギャップを埋める役割を担っています。また、eクラッチがあれば、燃費向上につながるコースティング(惰性走行)もできるようになります。 http://bit.ly/1ixpGdr

  • 商用車のより経済的な走行を支援するのが、ボッシュの画期的なナビゲーション システム「Eco.Logic motion」です。メルセデス・ベンツの新しいアクトロスでは、エンジン マネジメントとトランスミッション コントロールが道路の勾配情報をもとに効率的な走行ストラテジーを計算します。上り坂に差しかかる前に、適切なタイミングで車両を加速し、無駄なギヤ シフトを避けることで、燃費を平均 3%向上することができます。 http://bit.ly/RlGGxz

  • 将来の自動車交通では、eモビリティが大きな役割を担う見通しです。ボッシュはこの分野ですでにしっかり足元を固め、電動モーター、パワー エレクトロニクス、エネルギー回生ブレーキ システム、バッテリー システムなどの必須コンポーネントを製品化しています。市場が本格的に立ち上がるのは2020年以降と見られるものの、ボッシュは一足早く、2014年末までに量産車向けの電動パワートレインに関係する30件の開発プロジェクトを終了させる方針です。電動パワートレイン システム関連では、2020年までにバッテリーのエネルギー蓄電容量を2倍に上げることと、希土類元素使用量の少ない、あるいはまったく必要としない電気モーター コンセプトの確立を目指しています。ロバート・ボッシュGmbH取締役会会長で、研究開発・先端エンジニアリングを担当するフォルクマル・デナーはこう述べています。「eモビリティは、今はまだニッチ市場だが、2020年以降にはマスマーケットとして発展する可能性が大きい。2020年までに、電気自動車の航続距離が少なくとも300 kmに延びると確信しています」

  • eモビリティは伝統的な製品事業をはるかに凌駕しています。ボッシュは、eBikeやeスクーター向けのコンポーネント開発を通じて、大都市圏におけるマルチモーダル交通コンセプトをサポートしようとしています。それに必要なインフラの開発をボッシュ子会社のBosch Software Innovationsが進めています。これが実現すれば、電気自動車ユーザーがエネルギーを補給するために、さまざまなプロバイダーが運営する充電スポットを利用できるeローミングが可能になります。Bosch Software Innovationsはすでに、自動車メーカーと電力グループが設立したコンソーシアムのBerliner Hubject GmbH向けに、そのためのソフトウェア プラットフォームを開発しました。
arrow rightコージェネ、廃熱回生、有機ランキン サイクル(ORC)による省エネ

ボッシュはこれまでに1,200基のコージェネ設備と熱/電力の生産を目的とした廃熱発電設備を設置し、2020年までにその数を5,000基以上に増やす計画です。
コージェネ(CHP)設備は、電力と熱を同時に生産します。例えばバイオガス燃料の内燃機関では、発電機を駆動し、その際に生じる廃熱で水を加熱します。このため、コージェネないし熱併給発電の呼び名が与えられています。

温水は一般に、CHP設備の近隣に立ち並ぶ住宅の暖房に使われますが、地域暖房ネットワークに供給されることもあります。電力と熱を一緒に生産することで、大型発電所で電力だけを生産し多数の住宅用小型サーモ テクノロジーで熱を発生させるのに比べ、エネルギー効率が格段に上がります。CHPは、少ない燃料で同量の電力と熱を生成できるため、財布にも環境にもやさしいエネルギー技術となるだけでなく、エミッションも減少できます。それも、CO2排出量のみならず、NOX(窒素酸化物)とCO(一酸化炭素)の排出レベルも、法定限度に比べて大幅に抑えられます。 http://bit.ly/1ilaljZ

一次エネルギー効率は、標準的なソリューションに比べて40%も向上します。Bosch KWK Systeme GmbHが開発したCHP設備の場合、総合効率は最高95%にも達します。ちなみに、電力は発電所で、熱はボイラーで生成する従来方式のエネルギー システムでは、総合効率はせいぜい56%程度にとどまります。ボッシュのCHP設備は、多くのケースで経済性と生態学的バランスの改善に寄与します。それを示す一例が、シュレスヴィヒ=ホルシュタイン州にある下水処理場です。ここでは、48万人以上の住民が暮らす地域で発生する3,000万m3以上の汚水が処理されています。この下水処理場に設置したCHP設備は、発電効率が41%、総合効率はほぼ84%に達しています。http://bit.ly/Q99bh0

蒸気ボイラーからの廃熱回生
Bosch Industriekessel GmbHの廃熱回生蒸気ボイラーは、コージェネを含む高効率エネルギー コンセプトを補完するもので、煙道ガスの熱をプロセス蒸気に効率的に変換します。仕様にもよりますが、1時間あたり400~4,100 kgの蒸気を生成できます。この廃熱回生ボイラーをコージェネ設備と併用した場合、一次エネルギーの効率的使用に向けて重要な役割を果たします。熱利用というこの追加オプションを採り入れると、コージェネ設備の規模を火力発電設備に比べて大型化することができます。その結果、設備運営者は自身が必要とする電力の多くを自家発電で賄えるようになり、エネルギーコストの節約、ひいては償却期間の短縮にもつながります。 http://bit.ly/1hDlzeN

有機ランキン サイクル(ORC):廃熱を電力に変換
世界中で消費されるエネルギーの大半は、最終的に廃熱として失われています。これは非常に高価な無駄遣いとなっているだけでなく、一次エネルギーの大部分が化石燃料であることを考えた場合、気候変動を引き起こす大きな要因ともなっています。

Bosch KWK Systemeは、廃熱を利用して電力を生産する有機ランキン サイクル(ORC)ソリューションを提供しています。このプロセスのベースとなっているのは、比較的低温の熱源からでも電力を生産できる有機冷媒です。ORC技術では、廃熱を熱交換器で回収し、その熱エネルギーをクローズド サイクル回路を流れる熱媒に伝え、熱媒の高圧蒸気を発生させます。その圧力でタービンを回し、発電機を駆動させます。蒸気は空冷式熱交換器で余熱を棄て、自身は液体に戻り、冷却された後に蒸発サイクルへと還流します。発生した電力は、それぞれの状況次第で公共電力網に給電することも、自家消費することもできます。 http://bit.ly/1t4r9jP


このプレスリリースは2014年10月21日に Robert Bosch GmbH より発行されました。
原文をご覧ください。
ボッシュ・グループは、グローバル規模で革新のテクノロジーとサービスを提供するリーディング・カンパニーです。 暫定決算における2014年の従業員数は約290,000人、売上高は489億ユーロを計上しています。事業はモビリティ ソリューションズ、産業機器テクノロジー、消費財、エネルギー・建築関連テクノロジーの4事業セクター体制で運営しています。ボッシュ・グループは、ロ バート・ボッシュGmbHとその子会社約360社、世界約50カ国にあるドイツ国外の現地法人で構成されており、販売、サービス代理店のネットワークを加 えると、世界の約150カ国で事業展開しています。この開発、製造、販売のグローバル・ネットワークが、ボッシュのさらなる成長の基盤です。2014年に ボッシュは全世界で約4600件の国際特許の基礎特許(第一国出願)を出願しています。私たちボッシュ・グループはコネクテッドライフに向けたイノベー ションの提供を戦略的目標に定め、革新的で人々を魅了する全製品とサービスを通じ、人々の生活の質を向上します。つまりボッシュはコーポレートスローガン である「Invented for life」-人と社会に役立つ革新のテクノロジーを生み出していきます。

ボッシュの起源は、1886年に創業者ロバート・ボッシュ(1861~1942)がシュトゥットガルトに設立した「精密機械と電気技術作業場」に遡りま す。ロバート・ボッシュGmbHの独自の株主構造は、ボッシュ・グループの財務上の独立性と企業としての自立性を保証するものです。「株主(利益配当)」 と「経営(議決権)」が完全に分離した企業形態によって、ボッシュは長期的な視野に立った経営を行い、将来の成長を確保する重要な先行投資を積極的に行う ことができるのです。ロバート・ボッシュGmbHの株式の大半は非営利組織である公益法人「ロバート・ボッシュ財団」(持株比率92%、議決権なし)が保 有しています。議決権の大部分は株主の事業機能実行機関である共同経営者会「ロバート・ボッシュ工業信託合資会社」が保有しています。残りの株式と議決権 は創業家であるボッシュ家とロバート・ボッシュGmbHが保有しています。

さらに詳しい情報は、以下のサイトをご参照ください。
www.bosch.com ボッシュ・グローバル・ウェブサイト(英語)
www.bosch-press.com ボッシュ・メディア・サービス(英語)
https://twitter.com/BoschPresse ボッシュ・メディア 公式ツイッター(ドイツ語)
www.bosch.co.jp ボッシュ・ジャパン 公式ウェブサイト(日本語)
https://twitter.com/Boschjapan ボッシュ・ジャパン 公式ツイッター(日本語)
https://www.facebook.com/bosch.co.jp ボッシュ・ジャパン 公式フェイスブック (日本語)
https://www.youtube.com/boschjp ボッシュ・ジャパン 公式YouTube(日本語)

PI8592 | 2014/10/21

報道関係者様向けご対応窓口

Thilo Resenhoeft

+49 711 811-7088

情報をシェアする