モビリティ ソリューションズ

自動運転機能搭載の新しいテスト車両
2台の電気自動車がボッシュのテスト車両に加入

  • テスラ モデルSをベースにした自動運転用のテスト車両
  • ボックスベルクでのインターナショナル オートモーティブ プレス ブリーフィング2015で発表
  • ボッシュは様々なタイプの量産車に対応可能な自動運転システムを開発
  • テスト車両への改造には、50の新しいボッシュ製コンポーネント、ケーブル1,300 m、1,400時間の作業時間を要する
  • 高度に自動化された車両をすでに公道で試験
テキストを保存
  • 2015/05/19
  • モビリティ ソリューションズ
  • プレスリリース
  • 画像: 1点

画像 (1点)

すべての画像を表示

プレスリリース

テスト車両は通常、測定装置やセンサー、機器類を装備しているため、すぐにテスト車両だと分かるものです。しかし、今回ボッシュのテスト車両に追加されたテスラの新型モデルSの場合は違います。この2台のテスト車両は、自動運転システムのさらなる改良に取り組んでいるエンジニアの大きな力になっています。このテスト車両は一見したところでは、一般の量産モデルと区別することはできません。「ボッシュは、様々なタイプの量産車に対応可能な自動運転システムを開発しています」と、ボッシュ取締役会メンバーのディルク・ホーアイゼルは述べます。新しいテスト車両は、必要なシステムとコンポーネントの統合に関してボッシュがこれまで推し進めてきた進歩を証明するもので、ドイツ/ボックスベルクで2015年5月19~21日に開かれる第62回インターナショナル オートモーティブ プレス ブリーフィングで公開される予定です。

1,400時間の作業を経て高度な自動運転が実現
テスト車両を自動運転に合わせて調整するためにまず必要となったのは、車両の改造でした。このために各車両に50個の新しいボッシュ製コンポーネントが取り付けられ、車線、交通標識、空きスペースを認識するために車両が使用するステレオビデオカメラ(SVC)も組み込まれました。ボッシュのこのSVCは、自動車アプリケーション向けに現在市販されているステレオカメラシステムの中では最小サイズとなっており、非常にコンパクトであることから、車両に簡単に組み込むことができます。このカメラのほか、1,300 mのケーブルがそれぞれの車内に配線され、400個のケーブルタイで固定されました。「作業に1,400時間もの時間を投入し、各テスト車両を高度な自動運転に対応できるよう整えました」(ホーアイゼル)。こうしたボッシュのテクノロジーにより、2台のテスラ車両は現在、ドライバーが常時監視しなくても高速道路の入口から出口まで自律走行できるようになりました。

改造にこれほど多くの時間と手間が必要になったのは、ドライバーから車両に責任を委譲することの難しさにあります。たとえひとつのコンポーネントが故障したとしても、高度に自動化された車両が安全に動作できるようにしなくてはならないのです。そうした動作信頼性を得ることは、ブレーキやステアリングなどのセーフティクリティカルシステムの冗長性を考慮したデザイン戦略によって可能になります。そのため、テスト車両にはいずれも、電動ブレーキ ブースター「iBooster」とブレーキコントロールシステムである横滑り防止装置ESC(エレクトロニック スタビリティ コントロール)が装備されています。これらのボッシュ製コンポーネントは、ドライバーの介入を必要とせず、互いに依存することなく車両を制動することができます。「ボッシュがここで特に重視している原則は、何より『安全第一』です」(ホーアイゼル)。また、電源や重要なECUのためのバックアップシステムも両テスト車両に用意されています。

数千kmを問題なく走破
2011年以降、ボッシュでは2つの大陸にまたがる2つのチームが自動運転に取り組んでいます。ドイツのアプシュタット拠点では、ボッシュのエンジニアたちがシステムの統合に力を注ぎ、カリフォルニア州シリコンバレーのパロアルトにいるエンジニアたちは各機能の開発を進めています。この2つのチームは世界中のボッシュで働いている約2,000人のドライバー アシスタンス エンジニアのサポートを受けており、両チームで可能な限り円滑に結果を共有できるよう、ボッシュは同じテスト車両を使用しています。米国の自動車メーカー、テスラ社が製造した純粋な電気自動車であるモデルSをボッシュが選定した理由についてホーアイゼルはこう説明します。「このモデルは、電動化と自動化という自動車業界の2つのトレンドを兼ね備えているからです」。特有の問題もありますが、ボッシュはその難題に果敢に挑戦しているとホーアイゼルは語ります。

ボッシュは、2013年初めから公道での自動運転試験を開始しました。これまで使用してきたテスト車両のベースとなったのはBMW 325dツーリングで、この車両をもとに、エンジニアたちは高速道路(シュトゥットガルト近郊のA81とカリフォルニアのI280)で数千kmを走破することに成功しました。なお、初回のテスト走行を実施する前に、この目的のためにボッシュが特別に用意した安全コンセプトについて、ドイツの認証機関であるTÜV Südによる審査を受けています。また、車両に搭載されたテクノロジーは高速道路のいかなる交通状況にも対応できるよう設計されてはいるものの、そのハンドルを握るドライバーは特殊な訓練を受けています。ボッシュのこれらのテストドライバーは、安全注意事項を十分に理解するだけなく、数日間におよぶトレーニングコースも修了しています。

関連リンク:www.automated-driving.com


このプレスリリースは2015年5月19日に Robert Bosch GmbH より発行されました。
原文をご覧ください。
ボッシュ・グループ概要
モビリティ ソリューションズは、ボッシュ・グループ最大の事業セクターです。2014年の売上高は333億ユーロで総売上高の約68%を占めています。モビリティ ソリューションズの売上により、ボッシュ・グループはリーディングサプライヤーの地位を確立しています。モビリティ ソリューションズは、自動化、電動化、ネットワーク化の3つの領域においてその専門性を統合させ、お客様にトータルソリューションを提供します。その事業領域は主に、内燃機関の燃料噴射テクノロジー/パワートレイン周辺機器、パワートレイン電動化の様々なソリューション、安全システム、運転支援/自動化機能、ユーザーに優しいインフォテインメントやCar-to-CarおよびCar2X通信、オートモーティブアフターマーケット向けのコンセプト/テクノロジー/サービスなどです。代替パワートレインコンセプト、ネットワーク化された効率的なパワートレイン周辺機器、アクティブ/パッシブセーフティシステム、運転支援/コンフォート機能、ユーザーに優しいインフォテインメント技術、の分野で活動しています。さらにボッシュは、電気駆動マネジメントや横滑り防止装置ESC(エレクトロニック スタビリティ コントロール)、ディーゼル用コモンテールシステムなどの重要な革新自動車技術にも対応しています。

ボッシュ・グループは、グローバル規模で革新のテクノロジーとサービスを提供するリーディング・カンパニーです。 暫定決算における2014年の従業員数は約360,000人(2015年4月1日現在)、売上高は490億ユーロ*を計上しています。事業はモビリティ ソリューションズ、産業機器テクノロジー、消費財、エネルギー・建築関連テクノロジーの4事業セクター体制で運営しています。ボッシュ・グループは、ロ バート・ボッシュGmbHとその子会社約440社、世界約60カ国にあるドイツ国外の現地法人で構成されており、販売、サービス代理店のネットワークを加 えると、世界の約150カ国で事業展開しています。この開発、製造、販売のグローバル・ネットワークが、ボッシュのさらなる成長の基盤です。2014年に ボッシュは全世界で約4,600件の国際特許の基礎特許(第一国出願)を出願しています。私たちボッシュ・グループはコネクテッドライフに向けたイノベー ションの提供を戦略的目標に定め、革新的で人々を魅了する全製品とサービスを通じ、人々の生活の質を向上します。つまりボッシュはコーポレートスローガン である「Invented for life」-人と社会に役立つ革新のテクノロジーを生み出していきます。

*公表された2014年の売上高には、現在では完全子会社化されたかつての折半出資の合弁会社であるBSH Bosch und Siemens Hausgeräte GmbH(現在はBSH Hausgeräte GmbHに社名変更)およびZF Lenksysteme GmbH(現在はRobert Bosch Automotive Steering GmbHに社名変更)は含まれていません。

さらに詳しい情報は、以下のサイトをご参照ください。
www.bosch.com ボッシュ・グローバル・ウェブサイト(英語)
www.bosch-press.com ボッシュ・メディア・サービス(英語)
https://twitter.com/BoschPresse ボッシュ・メディア 公式ツイッター(ドイツ語)
www.bosch.co.jp ボッシュ・ジャパン 公式ウェブサイト(日本語)
https://twitter.com/Boschjapan ボッシュ・ジャパン 公式ツイッター(日本語)
https://www.facebook.com/bosch.co.jp ボッシュ・ジャパン 公式フェイスブック (日本語)
https://www.youtube.com/boschjp ボッシュ・ジャパン 公式YouTube(日本語)

PI8925 | 2015/05/19

報道関係者様向けご対応窓口

Jörn Ebberg

+49 711 811-26223

情報をシェアする