モビリティ ソリューションズ

モビリティの未来に貢献
自動運転のための革新的なマップ作製技術でボッシュとTomTomが提携

  • 高度な自動運転に不可欠な高精度なマップデータ
  • ボッシュは自動運転テスト車両にTomTomのマップデータを採用
  • 自動運転の実現のために2015年末までにドイツ国内の高速道路や自動車専用道路をデジタルデータ化
  • 高度な自動運転のためのマップには10 cm単位の精度が必要
  • 共同研究を通じて革新的な車両位置決めコンセプトを開発
テキストを保存
  • 2015/07/21
  • モビリティ ソリューションズ
  • プレスリリース
  • 画像: 3点

画像 (3点)

すべての画像を表示

プレスリリース

自動運転の開発は、数多くのピースをつなぎ合わせるパズルのようなものです。その全体像に迫るべく、ボッシュはオランダのマップ・交通情報プロバイダーのTomTom社と提携することになりました。特に高度な自動運転のためのマップ分野で協力することについて、両社ではすでに合意が成立しています。今回の合意に基づき、ボッシュは自社のシステムエンジニアリング作業を踏まえてマップが満たすべき仕様条件を決定し、TomTomが必要なマップを作製することになります。すでに現在、ドイツ(A81号線)と米国(I280号線)の特定の公道でボッシュが試験走行をしている自動運転車両でこのマップが使用されています。この挑戦的な取り組みの重要性について、ボッシュ取締役会メンバーのディルク・ホーアイゼル(Dirk Hoheisel)は次のように述べました。「2020年以降、高速道路での自動運転を実現させるためには、高精度なマップデータが必要不可欠となるでしょう」。また、TomTomのヤン・マールテン・デ・ヴリーズ(Jan Maarten de Vries)自動車担当副社長も、「2015年末までに、私たちはドイツ国内の全ての高速道路や高速走行が可能な道路をカバーした自動運転のための高精度なマップを新たに完成させたいと考えています」と述べています。今後、対象となる道路はその他の欧州地域や北米にも拡大する予定です。

複数のレイヤーにより、マップの精度が著しく向上
高度な自動運転のためのマップは、現在のナビゲーションシステムで使用されているマップとは主に2つの点で異なります。そのひとつは、精度が著しく向上し、10 cm単位の精度を持つこと、もうひとつは、高度な自動運転のためのマップ素材が複数のレイヤーで構成されていることです。従来の基本的なナビゲーションレイヤーは、走行するルートの軌跡を含むAからBへのルートを計算するために使用されます。ローカリゼーションレイヤーでは高精度マップデータを提供する斬新な位置決めコンセプトが採用されており、これを用いて自動運転車両が車線内の自らの位置を正確に計算します。その際、車両は感知した周囲状況とローカリゼーションレイヤーの対応する情報を比較します。自らの位置を道路や周囲状況と相対的に較べることで、正確に車両の位置を特定するのです。ローカリゼーションレイヤーの上にあるプランニングレイヤーには、車線分離タイプ、道路標識、制限速度などの情報だけでなく、カーブや坂といった道路形状に関する3D情報も含まれています。自動運転車両ではこうした極めて詳細な車線情報を活用することで、車線変更のタイミングや方法などを決定することが出来ます。

高度な自動運転においては、運転の安全性と快適性は最新のマップ素材によって大きく依存します。たとえば、最新の制限速度情報を即座に入手できてこそ、車両は初めて先を見越した最適な走行モードを選択できるようになるのです。そして、マップデータを最新の状態に保つため、ボッシュとTomTomは複数の要素やサービスを活用しています。その一例として、TomTomのマップ作製用の車両が定期的に道路を走行し、新しい道路やルートの正確なマップ作製を進めています。また、車線設定の変更や新しい道路標識など、道路に関する最近の変更を記録するために、TomTomとボッシュは必要なセンサーを搭載した車両からのフィードバックを利用することを計画しています。このようにして収集した道路状況の変更情報はサーバーに送られ、検証後にデジタルマップのデータベースに反映されます。その後、更新したマップが高度な自動運転車両にフィードバックされ、搭載したセンサーの感知範囲を超えて、効果的に道路状況が見通せるようになります。

これまでの良好なパートナーシップをさらに強化
ボッシュとTomTomにとって、高度な自動運転のためのマップ分野で協力することは、これまでの良好なパートナーシップをさらに強化することを意味しています。すでにTomTomは、ボッシュのコネクテッドホライズン向けに、リアルタイムのバックエンドサービスを介した、ローカリゼーションレイヤーのないダイナミックなマップ情報を提供しているからです。コネクテッドホライズンはこのマップ情報をもとに前方のルートを予測し、予測した状況に合せた運転につなげるソリューションで、2014年に開催されたIAAハノーバー国際モーターショー(商用車)で初めて紹介されました。このシステムにより、見えないその先の事故多発地域や交通渋滞の発生地点を早期に認識し、適切なタイミングで自動的に車両を減速させ、追突事故が発生するリスクを著しく低減することができます。また、よりスムーズな走行により、ドライバーの快適性と車両の燃費も向上させることが出来ます。

報道関係対応窓口:
ロバート・ボッシュGmbH
Jörn Ebberg
電話:+49 711 811-26223

TomTom
Yann Lafargue
電話:+31 (0)208500002


このプレスリリースは2015年7月21日に Robert Bosch GmbH より発行されました。
原文をご覧ください。
世界のボッシュ・グループ概要
ボッシュ・グループは、グローバル規模で革新のテクノロジーとサービスを提供するリーディング・カンパニーです。2014年の従業員数は約360,000人(2015年4月1日現在)、売上高は490億ユーロ*を計上しています。事業はモビリティ ソリューションズ、産業機器テクノロジー、消費財、エネルギー・建築関連テクノロジーの4事業セクター体制で運営しています。ボッシュ・グループは、ロバート・ボッシュGmbHとその子会社約440社、世界約60カ国にあるドイツ国外の現地法人で構成されており、販売、サービス代理店のネットワークを加えると、世界の約150カ国で事業展開しています。この開発、製造、販売のグローバル・ネットワークが、ボッシュのさらなる成長の基盤です。2014年に ボッシュは全世界で約4,600件の国際特許の基礎特許(第一国出願)を出願しています。私たちボッシュ・グループはコネクテッドライフに向けたイノベー ションの提供を戦略的目標に定め、革新的で人々を魅了する全製品とサービスを通じ、人々の生活の質を向上します。つまりボッシュはコーポレートスローガンである「Invented for life」-人と社会に役立つ革新のテクノロジーを生み出していきます。

ボッシュの起源は、1886年にロバート・ボッシュ(1861~1942年)がシュトゥットガルトに設立した「精密機械と電気技術作業場」に遡ります。ロバート・ボッシュGmbHの独自の株主構造は、ボッシュ・グループの企業としての自立性を保証するものであり、ボッシュは長期的な視野に立った経営を行い、将来の成長を確保する重要な先行投資を積極的に行うことができます。ロバート・ボッシュGmbHの株式資本の92%は慈善団体であるロバート・ボッシュ財団が保有しています。議決権の大半はロバート・ボッシュ工業信託合資会社が保有し、株主の事業機能を担っており、残りの株式は創業家であるボッシュ家とロバート・ボッシュGmbHが保有しています。

*公表された2014年の売上高には、現在では完全子会社化されたかつての折半出資の合弁会社であるBSH Bosch und Siemens Hausgeräte GmbH(現在はBSH Hausgeräte GmbHに社名変更)およびZF Lenksysteme GmbH(現在はRobert Bosch Automotive Steering GmbHに社名変更)は含まれていません。

さらに詳しい情報は以下を参照してください。
www.bosch.com ボッシュ・グローバル・ウェブサイト(英語)
www.bosch-press.com ボッシュ・メディア・サービス(英語)
https://twitter.com/BoschPresse ボッシュ・メディア 公式ツイッター(ドイツ語)
www.bosch.co.jp ボッシュ・ジャパン 公式ウェブサイト(日本語)
https://twitter.com/Boschjapan ボッシュ・ジャパン 公式ツイッター(日本語)
https://www.facebook.com/bosch.co.jp ボッシュ・ジャパン 公式フェイスブック (日本語)
https://www.youtube.com/boschjp ボッシュ・ジャパン 公式YouTube(日本語)

PI8994 | 2015/07/21

情報をシェアする