経営情報

CES 2016(1月6~9日)、ラスベガス
ボッシュのスマート技術で住宅がより快適に
インテリジェントにネットワーク化された機器が生活をシンプルに

  • さまざまな家電製品のネットワーク化をオープンなスマートホームシステムで実現
  • 機器同士を相互に通信させて単調な家事を自動で処理
  • データの保護とセキュリティを最も重視
テキストを保存
  • 2016/01/05
  • 経営情報
  • プレスリリース
  • 画像: 3点

画像 (3点)

すべての画像を表示

プレスリリース

ラスベガス – スマートホームがいよいよ空想から現実のものとなりつつあり、 CES 2016 のボッシュのブースでは実際にスマートホームを体験いただけます。日常生活をより安全で便利なものにするために、ボッシュは単一のシステムプラットフォームで、個々の機器をインターネットとつなぐだけでなく、機器相互のネットワーク化も進めています。これが実現できれば、アプリで機器を簡単に制御できるようになり、将来的には、照明や空調、家電製品のオン/オフといった煩わしい作業を気にする必要さえなくなるかもしれません。

ラスベガスで開催されたCES国際家電ショー2016の記者会見で、ボッシュ取締役会会長のフォルクマル・デナーは、「スマートホームでは、天気や窓の開閉状態などの情報をもとに自動で室温や照明を快適なレベルに調整できるため、部屋では常に理想的な室温と明るさが保たれます。このようにして、快適性を向上させながら、エネルギーやコストを抑えることができます」と述べ、さらにこう続けました。「2020年には、世界の約2億3,000万世帯にスマートコネクティビティが導入されると見込まれています。そしてボッシュは、センサー、ヒーター、セキュリティーシステムだけでなく、家電製品分野における長年の経験を活かし、この大きなビジネスチャンスにもいち早く対応できると考えています」。

スマートホームコントローラー:インテリジェントな住宅の頭脳
スマートホームシステムの核となるのは、スマートホームコントローラーです。このセントラルコントロールユニットは、機器とインターネット間やデバイス同士をネットワークでつなぎ、互いに通信できるようにする役割を担っています。スマートフォンとタブレット端末向けのアプリを利用すれば、このコントローラーに接続されたあらゆる機器をどこからでも簡単に監視・操作できるようになります。例えば、窓の開閉状態をマグネットセンサーを利用して判断したり、ユーザーの好みに合わせて部屋の空調を制御することも可能になります。

「Philips Hue」:他メーカー製の機器とも互換性を確保
ボッシュは、ネットワーク化を進めるにあたり、オープンな規格とプラットフォームがその技術をユーザーフレンドリーなものに高めると考えています。そこで、ボッシュはモジュラー式の拡張可能なスマートホームシステムを設計・開発し、他メーカー製の機器も簡単に接続できるようにしました。また、Philips社と共同で、スマートホーム向けの照明設備も開発しています。このワイヤレス照明器具「Philips Hue」はボッシュのスマートホームアプリで制御でき、ワンクリックでユーザーの好みやムードに合わせた明るさに調整できます。その他の機器についても同じような提携関係を構築し、開発を進めています。

データの保護とセキュリティを最重視
ボッシュのスマートホームソリューションは、最高レベルのデータ保護/セキュリティ基準を満たしています。製品開発プロセスの最初の段階からこれらの基準が考慮されており、そのためにボッシュは製品の安全性を保証するコンピテンスセンターも設立しています。また、お客様に関わるデータがどのように利用されるのかをお客様自身で決めていただけるようにするなど、透明性にも十分配慮しています。

CESでスマートホームを体験
CESのボッシュ・ブースでは、スマートホームを体験いただけます。ボッシュは、室内の空調や照明関連のソリューションをはじめ、警報システムなどのスマートホームシステムの機能を紹介するほか、スマートフォンで簡単に監視・操作できるさまざまなネットワーク家電製品も展示します。その1例が全自動コーヒーメーカーで、タップするだけで、朝ベッドから出る前に、自分好みのカプチーノやカフェマキアートなどを用意しておくことができます。

2016年1月からオンラインストアで初のスマートホーム製品を販売
ボッシュは、2016年1月からオンラインストア(www.bosch-smarthome.com)で初のスマートホーム製品を販売いたします。このラインナップには、スマートホームコントローラー、窓/ドア用コンタクト、スマートサーモスタット、パートナー企業であるPhilips製のスマートLEDランプ「Philips Hue」などが含まれています。ボッシュのスマートホームシステムはアプリを利用して簡単に操作でき、個々の機器の設定もQRコードで行うことができます。スマートホーム対応製品の販売はまずドイツでスタートし、その後1年をかけて欧州各国に広げていく予定です。なお、米国での販売は2017年からを予定しています。

Simply.Connected.
米国ネバダ州ラスベガスで開催される CES国際家電ショー2016 のボッシュのブースにぜひお越しください。


2016年1月5日(火)(すべて現地時間)
  • 08:00~08:45
    フォルクマル・デナー(ボッシュ取締役会会長)による記者会見(マンダレイ・ベイ・ホテル、サウスコンベンションセンター、レベル3、バンヤンルームA-D)
2016年1月7日(木)
2016年1月8日(金)
2016年1月6日(水)~9日(土) - ボッシュのブース
  • テーマ:「スマートホーム、スマートシティ、Industry 4.0」スマートホーム マーケットプレイス、サンズ エクスポ センター、ブース#71517
  • テーマ:「コネクテッドモビリティ」北ホール、ブース#2302
CES 2016におけるボッシュのハイライトをツイッターで紹介:#BoschCES


このプレスリリースは2016年1月5日に Robert Bosch GmbH より発行されました。
原文をご覧ください。
世界のボッシュ・グループ概要
ボッシュ・グループは、グローバル規模で革新のテクノロジーとサービスを提供するリーディング・カンパニーです。2014年の従業員数は約360,000人(2015年4月1日現在)、売上高は490億ユーロ*を計上しています。事業はモビリティ ソリューションズ、産業機器テクノロジー、消費財、エネルギー・建築関連テクノロジーの4事業セクター体制で運営しています。ボッシュ・グループは、ロバート・ボッシュGmbHとその子会社約440社、世界約60カ国にあるドイツ国外の現地法人で構成されており、販売、サービス代理店のネットワークを加 えると、世界の約150カ国で事業展開しています。この開発、製造、販売のグローバル・ネットワークが、ボッシュのさらなる成長の基盤です。2014年に ボッシュは全世界で約4,600件の国際特許の基礎特許(第一国出願)を出願しています。私たちボッシュ・グループはコネクテッドライフに向けたイノベーションの提供を戦略的目標に定め、革新的で人々を魅了する全製品とサービスを通じ、人々の生活の質を向上します。つまりボッシュはコーポレートスローガンである「Invented for life」-人と社会に役立つ革新のテクノロジーを生み出していきます。

ボッシュの起源は、1886年にロバート・ボッシュ(1861~1942年)がシュトゥットガルトに設立した「精密機械と電気技術作業場」に遡ります。ロバート・ボッシュGmbHの独自の株主構造は、ボッシュ・グループの企業としての自立性を保証するものであり、ボッシュは長期的な視野に立った経営を行い、将来の成長を確保する重要な先行投資を積極的に行うことができます。ロバート・ボッシュGmbHの株式資本の92%は慈善団体であるロバート・ボッシュ財団が保有しています。議決権の大半はロバート・ボッシュ工業信託合資会社が保有し、株主の事業機能を担っており、残りの株式は創業家であるボッシュ家とロバート・ボッシュGmbHが保有しています。

*公表された2014年の売上高には、現在では完全子会社化されたかつての折半出資の合弁会社であるBSH Bosch und Siemens Hausgeräte GmbH(現在はBSH Hausgeräte GmbHに社名変更)およびZF Lenksysteme GmbH(現在はRobert Bosch Automotive Steering GmbHに社名変更)は含まれていません。

さらに詳しい情報は 以下を参照してください。
www.bosch.com ボッシュ・グローバル・ウェブサイト(英語)
www.bosch-press.com ボッシュ・メディア・サービス(英語)
https://twitter.com/BoschPresse ボッシュ・メディア 公式ツイッター(ドイツ語)
www.bosch.co.jp ボッシュ・ジャパン 公式ウェブサイト(日本語)
https://twitter.com/Boschjapan ボッシュ・ジャパン 公式ツイッター(日本語)
https://www.facebook.com/bosch.co.jp ボッシュ・ジャパン 公式フェイスブック (日本語)
https://www.youtube.com/boschjp ボッシュ・ジャパン 公式YouTube(日本語)

PI9128 | 2016/01/05

報道関係者様向けご対応窓口

Christian Hoenicke

+49 711 811-6285

情報をシェアする