経営情報

CES 2016(1月6~9日)、ラスベガス
IoTを支えるボッシュのハイテク コンポーネント
サイズは小さくても、大きな影響力

  • 自動車や家電製品の幅広い用途に対応
  • 世界の4台中3台のスマートフォンがボッシュのMEMSセンサーを搭載
  • 後付け可能な自動車用緊急通報アダプター
  • 新しい環境センサーソリューション: ビル内の環境を改善
  • IoTソリューションの開発を容易にするXDKセンサー プラットフォーム
  • スマートフォン、ウェアラブル、バーチャル リアリティ向けの新しいセンサー
テキストを保存
  • 2016/01/05
  • 経営情報
  • プレスリリース
  • 画像: 3点

画像 (3点)

すべての画像を表示

プレスリリース

ネバダ州ラスベガス ― センサーは最新のシステムにおいて目と耳の役割を果たしています。ほとんどすべてのスマートフォンやタブレットにセンサーが内蔵されています。ボッシュのMEMS(Micro Electro Mechanical Systems)センサーは、小型、頑丈、スマートであり、省エネ効果が高く、自動車、スマートフォン、ゲーム機、タブレット端末、その他数多くのデバイスで使われています。MEMSセンサーがなければ、家電製品だけでなく、自動車にも搭載されている数多くのホストアプリケーションがまったく機能しません。ボッシュのCEOフォルクマール・デナー(Volkmar Denner)はラスベガスで開催されたCES 2016の記者会見でこう述べています。「センサー自体は小さなものですが、大きな影響力を持っています。人命救助やエネルギー消費の削減に貢献し、クルマの運転をよりリラックスしたものにできます。ボッシュのMEMSセンサーは数十億もの電子機器の目となり、耳となり、私たちの日常生活をより快適に、安全に、そして楽しいものにしています」。

たとえば、スマートフォンの向きを変えたとき、画面に表示する情報の方向をスマートフォンが判断できるのはMEMSセンサーのおかげです。センサーはスマートフォンが持ち主の歩数を数えることもできます。自動車では、MEMSセンサーがESP横滑り防止システムの中核を担い、車両が危機的な状況に置かれても安全走行を保てるようにします。ボッシュは CES 2016 で新しい加速度センサーやヨーレートセンサー、環境センサーソリューション、IoTアプリケーションの開発プラットフォーム、世界初の後付け可能な自動車用緊急通報サービス アダプターを展示します。

新しいセンサーの用途 ― スマート ホームからインダストリー4.0まで
ボッシュが扱うセンサーの包括的なラインナップは、ボッシュが一瞬たりとも進歩の歩みを止めない企業であることの何よりの証しです。ボッシュはセンサーを可能な限り小型化するだけでなく、よりスマートに、よりエネルギー効率の高いものにもしています。それらすべてを行って初めて、消費者の生活を快適にするスマートホームアプリケーションを提供したり、企業がインダストリー4.0の波に乗る道を切り開いたりすることができます。将来の計画には環境発電と呼ばれるプロセスを通じて環境からエネルギーを収集するシステムも含まれています。

2015年だけで14億4千万台もの新しいスマートフォンが販売されました。スマートウォッチやフィットネスリストバンドの人気も爆発的に高まっています。2015年に市販されたこれらのデバイスは7600万個で、2019年までにその市場規模は1億7300万個に達すると言われています。これらすべてのデバイスに、あらゆる種類の情報を判断するセンサーが搭載されています。「ボッシュにとって、これは大きなポテンシャルを秘めたビジネスです」とデナーは述べています。

後付け可能な自動車用緊急通報サービス: ドライバーを守るセンサー
ボッシュはCES2016で、自動緊急通報サービス「eCall」の新しいバージョンである後付け可能なeCallアダプターを発表します。この新しいアダプターを車のシガーソケットに差し込むだけで、速度センサーが衝突を検知すると自動的に緊急通報を行うサービスが受けられるようになります。衝突を検知すると、スマートフォンのアプリが車の現在位置などの情報をセンターに伝達します。衝突の衝撃も分析され、その情報により次にとるべきステップが決定されます。比較的大きい事故と判断された場合は、故障車回収車や救急車の出動が必要かどうかを判断するためにコントロールセンターが運転者へ連絡をとります。運転者が応答しない場合は、ただちに救急隊が派遣されます。すでにおよそ150万台の車両に後付けタイプではないeCallが標準装備されています。ボッシュのサービスセンターに接続される緊急通報システムは、30か国以上の国々で利用が可能で、16の言語に対応しています。

新しい環境センサーソリューション: ビル内の環境を改善
ボッシュの環境センサーはビル内の空気の状態を測定、分析し、データとして伝える能力を持ったスマートなセンサーです。測定できる変数には、空気の質、照明の状態、騒音レベルが含まれています。この統合センサーはオフィスや自宅など、屋内の環境の改善に役立ちます。たとえば施設管理者のスマートフォンに測定結果を送信し、換気や照明などの変更を推奨することができます。バッテリーの寿命が長いことも利点です。環境センサーはビルの自動化システムに統合できるだけでなく、単独のソリューションとしても利用できます。

IoT製品の開発を容易にするXDKセンサー プラットフォーム
XDKは、ユーザーがモノのインターネット化に向けた試作品や新しいアプリケーションの開発に利用できるセンサー プラットフォームです。このハードウェアプラットフォームを利用すれば、さまざまなMEMSセンサーや接続機能にアクセスできるため、ソフトウェアを特定の用途に適応させてハードウェア コンポーネントを完璧に補完することができます。このプラットフォームは、加速度センサー、ヨーレートセンサー、磁力計や気圧、気温、湿度、騒音レベル、デジタル照明の測定用センサーを含む広範囲のコンポーネントに対応しています。Bluetooth接続、Wi-Fi接続、マイクロコントローラー、統合アンテナ、マイクロSDカード リーダー、バッテリーにも対応しています。XDKコミュニティでは、開発者たちがアイデアを交換したり、共同で新しいプロジェクトのアイデアに取り組んだり、イベントに参加したりすることができます。ボッシュは、新しいIoTビジネスのアイデアをできるだけ早く本格的な生産に結び付けるための協力を惜しみません。

モバイルゲーム機、ウェアラブル、バーチャルリアリティ向けの新しいモーションセンサーとヨーレートセンサー
センサーは、小型化やエネルギー効率の高さだけでなく、性能の向上も実現しなくてはいけません。スマートフォンやタブレット端末のアプリで要求される性能を実現することは特に困難を極めます。バッテリーをなるべく長持ちさせる必要があるだけでなく、使いたいアプリに素早くアクセスすることもきわめて重要だからです。ボッシュは、世界で初めて統合インテリジェンスおよびAndroidとの互換性を装備しただけでなく、特にエネルギー消費抑制効果の高い加速度センサーをCESで発表します。ボッシュの新しいヨーレートセンサーは、モバイルゲーム機、拡張現実、バーチャル リアリティのアプリケーションの要件に特化して開発されました。低いオペレーションコストと高い映像の安定性も兼ね備えています。

ボッシュ ― MEMSテクノロジーのパイオニア
ボッシュはMEMSセンサーの分野でパイオニアであると同時に、世界をリードするメーカーでもあります。ボッシュはセンサーの基盤となる半導体製造工程を社内で開発し、20年以上にわたって産業規模でセンサーを生産しています。ボッシュはMEMSテクノロジー関連の1,000件以上の特許や特許申請を保有しています。ドイツのロイトリンゲンにあるボッシュの最新鋭のウェハ工場で生産されたMEMSセンサーの累計出荷数は60億個を超えており、毎日400万個以上のMEMSセンサーが生産されています。最近の自動車には1台当たり50個以上のMEMSセンサーが搭載されています。ボッシュのセンサーは世界中で4台のうち3台のスマートフォンに搭載されており、ボッシュのMEMSセンサーの75%が現在、家電製品で使用されています。

関連リンク:
Bosch Sensortec: from start-up to the world's leading provider of MEMS sensors for consumer electronics
Bosch sensors for automotive electronics
Bosch sensors for consumer electronics
Sensors – how technology maps the environment
MEMS: stars among sensors
Greater safety with peripheral sensors

ビデオ:
Bosch sensor solutions for wearables
Gyroscope for ESP: How it works
Pressure sensor: how it works
Acceleration sensor: how it works
MEMS sensor manufacturing



このプレスリリースは2016年1月5日に Robert Bosch GmbH より発行されました。
原文をご覧ください。
世界のボッシュ・グループ概要
ボッシュ・グループは、グローバル規模で革新のテクノロジーとサービスを提供するリーディング・カンパニーです。2014年の従業員数は約360,000人(2015年4月1日現在)、売上高は490億ユーロ*を計上しています。事業はモビリティ ソリューションズ、産業機器テクノロジー、消費財、エネルギー・建築関連テクノロジーの4事業セクター体制で運営しています。ボッシュ・グループは、ロバート・ボッシュGmbHとその子会社約440社、世界約60カ国にあるドイツ国外の現地法人で構成されており、販売、サービス代理店のネットワークを加 えると、世界の約150カ国で事業展開しています。この開発、製造、販売のグローバル・ネットワークが、ボッシュのさらなる成長の基盤です。2014年に ボッシュは全世界で約4,600件の国際特許の基礎特許(第一国出願)を出願しています。私たちボッシュ・グループはコネクテッドライフに向けたイノベーションの提供を戦略的目標に定め、革新的で人々を魅了する全製品とサービスを通じ、人々の生活の質を向上します。つまりボッシュはコーポレートスローガンである「Invented for life」-人と社会に役立つ革新のテクノロジーを生み出していきます。

ボッシュの起源は、1886年にロバート・ボッシュ(1861~1942年)がシュトゥットガルトに設立した「精密機械と電気技術作業場」に遡ります。ロバート・ボッシュGmbHの独自の株主構造は、ボッシュ・グループの企業としての自立性を保証するものであり、ボッシュは長期的な視野に立った経営を行い、将来の成長を確保する重要な先行投資を積極的に行うことができます。ロバート・ボッシュGmbHの株式資本の92%は慈善団体であるロバート・ボッシュ財団が保有しています。議決権の大半はロバート・ボッシュ工業信託合資会社が保有し、株主の事業機能を担っており、残りの株式は創業家であるボッシュ家とロバート・ボッシュGmbHが保有しています。

*公表された2014年の売上高には、現在では完全子会社化されたかつての折半出資の合弁会社であるBSH Bosch und Siemens Hausgeräte GmbH(現在はBSH Hausgeräte GmbHに社名変更)およびZF Lenksysteme GmbH(現在はRobert Bosch Automotive Steering GmbHに社名変更)は含まれていません。

さらに詳しい情報は 以下を参照してください。
www.bosch.com ボッシュ・グローバル・ウェブサイト(英語)
www.bosch-press.com ボッシュ・メディア・サービス(英語)
https://twitter.com/BoschPresse ボッシュ・メディア 公式ツイッター(ドイツ語)
www.bosch.co.jp ボッシュ・ジャパン 公式ウェブサイト(日本語)
https://twitter.com/Boschjapan ボッシュ・ジャパン 公式ツイッター(日本語)
https://www.facebook.com/bosch.co.jp ボッシュ・ジャパン 公式フェイスブック (日本語)
https://www.youtube.com/boschjp ボッシュ・ジャパン 公式YouTube(日本語)

PI9142 | 2016/01/05

報道関係者様向けご対応窓口

Christian Hoenicke

+49 711 811-6285

情報をシェアする