モビリティ ソリューションズ

新しいNDSデータ規格をサポートしたナビゲーションソフトウェア
ボッシュのナビゲーション3.0が3Dマップでドライバーをガイド

  • 3Dマップエンジンが3D要素をディスプレイに重ねて表示
  • 高画質3Dディスプレイはオフラインでも機能
  • ディスプレイの精細レベルはシステムの演算処理能力とメモリ容量に応じて調整可能
  • 将来的には危険が潜む場所や燃料価格など、ダイナミックデータの表示にも対応可能
テキストを保存
  • 2016/02/22
  • モビリティ ソリューションズ
  • プレスリリース
  • 画像: 2点

画像 (2点)

すべての画像を表示

プレスリリース

ボッシュは、車載ナビゲーションシステムをより魅力的かつ実用的なものにするために、地形の高低の違いを、システムに内蔵された衛星写真を使ってまるで写真のようにリアルに表示する先進的なナビゲーションソフトウェアを開発しました。これがあると、高層ビルが立ち並ぶ中でも、ドライバーは自分の現在位置をより簡単に把握しやすくなります。これは、新たに設けられたナビゲーションデータ規格(NDS)に適合したデータを3Dレンダリングモジュールで処理し、非常に美しい映像マップを作り上げるボッシュの先進ナビゲーションソフトウェアにより可能になりました。他社の同等クラスのソリューションとは異なり、ボッシュのこのアプローチは、常時オンライン接続されていないナビゲーションシステムでも機能します。また、インターネット接続を利用できる環境下では、ダイナミックデータをマップ表示に活かすことができます。さらに将来的には、たとえば最新の気象情報や走行ルート沿いにあるガソリンスタンドの燃料価格などをナビゲーションのマップに表示できるようになる見込みです。

パワフルな3Dマップエンジンが連続ズームを可能に
ボッシュのこの新しいナビゲーションソフトウェアの中核を担うのが、OpenSceneGraphをベースとした3Dマップエンジンです。このシステムでは、ビルなどの立体的要素をディスプレイに複数重ねる「スーパーインポーズ」を行います。3D要素を重ね合わせて生成された画像を半透明にすることができ、ドライバーは視界を遮る建物など障害物の向こう側に延びる道路もマップ上で視認できます。また、表示されたマップは、最大の詳細レベルからマップ全体の俯瞰まで、非常にスムーズに拡大/縮小表示することができます。さらに、このソフトウェアはNDSデータに含まれる地形情報を利用し、土地の高低を表示できるほか、マップの地平線側の部分を人工的に上方に曲げ、画面を最大限に活用し、ルートを表示することもできます。この新しいソフトウェアは3D artMap機能をサポートしているため、建物のエッジに丸みを付け、適度に着色し、周囲の風景を水彩画風に表示させることも可能です。

システムの操作方法は、音声入力、マルチタッチ、手書き認識の3種類から選択することができます。また、この3Dマップエンジンは、センターコンソールのディスプレイやインストルメントクラスターのディスプレイなど、複数のスクリーンに異なるエリアのマップを同時に表示することもできます。表示の精細度も、インフォテインメントシステムの演算処理能力とメモリ容量に合わせて調整できます。このように、このナビゲーションソフトウェアは、自動車メーカーが個々のニーズに合わせて設定を変更できるようになっており、アップデートもUSBメディアやスマートフォンを接続して簡単に行えます。

コネクテッドホライズンのダイナミックデータで交通情報以外の情報も表示可能に
現在、交通渋滞はほぼリアルタイムでマップに表示可能ですが、将来、インフォテインメントシステムがインターネットに接続されている状況下では、それ以外の情報もマップに重ねて表示できるようになります。たとえばボッシュのコネクテッドホライズンを利用すると、クラウドに蓄積された道路状況のデータをリアルタイムで呼び出せます。それを3Dマップエンジンが視覚情報に変換し、たとえば降雨の激しい地域や、路面凍結の恐れのある地域を、色を変えて表示できます。このときに画面上で指先でなぞって円を描けば、システムはそのエリア内を通る代替ルートを計算してくれます。また、地域ごとの気温や嵐の予想進路も表示でき、米国の竜巻がよく起きる地域ではこの機能は非常に役立ちます。さらに、電気自動車にこのシステムを搭載すると、現在のバッテリー残量でどこまで走れるかという航続距離情報が、半透明で重複表示されるようになります。

ナビゲーションデータ規格(NDS)は、自動車メーカー、自動車機器サプライヤーとマッププロバイダーが合同で開発した規格です。フォーマットを標準化することにより、製造元の異なるナビゲーションシステム間でも容易にマップデータを交換できるようになるほか、標準化によってバリエーション数が減少し、マップのアップデートも簡単に行えるようになります。NDSの詳細については、http://www.nds-association.org をご覧ください。

報道関係対応窓口:
Stephan Kraus
電話:+49 711 811-6286


このプレスリリースは2016年2月22日に Robert Bosch GmbH より発行されました。
原文をご覧ください。
ボッシュ・グループ概要
モビリティ ソリューションズは、ボッシュ・グループ最大の事業セクターです。暫定的決算報告では、2015年の売上高は417億ユーロ(約5.6兆円*)で、総売上高の約60%を占めています。モビリティ ソリューションズの売上により、ボッシュ・グループはリーディングサプライヤーの地位を確立しています。モビリティ ソリューションズは、自動化、電動化、ネットワーク化の3つの領域においてグループの専門知識を統合させ、お客様にトータルソリューションを提供します。その事業領域は主に、内燃機関の燃料噴射テクノロジー/パワートレイン周辺機器、パワートレイン電動化のさまざまなソリューション、車載向け安全システム、ドライバーアシスタンス システム/自動化機能、ユーザーフレンドリーなインフォテインメントやVehicle-to-Vehicle(車車間)およびVehicle-to-infrastructure(路車間)通信、オートモーティブアフターマーケット向けのリペアショップコンセプト/テクノロジー/サービスなどです。さらにボッシュは、電気駆動マネジメントや横滑り防止装置ESC(エレクトロニック スタビリティ コントロール)、ディーゼル用コモンテールシステムなどの自動車の重要な革新技術を生み出してきました。

ボッシュ・グループは、グローバル規模で革新のテクノロジーとサービスを提供するリーディングカンパニーです。2015年の従業員数は約375,000人(2015年12月31日現在)、暫定決算報告での売上高は700億ユーロ(約9.4兆円*)となっています。事業はモビリティ ソリューションズ、産業機器テクノロジー、消費財、エネルギー・建築関連テクノロジーの4事業セクター体制で運営しています。ボッシュ・グループは、ロバート・ボッシュGmbHとその子会社約440社、世界約60カ国にあるドイツ国外の現地法人で構成されており、販売/サービス代理店のネットワークを加えると、世界の約150カ国で事業を展開しています。この開発・製造・販売のグローバルネットワークが、ボッシュのさらなる成長の基盤となっています。2015年に ボッシュは全世界で約5,400件の国際特許の基礎特許(第一国出願)を出願しています。私たちボッシュ・グループはコネクテッドライフに向けたイノベーションの提供を戦略的目標に定め、革新的で人々を魅了する全製品とサービスを通じて人々の生活の質を向上します。つまり、ボッシュはコーポレートスローガンである「Invented for life」-人と社会に役立つ革新のテクノロジーを生み出していきます。

*2015年の平均為替レート(1EURO=134.3円)で換算

さらに詳しい情報は 以下を参照してください。
www.bosch.com ボッシュ・グローバル・ウェブサイト(英語)
www.bosch-press.com ボッシュ・メディア・サービス(英語)
https://twitter.com/BoschPresse ボッシュ・メディア 公式ツイッター(ドイツ語)
www.bosch.co.jp ボッシュ・ジャパン 公式ウェブサイト(日本語)
https://twitter.com/Boschjapan ボッシュ・ジャパン 公式ツイッター(日本語)
https://www.facebook.com/bosch.co.jp ボッシュ・ジャパン 公式フェイスブック (日本語)
https://www.youtube.com/boschjp ボッシュ・ジャパン 公式YouTube(日本語)

PI9180 | 2016/02/22

報道関係者様向けご対応窓口

Stephan Kraus

+49 711 811-6286

情報をシェアする