経営情報

ボッシュが癌と闘うために協力体制を構築

  • ロバート・ボッシュ病院(RBK)、ロバート・ボッシュ財団、そしてボッシュ・グループが、癌と闘うために結束
  • RBKはドイツ癌研究センター(DKFZ)と協力してロバート・ボッシュ 癌センターを新設
  • ロバート・ボッシュ財団は癌研究のために2020年までに約2,400万ユーロの追加資金を用意
  • ボッシュ・グループは癌を患っている従業員を支援するプログラムを提供
テキストを保存
  • 2016/07/18
  • 経営情報
  • プレスリリース
  • 画像: 2点

画像 (2点)

すべての画像を表示

プレスリリース

シュトゥットガルト – ロバート・ボッシュ病院(RBK)、ロバート・ボッシュ財団とボッシュ・グループは、癌と闘うために協力体制を整え、複数のイニシアチブをスタートさせました。この協力の核となるのは、シュトゥットガルトにおけるロバート・ボッシュ 癌センター(RBCT、Robert Bosch Centrum für Tumorerkrankungen)の新設と、ドイツ癌研究センター(DKFZ、Deutsches Krebsforschungszentrum)と予定している連携体制で、2016年7月18日にRBKとDKFZの代表者はこの協力のために調印を行いました。ロバート・ボッシュ 癌センターの設立を支援するためにロバート・ボッシュ財団は追加資金を用意しており、医学研究プロジェクト用としてロバート・ボッシュ病院に基礎資金をすでに提供しているほか、この先2020年までに約2,400万ユーロを癌研究のために投入する予定です。また、ボッシュ・グループでまず実施が始まるのは、癌を患っている従業員がロバート・ボッシュ病院とドイツ癌研究センターで最新の診断テストを会社負担で受けられるようにすることで、そのために毎年約100万ユーロを確保しようとしています。ロバート・ボッシュ財団のマネジングディレクターを務めるJoachim Rogallはこう述べています。「ボッシュ・グループ、病院と財団はボッシュ・ワールドの一部を構成し、創業者ロバート・ボッシュの価値観を共有しています。社会的責任という観点でロールモデルとなったロバート・ボッシュは、1940年にロバート・ボッシュ病院を設立しました。私たちも癌との闘いの中で互いにパートナーとしてそれぞれの手段を持ち寄りながら、このヘルスケアという責務を果たし続けていきたいと考えています」

増え続ける癌の発生件数
こうした動きの背景にあるのは、世界中で著しく増加し続けている癌の発生件数です。世界保健機関(WHO)は、癌の発生件数が2025年までに年間約2,000万件に達すると予想しています。なお、すでに2012年時点で約1,400万件に達していました。世界的に見ても、癌は心疾患に次いで2番目に多い死因となっており、ドイツ国内のみでも、毎年約22万4,000人が癌で死亡しています。

最新の研究成果をもとに最善の治療を提供
新設されるロバート・ボッシュ 癌センターはロバート・ボッシュ病院の一部となる予定で、特にドイツ癌研究センターとの共同研究をもとに、癌の研究活動が特に強化されることになっています。ロバート・ボッシュ病院はまた、テュービンゲン大学病院と連携して癌患者の治療を行っています。この「テュービンゲン シュトゥットガルト包括癌センター」と呼ばれる、2014年からスタートした提携体制は成功裏に進んでいます。「テュービンゲン大学病院やドイツ癌研究センターと緊密に連携を図りながら、癌の先端精密治療を駆使して、各患者に合わせた治療を取り入れていきたいと考えています。ここでは最新の癌研究の成果も反映されますので、最も有望な治療を提供できるようになるでしょう」と、ロバート・ボッシュ病院のMark Dominik Alscher医長は述べています。「また、研究センターの設立や医療チームに専門家を迎えるために包括的な資金を用意するほか、この分野の研究活動を支援できるよう、2つの『寄付基金教授職』を設けることも検討しています」

研究成果を速やかに反映して患者に提供
「私たちはボッシュとの協力という形でこうした強力なパートナーを得ることができ、大変うれしく思っています」と、ドイツ癌研究センターで臨時科学ディレクターを務めるMichael Boutros教授は述べています。「新たに『寄付基金教授職』を設け、患者のためになる革新的な癌研究を推し進めたいと考えています」。3,000人超のスタッフを擁するドイツ癌研究センターは、ドイツ最大規模の生物医学研究機関です。同センターでは、1,000人以上の研究者が癌の発生原因を調査し、癌の危険因子を記録しながら、癌の増殖を防ぐための新しい戦略を追い求めているほか、癌をさらに精密に診断し、癌患者の治療の成功率を上げる新しい方法の模索も行っています。ドイツ癌研究センターは、ハイデルベルク大学病院と共同で国立癌センター(NCT、Nationales Centrum für Tumorerkrankungen)を設立し、癌研究からの有望なアプローチを臨床治療に応用しています。こうしたドイツ癌研究センターの高度な研究と優れた癌治療を組み合わせることが、癌患者の回復の見通しを高める上で重要な役割を果たすことになる見込みです。

ボッシュが従業員を支援するプログラムを提供
ボッシュ・グループは今後、公的健康保険制度で利用できる標準的な治療を超えた支援を癌を患っている従業員に提供していきたいと考えています。ボッシュCEOのフォルクマル・デナーは、「“Invented for life”の精神を大切にする企業として、私たちとパートナーは癌との闘いに取り組んでいます」と述べています。早々に実施が始まる予定なのは、癌を患っている従業員がロバート・ボッシュ病院で最新の診断テストを会社負担で受けられるようにすることで、この試みはまずOncoCureイニシアチブの一環としてドイツの従業員が対象となり、徐々に世界中の職場にも拡大していく予定です。このためにボッシュは毎年約100万ユーロを確保しています。デナーはさらにこう述べています。「私たちは、精密診断を用いて癌治療の成功率を上げるという明確な目標をもっています。私たちには、罹患した従業員とその家族、友人や同僚を支援したいという切なる思いがあります。そして、その思いは創業者ロバート・ボッシュの遺志を継いでいるという証しでもあります」

報道関係対応窓口(ロバート・ボッシュ病院):
Marlies Kepp
電話: +49 711 8101 3047
marlies.kepp@rbk.de

報道関係対応窓口(ロバート・ボッシュ財団):
Stefan Schott
電話: +49 711 46084-600
stefan.schott@bosch-stiftung.de

報道関係対応窓口(ボッシュ・グループ):
Dirk Haushalter
電話: +49 711 811-38195
dirk.haushalter@bosch.com


このプレスリリースは2016年7月18日に Robert Bosch GmbH より発行されました。
原文をご覧ください。
ロバート・ボッシュ財団
ロバート・ボッシュ財団は、民間企業が運営する財団としては欧州で屈指の規模を誇ります。財団は、社会が直面している問題を早い段階で取り上げて解決策を探り、それをモデルケースとして実践できるよう支援するだけでなく、独自のプロジェクトを展開・実施しています。また、目的が財団の目指すものと合致する場合には、外部のイニチアチブも支援しています。

財団は主に、国際理解の促進、科学の振興、教育、社会、ヘルスケアなどに関連する分野に力を入れています。今後、財団は特に以下の分野にさらに注力していきたいと考えています。
- 難民の受け入れと参加
- ドイツと欧州の社会的連帯
- 持続可能な環境

財団は、創業者ロバート・ボッシュが考えた理念やモデルを実践しながら、慈善活動を継続的に展開しています。財団は創設時から50年以上にわたり経験を積み重ね、解決策を見つける優れた能力と幅広い知識をもち、パートナー、専門家や実際に活動する方々とつながる広いネットワークを構築しています。

財団は、シュトゥットガルトのロバート・ボッシュ病院とその関連研究機関、さらに医学史研究所とマルガレーテ・フィッシャー・ボッシュ臨床薬理学研究所を単独で所有しているほか、フライブルクのUWCロバート・ボッシュ・カレッジとベルリンのドイツ・スクール・アカデミーの株式も保有しています。財団はロバート・ボッシュGmbHの株式の92%を保有し、ボッシュ・グループからの利益配当を活動の資金としています。1964年の創設以来、慈善活動に対する財団の支出総額は14億ユーロを上回ります。

詳細情報についてはこちらをご覧ください: http://www.bosch-stiftung.de (英語)

ロバート・ボッシュ病院
シュトゥットガルトのロバート・ボッシュ病院(Robert-Bosch-Krankenhaus、RBK)は、3つの拠点で展開し、総合病院の機能をもつ地方病院で、ロバート・ボッシュ財団が単独で所有しています。RBKは1978年からテュービンゲン大学の臨床研修・実習受け入れ病院のひとつに加わりました。RBKの病床数は1,031床に上り、シャルロッテンハウス・クリニックとシラヘーエ・クリニック、さらにシニアリハビリテーションクリニックの3病院で毎年4万3,000以上の入院患者を受け入れており、約2,700人のスタッフがそれぞれの患者に合わせた手厚いケアを行っています。RBKの構成には、12の学際センター内の17の医療部門、イルムガルト・ボッシュ教育センターと2つの研究機関が含まれています。また、RBKは精神医学・心理療法を専門とするシュトゥットガルトのフルトバッハ病院の運営にも関わっています。

詳細についてはこちらをご覧ください: www.rbk.de (ドイツ語のみ)

世界のボッシュ・グループ概要
ボッシュ・グループは、グローバル規模で革新のテクノロジーとサービスを提供するリーディングカンパニーです。2015年の従業員数は約37万5,000人(2015年12月31日現在)、2015年の売上高は706億ユーロを計上しています。現在、事業はモビリティ ソリューションズ、産業機器テクノロジー、消費財、エネルギー・建築関連テクノロジーの4事業セクター体制で運営しています。ボッシュ・グループは、ロバート・ボッシュGmbHとその子会社440社、世界約60カ国にあるドイツ国外の現地法人で構成されており、販売/サービスパートナーを含む世界的な製造・販売ネットワークは約150カ国を網羅しています。ボッシュの未来の成長のための基盤は技術革新力であり、世界約118の拠点で5万5,800人の従業員が研究開発に携わっています。私たちボッシュ・グループはコネクテッドライフに向けたイノベーションの提供を戦略的な目標に定め、革新的で人々を魅了する全製品とサービスを通じて生活の質の向上に貢献します。つまり、ボッシュはコーポレートスロー癌である「Invented for life」-人と社会に役立つ革新のテクノロジーを生み出していきます。

ボッシュの起源は、1886年にロバート・ボッシュ(1861~1942年)がシュトゥットガルトに設立した「精密機械と電気技術作業場」に遡ります。ロバート・ボッシュGmbHの独自の株主構造は、ボッシュ・グループの企業としての自立性を保証するものであり、ボッシュは長期的な視野に立った経営を行い、将来の成長を確保する重要な先行投資を積極的に行うことができます。ロバート・ボッシュGmbHの株式資本の92%は慈善団体であるロバート・ボッシュ財団が保有しています。議決権の大半はロバート・ボッシュ工業信託合資会社が保有し、株主の事業機能を担っており、残りの株式は創業家であるボッシュ家とロバート・ボッシュGmbHが保有しています。

*2015年の平均為替レート(1EURO=134.3円)で換算

さらに詳しい情報は 以下を参照してください。
www.bosch.com ボッシュ・グローバル・ウェブサイト(英語)
www.bosch-press.com ボッシュ・メディア・サービス(英語)
https://twitter.com/BoschPresse ボッシュ・メディア 公式ツイッター(ドイツ語)
www.bosch.co.jp ボッシュ・ジャパン 公式ウェブサイト(日本語)
https://twitter.com/Boschjapan ボッシュ・ジャパン 公式ツイッター(日本語)
https://www.facebook.com/bosch.co.jp ボッシュ・ジャパン 公式フェイスブック (日本語)
https://www.youtube.com/boschjp ボッシュ・ジャパン 公式YouTube(日本語)

PI9312 | 2016/07/18

情報をシェアする