モビリティ ソリューションズ

ボッシュがe.GO Mobile社と
eモビリティサービスに関する業務提携契約を締結

テキストを保存
  • 2016/11/10
  • モビリティ ソリューションズ
  • プレスリリース
  • 画像: 2点

画像 (2点)

すべての画像を表示

プレスリリース

アーヘン/シュトゥットガルト、2016年11月10日
ロバート・ボッシュGmbHとe.GO Mobile AGは、ネットワーク化とアフターサービスに関して業務提携を締結します。
昨日、アーヘンで、ロバート・ボッシュGmbHの取締役会メンバーであるマルクス・ハイン(Markus Heyn)と、e.GO Mobile AGのCEOを務めるギュンター・シュー(Günther Schuh)教授が、契約書に調印しました。

e.GO Mobile AGは、アーヘン工科大学(RWTH Aachen Campus)を拠点とし、インダストリー4.0に基づくコンパクトな電気自動車「e.GO Life」の開発を行っている会社です。e.GO Lifeは約1万2,500ユーロで発売される見込みで、ボッシュはこの電気自動車向けに48 Vドライブトレインを供給しています。昨日締結された契約に従い、今後ボッシュは同社に対してアフターサービスも提供することになります。これには、車両診断、修理工場の設備、ボッシュの修理工場ネットワークを介した修理サービスなどが含まれます。

「私たちは、ボッシュに理想的なパートナーの姿を見い出しました。今回の契約締結により、e.GO車両向けの修理工場のコンセプトに加え、今後の発展が期待されるコネクテッドカーやそれに付随するサービスといった分野への対応も可能になります」とギュンター・シュー教授は述べます。これはすなわち、e.GO Mobileのみならず、e.GO Lifeのドライバーもクルマのインターネット化がもたらすさまざまな利点を享受できるということです。

一方、ボッシュのハインは「電気駆動装置の重要性は増すばかりですが、メインストリーム技術となるには、充電インフラだけでなく、全国をカバーするサービスも重要であることに変わりはありません。国内全域を網羅するサービスこそが、私どもがボッシュカーサービスのネットワークを通して将来的にお客様に提供したいと考えるサービスです。ボッシュカーサービスは、すでにハイブリッドカーと電動パワートレインの分野ではすでに卓越した技術を身に着けています」と述べています。

オートモーティブアフターマーケット事業部の活躍により、ボッシュは自動車向けサービスソリューションの世界的リーディングサプライヤーであるとともに、1万7,000以上のフランチャイズ加盟店を擁する、世界最大手修理工場の独立系チェーンとなったボッシュカーサービスを運営しています。同事業部はさらに、主にフリート顧客のニーズに合わせたネットワーク化(レトロフィット)ソリューションの開発、販売も手掛けています。

ボッシュとe.GO Mobileは、電気自動車市場には大きな成長の可能性があると判断し、2015年のe.GO Mobile AG設立当初から互いに連携を深めてきました。e.GO Mobileは世界中で低価格の電気自動車を販売し、電気自動車の地位をガソリン車と同レベルにまで引き上げることを目指しています。2017年夏にも、ドイツ市場で初のe.GO Life車両が発売される予定です。


このプレスリリースは2016年11月10日に Robert Bosch GmbH より発行されました。
原文をご覧ください。
世界のボッシュ・グループ概要
ボッシュ・グループは、グローバル規模で革新のテクノロジーとサービスを提供するリーディングカンパニーです。2015年の従業員数は約37万5,000人(2015年12月31日現在)、2015年の売上高は706億ユーロを計上しています。現在、事業はモビリティ ソリューションズ、産業機器テクノロジー、消費財、エネルギー・建築関連テクノロジーの4事業セクター体制で運営しています。ボッシュ・グループは、ロバート・ボッシュGmbHとその子会社440社、世界約60カ国にあるドイツ国外の現地法人で構成されており、販売/サービスパートナーを含む世界的な製造・販売ネットワークは約150カ国を網羅しています。ボッシュの未来の成長のための基盤は技術革新力であり、世界約118の拠点で5万5,800人の従業員が研究開発に携わっています。私たちボッシュ・グループはコネクテッドライフに向けたイノベーションの提供を戦略的な目標に定め、革新的で人々を魅了する全製品とサービスを通じて生活の質の向上に貢献します。つまり、ボッシュはコーポレートスローガンである「Invented for life」-人と社会に役立つ革新のテクノロジーを生み出していきます。

ボッシュの起源は、1886年にロバート・ボッシュ(1861~1942年)がシュトゥットガルトに設立した「精密機械と電気技術作業場」に遡ります。ロバート・ボッシュGmbHの独自の株主構造は、ボッシュ・グループの企業としての自立性を保証するものであり、ボッシュは長期的な視野に立った経営を行い、将来の成長を確保する重要な先行投資を積極的に行うことができます。ロバート・ボッシュGmbHの株式資本の92%は慈善団体であるロバート・ボッシュ財団が保有しています。議決権の大半はロバート・ボッシュ工業信託合資会社が保有し、株主の事業機能を担っており、残りの株式は創業家であるボッシュ家とロバート・ボッシュGmbHが保有しています。

*2015年の平均為替レート(1EURO=134.3円)で換算

さらに詳しい情報は 以下を参照してください。
www.bosch.com ボッシュ・グローバル・ウェブサイト(英語)
www.bosch-press.com ボッシュ・メディア・サービス(英語)
https://twitter.com/BoschPresse ボッシュ・メディア 公式ツイッター(ドイツ語)
www.bosch.co.jp ボッシュ・ジャパン 公式ウェブサイト(日本語)
https://twitter.com/Boschjapan ボッシュ・ジャパン 公式ツイッター(日本語)
https://www.facebook.com/bosch.co.jp ボッシュ・ジャパン 公式フェイスブック (日本語)
https://www.youtube.com/boschjp ボッシュ・ジャパン 公式YouTube(日本語)

PI9473 | 2016/11/10

情報をシェアする