経営情報

ボッシュが最小サイズハイパフォーマンス気圧センサーをCES 2017で発表
民生用機器のための優れた高度測定

  • 柔軟性に富み様々な高度測定に適用
  • 精度向上、小型パッケージ
  • 消費電力の低減、魅力的な対費用効果
  • 気圧センサー分野でのマーケットリーダー:10億個以上を出荷
テキストを保存
  • 2017/01/04
  • 経営情報
  • プレスリリース
  • 画像: 3点

画像 (3点)

すべての画像を表示

プレスリリース

本日、ボッシュ・センサーテックが2.0 x 2.0 x 0.75 mm³と極めてコンパクトな最小(当社比)サイズ、ハイパフォーマンス気圧センサーBMP380を発表します。

BMP380は成長市場であるゲーム、スポーツ、ヘルスマネージメント、そしてインドアおよびアウトドアのナビゲーションといったアプリケーションをターゲットとします。気圧を測定するセンサーがあれば、ドローン、スマートフォン、タブレット、ウェアラブル、その他のモバイル機器は屋内外を問わずその環境において正確に高度の変化を感知することができます。

幅広いアプリケーション
この新しいBMP380センサーは製品設計において卓越した柔軟性を提供し、一つのパッケージソリューションで、容易に既存、及び、将来のアプリケーションに組込むことができます。

BMP380が可能にする高度情報により飛行の安定性や着陸の正確性をさらに向上できるという点から、ドローンの高度安定などの分野で活用することができます。これはドローンの操縦を簡易化するため、ドローンをより多くのユーザーに幅広くアピールすることができます。BMP380はウェアラブルやモバイル機器のカロリー消費量測定の正確性を実質的に向上することも可能です。例えば歩数計での使用では階段を上っているのか下っているのか分かることができます。ランニングやサイクリングを行う場合、坂道が多い環境では特にその効果をより正確にモニターすることができます。このセンサーがスマートフォンやタブレット、ウェアラブルに搭載されれば、屋内外でのナビゲーションやローカライゼーションにおいて、高度データを使って建物内の何階にユーザーがいるかを正確に認識することや、屋外でのGPSの正確性をさらに向上するなど、これまでには不可能であった正確な情報を提供することができます。

正確で比類の無い使いやすさ
気圧と温度のデータは搭載されている512バイトのFIFOに保存することができます。この新しいFIFOと割り込み機能によりデータやメモリへの簡単なアクセスが可能になりました。これにより、使いやすさが格段に向上されただけではなく、フル稼働中電気消費量を1Hzで2.0µAに低減しています。

このセンサーは既存の製品よりもさらに正確性を増し、その測定範囲も300 hPA~1250 hPAとワイドになっています。実環境でのテストでは温度域25°C~40°Cで相対精度+/-0.06 hPa (+/-0.5m)、温度域0°C~65°C、300~1100hPa間での絶対精度+/- 0.5 hPaという結果がでています。

この新しい気圧センサーでは対費用効果の高さと低電力消費が魅力的に統合されています。サイズ2.0 x 2.0 x 0.75 mm³のこの小さなパッケージは新しい産業のベンチマークにしっかりと対応し、既存製品のBMP280に比べ1/3以上小さくなっており、さらに柔軟に設計に取り入れることができます。

「このセンサーがあればデザイナーは製品をさらに発展させていくことができるだろうと、大変嬉しく思っています。」と語るのはボッシュ・センサーテックのグローバルマーケティング副社長であるジャンヌ・フォルジェ。「私たちの製品はその適用範囲、正確性、サイズという点で比類の無いものであり、また屋外でのローカライゼーションを向上し、GPS信号への依存を低減してくれるものでもあります。」

BMP380のパワフルな特徴やその信頼性の高いパフォーマンス性能はボッシュがMEMS圧力センサーの製造において積み重ねてきた10年以上にも渡る長い経験の結果が生み出したものです。ボッシュはMEMS圧力センサー製造のために全く新しい“高度多孔質シリコン膜”(APSM)プロセスを発明し、この技術を10億個以上の圧力センサー製造に採用しました。今日ボッシュは世界一のMEMSサプライヤであり、気圧センサー市場での産業リーダーの位置を君臨しています。

販売開始:
センサーは2017年第2四半期における販路促進のスタートと同時に選択されたカスタマーに提供される予定です。

CES 2017でボッシュ製品を体験いただけます(開催地は米国ネバダ州ラスベガス):CES 2017でボッシュは、IoT(モノのインターネット化)が日常生活に浸透し、モノが人々のパートナーになろうとしている最先端の状況を紹介いたします。IoTがパーソナルアシスタントのように、さまざまな場面で人々の暮らしをサポートします。たとえばモビリティの改善、未来の都市生活のあり方、スマートホーム、健康管理の効率化、効率的な働き方などです。 CES 国際家電ショーの出展が 5 回目となる今回、ボッシュはテーマである「simply.connected」にふさわしい多数のソリューションを展示します。

ボッシュ役員の記者会見:2017年1月4日(水)9:00 AM - 10:00 AM(現地時間):ボッシュ取締役会メンバーのヴェルナー・シュトルト出席予定 (会場:Mandalay Bay South Convention Center, Level 2, Mandalay Bay Ballrooms BCD)

CES 2017におけるボッシュのハイライトをツイッターで紹介:#BoschCES

ボッシュのブース:2017年1月5日(木)~8日(日):中央ホール、#14128

ボッシュのエキスパートによる講演会:
Twitter: #BoschMEMS

Youtube: Bosch Sensortec

お問い合わせ:
ティナ・ホルストマン
電話:+49 7121 35-35924

報道関係お問い合わせ担当者:
クリスティアン・ヘーニケ
電話: +49 711 811-6285


このプレスリリースは2017年01月04日に Robert Bosch GmbH より発行されました。
原文をご覧ください。
ボッシュ・センサーテックについて
ロバート・ボッシュの完全子会社であるボッシュ・センサーテックは、マイクロエレクトロメカニカルシステム(MEMS)及びそのセンサーソリューションを幅広く提供する企業で、民生用機器のコネクションに貢献しています。ボッシュ・センサーテックはスマートフォン、タブレットPC、ウェアラブルデバイス、IoT(Internet of Things) などの用途に最適化されたMEMSセンサーとソリューションを開発し市場に送り出しています。

ボッシュ・センサーテックの製品ポートフォリオは、慣性センサー(加速度、角速度)、地磁気センサー、環境センサ(気圧、湿度、ガス)と合わせて、ソフトウェアとインテリジェントな機能を組み込んだセンサーです。ボッシュ・センサーテックは2005年設立以来その市場におけるMEMS技術リーダーとしての地位を築き上げてきました。ボッシュは1995年以来世界をリードするパイオニアとして、またMEMSセンサーメーカーとして、現在まで70億個以上のMEMSセンサーを市場へ出荷しております。ボッシュのセンサーは世界のスマートフォンの4分の3に搭載されています。

詳しい情報は www.bosch-sensortec.com および twitter.com/boschMEMS をご覧ください。

世界の Bosch ・グループ概要
Bosch グループは、グローバル規模で革新のテクノロジーとサービスを提供するリーディングカンパニーです。2015年の従業員数は約37万5,000人(2015年12月31日現在)、2015年の売上高は706億ユーロを計上しています。現在、事業はモビリティ ソリューションズ、産業機器テクノロジー、消費財、エネルギー・建築関連テクノロジーの4事業セクター体制で運営しています。 Bosch ・グループは、 Robert Bosch GmbHとその子会社440社、世界約60カ国にあるドイツ国外の現地法人で構成されており、販売/サービスパートナーを含む世界的な製造・販売ネットワークは約150カ国を網羅しています。 Bosch の未来の成長のための基盤は技術革新力であり、世界約118の拠点で5万5,800人の従業員が研究開発に携わっています。私たち Bosch ・グループはコネクテッドライフに向けたイノベーションの提供を戦略的な目標に定め、革新的で人々を魅了する全製品とサービスを通じて生活の質の向上に貢献します。つまり、 Bosch はコーポレートスローガンである「Invented for life」-人と社会に役立つ革新のテクノロジーを生み出していきます。

Bosch の起源は、1886年に Robert Bosch (1861~1942年)がシュトゥットガルトに設立した「精密機械と電気技術作業場」に遡ります。 Robert Bosch GmbHの独自の株主構造は、 Bosch ・グループの企業としての自立性を保証するものであり、 Bosch は長期的な視野に立った経営を行い、将来の成長を確保する重要な先行投資を積極的に行うことができます。 Robert Bosch GmbHの株式資本の92%は慈善団体である Robert Bosch 財団が保有しています。議決権の大半は Robert Bosch 工業信託合資会社が保有し、株主の事業機能を担っており、残りの株式は創業家である Bosch 家と Robert Bosch GmbHが保有しています。

さらに詳しい情報は 以下を参照してください。
www.bosch.com ボッシュ・グローバル・ウェブサイト(英語)
www.bosch-press.com ボッシュ・メディア・サービス(英語)
https://twitter.com/BoschPresse ボッシュ・メディア 公式ツイッター(ドイツ語)
www.bosch.co.jp ボッシュ・ジャパン 公式ウェブサイト(日本語)
https://twitter.com/Boschjapan ボッシュ・ジャパン 公式ツイッター(日本語)
https://www.facebook.com/bosch.co.jp ボッシュ・ジャパン 公式フェイスブック (日本語)
https://www.youtube.com/boschjp ボッシュ・ジャパン 公式YouTube(日本語)

PI9514 | 2017/01/04

情報をシェアする