モビリティ ソリューションズ

もうキーを紛失することはありません
ボッシュの「パーフェクトキーレス」がスマートフォンを車両キーに

  • 車両のロック解除、エンジン始動、再ロックにスマートフォンを使用
  • デジタルキーは他のユーザーに渡すことも可能
  • ドライバーごと、個別に車両設定
  • 車両フリートおよびカーシェアリングサービス プロバイダーのためのデジタルキー管理
テキストを保存
  • 2017/08/24
  • モビリティ ソリューションズ
  • プレスリリース
  • 画像: 3点

画像 (3点)

すべての画像を表示

プレスリリース

シュトゥットガルト(ドイツ) – 朝の忙しいときに、クルマのキーが見つからず焦ったという経験を、ほとんどの人がお持ちなのではないでしょうか?また、両手にいっぱいの買い物袋を抱えて、クルマのドアを開けるのに「開け、ゴマ」の合言葉を使えたらと思ったことはありませんか?ボッシュは、スマートフォンを車両キーに変えることで、キー探しの煩わしさからドライバーを開放します。「私たちのデジタル車両アクセスシステム「パーフェクトリーキーレスは、ドライバーが伝統的な車両キーなしで車両のロックを解除できることを意味します。これはストレスゼロのコネクテッドモビリティの素晴らしい例のひとつです」とオートモーティブ エレクトロニクス事業部長の Harald Kröger は述べています。ドライバーが車両に近づくと、スマートフォンを車載センサーが認識します。「正常に識別されると、物理的なキーなしで車両のロックが解除されます。同様に、エンジンを始動するにも、降車後に車両を再ロックするときもキーは必要ありません」(Kröger)。車両の所有者は、他の人へクルマの使用許可を与えるためにアプリを使用することもできます。不当アクセスの可能性を排したセキュアなプロセスを通じて、追加のバーチャルキーがクラウド経由で相手のスマートフォンに送信されます。カーシェアリングサービスのプロバイダーや車両フリートの運用者は、車両へのアクセスとキーを柔軟に管理できるようになります。

キーレスのドライブはストレスゼロの旅
パーフェクトリーキーレスはデジタル車両キーです。これを使用するには、アプリを自分のスマートフォンにダウンロードし、車両をアプリにネットワーク接続する必要があります。接続が確立されると、スマートフォンは車両のデジタルロックに適合するワンオフ セキュリティキーを生成します。パーフェクトリーキーレスでは、スマートフォンまでの距離の把握とセキュリティキー識別のため、車載センサーへ無線接続を使用します。ドライバーと車両の間隔が2 m以下に縮まると、車両のドアのロックが解除されます。キーを探す必要はもはやありません。ロックが解除されると、バックミラーやシート位置など、既定の個人設定が有効になります。そしてスマートフォンが車内にあることをパーフェクトリーキーレスが認識した後は、スタート/ストップ機能ボタンに触れるだけでエンジンが始動します。目的地に着いてドライバーが降車した後も、システムはスマートフォンをバーチャルアイで追い続けます。ドライバーとスマートフォンが車両から2 m以内の圏外に出ると、車両は自動的にセキュアにロックされます。システムはドライバーのスマートフォンに確認信号を送ります。

個別キー管理
車両のオーナーはパーフェクトリーキーレスを使ってクルマを家族や友人などに貸すことができます。その際、キーを直接手渡しするかわりにアプリを使ってクルマへのアクセス権を供与できます。システムは追加の個人用セキュリティキーを生成し、クラウド経由で相手のスマートフォンに送信します。個々のキーはすべて一つしか存在しないもので、ユーザーはそれぞれの個人設定を保存できます。パーフェクトリーキーレスシステムは車両フリート全体にも適用できます。必要に応じて、地理的および時間的制限に従い、ユーザーのアクセスをデジタルに承認、否認することができます。それにより、レンタカー会社などのフリート運用者、カーシェアリングサービスのプロバイダー、そして一般の企業も、アプリとクラウドにより手持ち車両のキーをデジタル管理できることになります。

追加のQ&A

パーフェクトリーキーレスを使用するには、どのようなハードウェアを車両に追加する必要があるのですか?
自動車メーカーによって、近接センサーとコントロールユニットが車両に取り付けられていることが必要です。センサーは、車両からドライバーのスマートフォンまでの距離を測定します。そのほか、ドライバーがどの方向から車両に接近しているかを特定します。コントロールユニットはデジタルセキュリティキーを管理するとともに、スマートフォン、クラウド、そして車載システム間の円滑な通信を確保します。

ユーザーがスマートフォンを紛失した場合はどうなりますか?
アプリをインストールしたスマートフォンを紛失した場合、デジタルキーをオンラインで無効にすることができます。これにより、権限を持つ人も、第三者も車両にアクセスできなくなります。新しいスマートフォンはいつでも車両にネットワーク接続でき、新しいセキュリティキーを生成させることができます。また、その間、従来の車両キーを使ってクルマに乗ることもできます。

パーフェクトリーキーレスは、すでに市場に出回っているキーレスエントリーシステムとはどこが違うのですか?
今日のキーレスエントリーシステムは、チップを埋め込んだ物理的なキーを使用します。ドライバーがポケットまたはハンドバッグに入れて携行していれば、それと認識されるわけです。アプリベース初のデジタルアクセスシステムは、シェアリングサービスで利用され始めたところです。これにより、車両キーの追跡管理という面倒な仕事から解放されます。車両に乗り込む、または発進するのに、ユーザーはクルマで出かける前、スマートフォンでアクセスを要求します。パーフェクトリーキーレスでは、スマートフォンがポケットに入っていれば十分です。ドライバーとスマートフォンが接近すると、車両アクセスシステムが自動的に車両のロックを解除します。キーやチップカード、あるいはスマートフォンの画面をスワイプする必要もありません。

パーフェクトリーキーレスはどのモバイル オペレーティング システムで機能するのですか?
システムは、標準的なオペレーティング システムを搭載したモバイル機器をサポートしています。

追加情報:
パーフェクトリーキーレスの紹介ビデオを YouTube でご覧いただけます。
パーフェクトリーキーレスの追加の詳細情報は www.bosch-mobility-solutions.com でご覧いただけます。
IAA 2017で展示されるボッシュの革新的技術

報道関係対応窓口:
Annett Fischer,
電話: +49 711 811-6286

IAA 2017でボッシュ製品をご体験いただけます(開催地はフランクフルト):ボッシュは未来のモビリティについて、事故ゼロ、エミッションゼロ、ストレスゼロの姿を思い描いています。ボッシュはこの事故ゼロ、エミッションゼロ、ストレスゼロという目標を自動化、電動化とネットワーク化を通じて達成したいと考えています。ボッシュはIAA 2017において、運転をより安全・効率的にし、クルマを第3の生活空間にする最新のソリューションを3つのテーマに沿った形でご紹介します。

ボッシュ役員の記者会見:2017年9月12日(火)13:15~13:40(現地時間)、ボッシュ取締役会会長のフォルクマル・デナーモビリティ ソリューション セクター統括部門長のロルフ・ブーランダーが出席予定、ボッシュのブース:第8ホールのA03

IAA 2017におけるボッシュのハイライトを www.bosch-iaa.de とTwitterで紹介:#BoschIAA


このプレスリリースは2017年08月24日に Robert Bosch GmbH より発行されました。
原文をご覧ください。
世界のボッシュ・グループ概要
モビリティ ソリューションズは、ボッシュ・グループ最大の事業セクターです。2016年の売上高は439億ユーロで、総売上高の60%を占めています。モビリティ ソリューションズの売上により、ボッシュ・グループはリーディングサプライヤーの地位を確立しています。モビリティ ソリューションズは、自動化、電動化、ネットワーク化の3つの領域においてグループの専門知識を統合させ、お客様にトータルソリューションを提供します。その事業領域は主に、内燃機関の燃料噴射テクノロジー/パワートレイン周辺機器、パワートレイン電動化のさまざまなソリューション、車載向け安全システム、ドライバー アシスタンス システム/自動化機能、ユーザーフレンドリーなインフォテインメントやVehicle-to-Vehicle(車車間)およびVehicle-to-Infrastructure(路車間)通信、オートモーティブ アフターマーケット向けのリペアショップコンセプト/テクノロジー/サービスなどです。さらにボッシュは、電気駆動マネジメントや横滑り防止装置ESC(エレクトロニック スタビリティ コントロール)、ディーゼル用コモンテールシステムなどの自動車の重要な革新技術を生み出してきました。

ボッシュ・グループは、グローバル規模で革新のテクノロジーとサービスを提供するリーディングカンパニーです。2016年の従業員数は約39万人(2016年12月31日現在)、売上高は731億ユーロを計上しています。現在、事業はモビリティ ソリューションズ、産業機器テクノロジー、消費財、エネルギー・建築関連テクノロジーの4事業セクター体制で運営しています。ボッシュはIoTテクノロジーのリーディングカンパニーとして、スマートホーム、スマートシティ、コネクテッドモビリティ、さらにコネクテッドインダストリーに関する革新的なソリューションを提供しています。ボッシュはセンサー技術、ソフトウェア、サービスに関する豊富な専門知識と「Bosch IoT cloud」を活かし、さまざまな分野にまたがるネットワークソリューションをワンストップでお客様に提供することができます。ボッシュ・グループはコネクテッドライフに向けたイノベーションの提供を戦略的な目標に定め、革新的で人々を魅了する全製品とサービスを通じて生活の質の向上に貢献します。つまり、ボッシュはコーポレートスローガンである「Invented for life」-人と社会に役立つ革新のテクノロジーを生み出していきます。ボッシュ・グループは、ロバート・ボッシュGmbHとその子会社450社、世界約60カ国にあるドイツ国外の現地法人で構成されており、販売/サービスパートナーを含むグローバルな製造・エンジニアリング・販売ネットワークは世界中のほぼすべての国々を網羅しています。ボッシュの未来の成長のための基盤は技術革新力であり、世界120の拠点で約5万9,000人の従業員が研究開発に携わっています。

ボッシュの起源は、1886年にロバート・ボッシュ(1861~1942年)がシュトゥットガルトに設立した「精密機械と電気技術作業場」に遡ります。ロバート・ボッシュGmbHの独自の株主構造は、ボッシュ・グループの企業としての自立性を保証するものであり、ボッシュは長期的な視野に立った経営を行い、将来の成長を確保する重要な先行投資を積極的に行うことができます。ロバート・ボッシュGmbHの株式資本の92%は慈善団体であるロバート・ボッシュ財団が保有しています。議決権の大半はロバート・ボッシュ工業信託合資会社が保有し、株主の事業機能を担っており、残りの株式は創業家であるボッシュ家とロバート・ボッシュGmbHが保有しています。

さらに詳しい情報は 以下を参照してください。
www.bosch.com ボッシュ・グローバル・ウェブサイト(英語)
www.bosch-press.com ボッシュ・メディア・サービス(英語)
https://twitter.com/BoschPresse ボッシュ・メディア 公式ツイッター(ドイツ語)
www.bosch.co.jp ボッシュ・ジャパン 公式ウェブサイト(日本語)
https://twitter.com/Boschjapan ボッシュ・ジャパン 公式ツイッター(日本語)
https://www.facebook.com/bosch.co.jp ボッシュ・ジャパン 公式フェイスブック (日本語)
https://www.youtube.com/boschjp ボッシュ・ジャパン 公式YouTube(日本語)

PI9785 | 2017/08/24

報道関係者様向けご対応窓口

Annett Fischer

+49 711 811-6286

情報をシェアする