経営情報

日本のボッシュ・グループ:被災地復興支援イベント
第5回「聖ニコラウス(ドイツのサンタクロース)が今年もやって来た!」
宮城県東松島市の3つの保育所を訪問

  • 「ドイツのサンタクロース(聖ニコラウス)」のイベントを今年も12月4日に実施
  • 東日本大震災発生の2011年から継続開催し、今年で5回目
  • 聖ニコラウスに扮した前代表取締役社長のヘルベルト・ヘミングが児童約300人にドイツの玩具やお菓子をプレゼント
  • 2016年も東松島市への支援を継続
テキストを保存
  • 2015/12/04
  • 経営情報
  • プレスリリース
  • 画像: 8点

プレスリリース

日本のボッシュ・グループは、東日本大震災の復興支援活動の一環として、2011年、から毎年12月に継続開催してきたクリスマスイベント「聖ニコラウス(ドイツのサンタクロース)が今年もやって来た!」を、今年も12月4日(金)に東松島市内の障がい児デイケアセンターを含む3つの保育所に通う児童約300人を対象に開催しました。

このイベントでは、毎年12月6日に聖ニコラウスが1年間良い子にしていた子供たちに贈り物を渡すという欧州伝統の行事「聖ニコラウスの日(St. Nikolaus Day)」にちなみ、ボッシュ日本法人の代表取締役社長が保育所を訪れ、児童にクリスマスプレゼントを贈呈してきました。2015年3月に退任した前代表取締役社長のヘルベルト・ヘミングが今年も聖ニコラウスに扮し、ボッシュ・グループの寄贈したコンテナハウスを利用している小野保育所を含む市内の3つの保育所を訪問しました。

「良い子にしていたら、来年もまた来るからね」と児童たちとした約束したヘミングは、今年はドイツから東松島市を訪れました。今年も3つの保育所を訪ねたヘミングは、この行事を心待ちにしていた子供たちの大歓声に迎えられました。召使と天使に扮した2人の弊社社員ボランティアたちも一緒に、全員でジングルベルを合唱した後、手書きのメッセージカードを添えたドイツ製の木の玩具とお菓子を、ヘミングから子供たち1人ひとりに手渡しました。

ヘミングは今年で五年目を迎えた活動について「ボッシュは、震災当事から長期的、持続的な支援を通じて東松島市とその市民の皆様との深い交流を続けていきたいと考えてきました。代表取締役社長を退任した本年も、ボッシュの代表として東松島市を訪問できることは、これまで聖ニコラウスの活動を続けてきた私にとって非常に光栄なことです。これまでの交流を通じ出会った東松島市の友人、特に未来への明るい希望である保育所の子供たちに再会できたことは、大きな喜びです」と述べました。なお、プレゼントに添えたひとつひとつ内容の異なる心のこもった手書きのメッセージカードや、子供たちに贈るプレゼントの梱包作業などの事前準備には、総勢約50人の社員とその家族がボランティアで協力しました。また、保育所の訪問に先立ち、阿部秀保(あべ ひでお)東松島市長とヘミングとの面会が行われました。そこで阿部市長よりヘミングへ、これまで5年間の支援に対する感謝状が贈呈されました。「ヘミング氏が代表取締役社長を退任した後も、こうして子供たちのためにドイツから東松島に来てくださったことをとても嬉しく思います。これまでボッシュと築いてきた絆が今後一層深まっていくことを願っています」と阿部市長は述べられました。

ボッシュ・グループは東松島市への復興支援活動を継続
創業者ロバート・ボッシュの「社会奉仕」の精神に基づき、自主的・積極的に社会との調和を図り、さまざまな分野で社会への奉仕活動を実施しているボッシュ・グループでは、支援地域を宮城県東松島市とし、震災以降、現在も継続的に復旧・復興支援をしております。2016年も、引き続き支援を行っていく所存です。

<ボッシュ・グループの東松島市への復興支援活動について>
創業者ロバート・ボッシュの「社会奉仕」の精神に基づき、自主的・積極的に社会との調和を図り、さまざまな分野で社会への奉仕活動を実施しているボッシュ・グループでは、支援地域を宮城県東松島市とし、震災以降、現在も継続的に復旧・復興支援を行っており、今後も引き続き支援を行う所存です。
宮城県東松島市に活動を特化したのは、弊社の主要工場がある埼玉県東松山市の職員の方から、宮城県東松島市の職員の方をご紹介頂いたのがきっかけです。

2011年
3月ボッシュ・グループとして100万ユーロの義援金(日本赤十字社)
4月電動工具200台を寄贈(公益団体Civic Force)
5月支援対象地域を宮城県東松島市に特化することを決定
6月従業員ボランティア活動開始
(~2011年11月、2回/月、40人/回、計10回実施)
参考:電動工具部門からのボランティアリーダー:インタビュー
8月コンテナハウス等を寄贈
同市内の被災した保育所などの公共施設の代替として仮設コンテナハウス14棟(300ユニット)、市公用車としてクリーンディーゼル乗用車6台、電動工具などの物資を寄贈
東松島・東松山 少年野球交流会
12月児童向けチャリティーイベント
第1回「聖ニコラウス(ドイツのサンタクロース)がやって来た!」

2012年
5月従業員ボランティア活動 開始(3回/年)
6月「世界に羽ばたこう!サッカー教室in 東松島」
VfBシュトゥットガルトで活躍中のサッカー選手、岡崎慎司選手(当時)と酒井高徳選手に参加いただき、同市内にある小野小学校全校生徒126人および矢本第二中学校のサッカー部員37人を対象に「世界に羽ばたこう!サッカー教室in 東松島」を開催
参考:イベントレポート
11月「ドイツの豊かな音楽に触れる秋のひととき」
ドイツのシュトゥットガルト室内管弦楽団を招き、東松島市の矢本第一中学校の全校生徒約580名と東松島市民430名を対象にしたチャリティコンサートを実施
12月児童向けチャリティーイベント
第2回「聖ニコラウス(ドイツのサンタクロース)がやって来た!」

2013年
5月2013年度 従業員ボランティア活動 開始(2回/年)
7月「復興“絆”木工プロジェクト」ワークショップ
東松島市の高台移転造成地などで伐採された木材を活用し、仮設住宅などにお住まいの皆さんが木工製品を作る「復興“絆”木工プロジェクト」用に、電動工具(“DREMEL MOTO-SAW”)を寄贈
9月「夢に向かってアクセルを踏もう」
~2013年全日本F3選手権シリーズ決勝観戦ツアー~

ボッシュ・グループがワールドワイドで公式サプライヤーを務めているモータースポーツレースF3の決勝戦の観戦ツアー(宮城県SUGOスポーツランド)に、東松島市の子供たちと保護者計38名を招待
12月児童向けチャリティーイベント
第3回「聖ニコラウス(ドイツのサンタクロース)がやって来た!」

2014年
5月ボッシュpresents D.I.Y.企画
「木工教室~電動工具で木製ベンチを作ろう!~」
10月ドイツのシュトゥットガルト室内管弦楽団 による
「オクトーバー・コンサートin東松島」
「ファミリーフレンドリーコンサート」
ドイツの豊かな音楽に触れる秋のひととき

(東松島市民 約550名が対象)
12月児童向けチャリティーイベント
第4回「聖ニコラウス(ドイツのサンタクロース)がやって来た!」の実施

2015年
12月児童向けチャリティーイベント
第5回「聖ニコラウス(ドイツのサンタクロース)がやって来た!」の実施

報道関係対応窓口:
松本 有可
舟田 直美
電話:03-5485-3393
日本のボッシュ・グループ概要
日本のボッシュはボッシュ㈱、ボッシュ・レックスロス㈱、ボッシュ パッケージングテクノロジー㈱その他の関係会社から構成されます。ボッシュ㈱は自動車用パーツの開発、製造、販売そしてサービスの業務を展開し、また自動車用補修パーツや電動工具も取り扱っています。ボッシュ・レックスロスは油圧機器事業、FAモジュールコンポーネントやその他のシステムの開発と生産を行い、日本の産業機器技術に貢献しています。ボッシュ パッケージングテクノロジーは包装機械メーカーおよびインスペクション・テクノロジーの開発を行う会社です。さらにボッシュセキュリティシステムズ株式会社は、人命や建築物、財産などを守る製品とソリューションの提供を主要な事業としています。
2014年の日本のボッシュ・グループの売上は約3,430億円で、従業員数は約7,200人です。

世界のボッシュ・グループ概要
ボッシュ・グループは、グローバル規模で革新のテクノロジーとサービスを提供するリーディング・カンパニーです。 2014年の従業員数は約360,000人(2015年4月1日現在)、売上高は490億ユーロ*1(約6兆8747億円)*2を計上しています。事業はモビリティ ソリューションズ、産業機器テクノロジー、消費財、エネルギー・建築関連テクノロジーの4事業セクター体制で運営しています。ボッシュ・グループは、ロ バート・ボッシュGmbHとその子会社約440社、世界約60カ国にあるドイツ国外の現地法人で構成されており、販売、サービス代理店のネットワークを加 えると、世界の約150カ国で事業展開しています。この開発、製造、販売のグローバル・ネットワークが、ボッシュのさらなる成長の基盤です。2014年に ボッシュは全世界で約4,600件の国際特許の基礎特許(第一国出願)を出願しています。私たちボッシュ・グループはコネクテッドライフに向けたイノベー ションの提供を戦略的目標に定め、革新的で人々を魅了する全製品とサービスを通じ、人々の生活の質を向上します。つまりボッシュはコーポレートスローガン である「Invented for life」-人と社会に役立つ革新のテクノロジーを生み出していきます。

ボッシュの起源は、1886年にロバート・ボッシュ(1861~1942年)がシュトゥットガルトに設立した「精密機械と電気技術作業場」に遡ります。ロバート・ボッシュGmbHの独自の株主構造は、ボッシュ・グループの企業としての自立性を保証するものであり、ボッシュは長期的な視野に立った経営を行い、将来の成長を確保する重要な先行投資を積極的に行うことができます。ロバート・ボッシュGmbHの株式資本の92%は慈善団体であるロバート・ボッシュ財団が保有しています。議決権の大半はロバート・ボッシュ工業信託合資会社が保有し、株主の事業機能を担っており、残りの株式は創業家であるボッシュ家とロバート・ボッシュGmbHが保有しています。

*1 公表された2014年の売上高には、現在では完全子会社化されたかつての折半出資の合弁会社であるBSH Bosch und Siemens Hausgeräte GmbH(現在はBSH Hausgeräte GmbHに社名変更)およびZF Lenksysteme GmbH(現在はRobert Bosch Automotive Steering GmbHに社名変更)は含まれていません。
*2 2014年の平均為替レート、1EURO=140.3円で換算


さらに詳しい情報は 以下を参照してください。
www.bosch.com ボッシュ・グローバル・ウェブサイト(英語)
www.bosch-press.com ボッシュ・メディア・サービス(英語)
https://twitter.com/BoschPresse ボッシュ・メディア 公式ツイッター(ドイツ語)
www.bosch.co.jp ボッシュ・ジャパン 公式ウェブサイト(日本語)
https://twitter.com/Boschjapan ボッシュ・ジャパン 公式ツイッター(日本語)
https://www.facebook.com/bosch.co.jp ボッシュ・ジャパン 公式フェイスブック (日本語)
https://www.youtube.com/boschjp ボッシュ・ジャパン 公式YouTube(日本語)

C/CCR-JP-2015-17 | 2015/12/04

情報をシェアする