経営情報

人とくるまのテクノロジー展2016に出展
ボッシュが、クルマと二輪車の未来を形作るパワートレインシステム、モビリティの電動化、自動化、ネットワーク化ソリューションを展示

  • 航続距離を最大25%向上させる電気自動車向けインテリジェント・サーマルマネジメントが日本初出展
  • モビリティの自動化のための包括的なソリューション
  • モビリティのネットワーク化へ高まるニーズにこたえるセキュリティとHMI(Human Machine Interface)ソリューション
  • 世界初の二輪車向けアシスタンスシステム、サイドビューアシストが日本初出展
テキストを保存
  • 2016/05/25
  • 経営情報
  • プレスリリース
  • 画像: 1点

画像 (1点)

すべての画像を表示

プレスリリース

東京 - グローバル規模で革新的なテクノロジーとサービスを提供するリーディングカンパニーであるボッシュの日本法人、ボッシュ株式会社は、2016年5月25日(水)から5月27日(金)まで3日間開催される「人とくるまのテクノロジー展2016」に出展し、未来のモビリティを形作るボッシュの幅広いソリューションをご紹介します。

パワートレインシステム、電動化モビリティの分野では、日本国内の展示会において初めての出展となる電気自動車向けインテリジェント・サーマルマネジメントを展示します。このシステムは、冬季暖房・夏季冷房に対する費用対効果及びエネルギー効率を改善することにより、乗員の快適性を損なうことなく、車両の航続距離を25%(冬季シティーサイクル)向上させることができます。また、軽い振動でドライバーに運転中の危険な状況を知らせたり、エコドライブを促すことで、燃費向上を可能にするアクティブアクセルペダルも出展します。ディーゼルエンジン向けのソリューションでは、NOx(窒素酸化物)を最大96%削減する乗用車、商用車向けの新型選択還元触媒用尿素噴射システムをご紹介します。新型システムは従来型よりも、より頑強な尿素水噴射システムで、今後強化されるNOx規制や、新しいドライビングサイクルへの対応が可能です。この他に、ディーゼル・ガソリン直噴システム、低電圧・高電圧電動化システム、トランスミッション向け製品を展示します。

モビリティの自動化ソリューションの分野では、駐車支援・自動運転に必要な各種センサーや安全システム、また自動運転だけでなく燃費向上にも貢献する電動パワーステアリングシステムをご紹介します。

モビリティのネットワーク化ソリューションの分野では、コネクテッド・カーの実現に向け高まる車載セキュリティに対応するゲートウェイを展示します。セキュリティソリューションのほかには、車載ディスプレイのフレキシブルな表示デザインを可能にするフリーリー プログラマブル クラスター(Freely Programmable Cluster)を出展します。

また、二輪車向け製品・サービスの分野では、ライディングイノベーションを実現する、包括的なシステムソリューションを展示します。世界初のアドバンスト ライダー アシスタンス システム(ARAS)である、二輪車向けサイド ビュー アシスト、さらに二輪車向けに開発されたディスプレイユニット、インテグレーテッド コネクティビティ クラスター(ICC)は、日本国内の展示会で初めての出展となります。

報道関係対応窓口:
舟田 直美
松本 有可
電話:+81-3-5485-3393


日本のボッシュ・グループ概要
日本のボッシュはボッシュ㈱、ボッシュ・レックスロス㈱、ボッシュ パッケージングテクノロジー㈱その他の関係会社から構成されます。ボッシュ㈱は自動車用パーツの開発、製造、販売そしてサービスの業務を展開し、また自動車用補修パーツや電動工具も取り扱っています。ボッシュ・レックスロスは油圧機器事業、FAモジュールコンポーネントやその他のシステムの開発と生産を行い、日本の産業機器技術に貢献しています。ボッシュ パッケージングテクノロジーは包装機械メーカーおよびインスペクション・テクノロジーの開発を行う会社です。さらにボッシュセキュリティシステムズ株式会社は、人命や建築物、財産などを守る製品とソリューションの提供を主要な事業としています。
2014年の日本のボッシュ・グループの売上は約3,430億円で、従業員数は約7,200人です。

世界のボッシュ・グループ概要
ボッシュ・グループは、グローバル規模で革新のテクノロジーとサービスを提供するリーディングカンパニーです。2015年の従業員数は約37万5,000人(2015年12月31日現在)、2015年の売上高は706億ユーロを計上しています。現在、事業はモビリティ ソリューションズ、産業機器テクノロジー、消費財、エネルギー・建築関連テクノロジーの4事業セクター体制で運営しています。ボッシュ・グループは、ロバート・ボッシュGmbHとその子会社440社、世界約60カ国にあるドイツ国外の現地法人で構成されており、販売/サービスパートナーを含む世界的な製造・販売ネットワークは約150カ国を網羅しています。ボッシュの未来の成長のための基盤は技術革新力であり、世界約118の拠点で5万5,800人の従業員が研究開発に携わっています。私たちボッシュ・グループはコネクテッドライフに向けたイノベーションの提供を戦略的な目標に定め、革新的で人々を魅了する全製品とサービスを通じて生活の質の向上に貢献します。つまり、ボッシュはコーポレートスローガンである「Invented for life」-人と社会に役立つ革新のテクノロジーを生み出していきます。

さらに詳しい情報は 以下を参照してください。
www.bosch.com ボッシュ・グローバル・ウェブサイト(英語)
www.bosch-press.com ボッシュ・メディア・サービス(英語)
https://twitter.com/BoschPresse ボッシュ・メディア 公式ツイッター(ドイツ語)
www.bosch.co.jp ボッシュ・ジャパン 公式ウェブサイト(日本語)
https://twitter.com/Boschjapan ボッシュ・ジャパン 公式ツイッター(日本語)
https://www.facebook.com/bosch.co.jp ボッシュ・ジャパン 公式フェイスブック(日本語)
https://www.youtube.com/boschjp ボッシュ・ジャパン 公式YouTube(日本語)

C/CCR-JP-2016-10 | 2016/05/25

情報をシェアする