経営情報

ボッシュのスマート農業向けソリューション、プランテクト
2017年度 グッドデザイン賞を受賞

第7回農業ワールドで実機を展示

  • 充実したサービス内容とセンサーのデザイン性を評価
  • ソフトウェアで構成されるサービスでは、ボッシュ株式会社初の受賞
  • 第7回農業ワールド(10月11日(水)~13日(金)開催)で実機を展示
テキストを保存
  • 2017/10/05
  • 経営情報
  • プレスリリース
  • 画像: 1点

画像 (1点)

すべての画像を表示

プレスリリース

東京 — グローバル規模で革新のテクノロジーとサービスを提供するリーディングカンパニーであるボッシュのスマート農業向けソリューションの「プランテクト(Plantect)」が2017年度グッドデザイン賞(主催:公益財団法人日本デザイン振興会)を受賞しました。2017年10月11日(水)から開催される農業ワールド2017に出展し、今回グッドデザイン賞を受賞したプランテクトの実機を展示します。

プランテクトは、センサーとAIを使用したソフトウェアによるハウス栽培向けのモニタリングおよび病害予測サービスで、ハウス内環境を計測するセンサーと、計測された数値をもとに病害発生を予測するソフトウェアで構成されています。(2017年9月時点では、病害予測機能はハウス栽培トマトのみ対応しています。) プランテクトは、通信方式に省電力などの特性を考慮し、長距離無線通信(LoRa)を採用しています。さらに、センサーはバッテリー駆動のため、電源コンセントや通信ケーブルなどの配線を含めた初期設置のための施工を考慮することなく、ハウス内のどこにでもワイヤレスで簡単に設置することが可能です。また、初期費用が無く月額の使用料金のみでサービスをご利用いただくことができる為、ユーザーにとって様々な面で導入しやすいサービス体制を整えています。

今回プランテクトは、ハードウェアのデザイン性と農家の方々のニーズに応える充実したサービス内容が高く評価されました。ボッシュ株式会社では、これまで自動車用アフターマーケット製品や電動工具でグッドデザイン賞を受賞していますが、ソフトウェアで構成されるサービスでは今回が初めての受賞となります。今回の受賞についてプランテクトのデザインディレクションを担当した山本 雅康は「中小規模農家にとってIoTを活用したソリューションの導入は投資、設備の両面においてハードルが高く、プランテクトは
こうした農家の方々のニーズを満たす機能性と「Seed(種)」をテーマにした目を引く個性的なデザインが評価され受賞に至ったことを大変嬉しく思います」と述べました。

第7回農業ワールドに出展し、実機のデモンストレーションを公開
ボッシュ株式会社は、10月11日(水)から13日(金)まで幕張メッセにて開催されるアジア最大の農業向けソリューションの展示会「第7回農業ワールド」内第4回次世代農業EXPOに出展します。同展示会ではプランテクトの実機を展示し、デモンストレーションを行う予定です。

農業ワールド2017出展概要
期間:2017年10月11日(水)~13日(金)
場所:幕張メッセ
ブース番号:37-32
Plantect お問合せ情報
プランテクトコールセンター:048-470-1746
プランテクトお問合せEmail:plantect@jp.bosch.com
プランテクトホームページ:http://www.bosch.co.jp/plantect
報道関係対応窓口:
舟田 直美
松本 有可
電話:+81-3-5485-3393


日本のボッシュ・グループ概要
日本のボッシュはボッシュ㈱、ボッシュ・レックスロス㈱、ボッシュ パッケージングテクノロジー㈱その他の関係会社から構成されます。ボッシュ㈱は自動車用パーツの開発、製造、販売そしてサービスの業務を展開し、また自動車用補修パーツや電動工具も取り扱っています。ボッシュ・レックスロスは油圧機器事業、FAモジュールコンポーネントやその他のシステムの開発と生産を行い、日本の産業機器技術に貢献しています。ボッシュ パッケージングテクノロジーは包装機械メーカーおよびインスペクション・テクノロジーの開発を行う会社です。さらにボッシュセキュリティシステムズ株式会社は、人命や建築物、財産などを守る製品とソリューションの提供を主要な事業としています。2016年の日本のボッシュ・グループの第三者連結売上高は約2,670億円で、従業員数は約6,600人です。

世界のボッシュ・グループ概要
ボッシュ・グループは、グローバル規模で革新のテクノロジーとサービスを提供するリーディングカンパニーです。2016年の従業員数は約39万人(2016年12月31日現在)、2016年の売上高は731億ユーロを計上しています。現在、事業はモビリティ ソリューションズ、産業機器テクノロジー、消費財、エネルギー・建築関連テクノロジーの4事業セクター体制で運営しています。ボッシュはIoTテクノロジーのリーディングカンパニーとして、スマートホーム、スマートシティ、コネクテッドモビリティ、さらにコネクテッドマニュファクチャリングに関する革新的なソリューションを提供しています。ボッシュはセンサー技術、ソフトウェア、サービスに関する豊富な専門知識と「Bosch IoT cloud」を活かし、さまざまな分野にまたがるネットワークソリューションをワンストップでお客様に提供することができます。ボッシュ・グループはコネクテッドライフに向けたソリューションの提供を戦略的な目標に定め、革新的で人々を魅了する全製品とサービスを通じて生活の質の向上に貢献します。つまり、ボッシュはコーポレートスローガンである「Invented for life」-人と社会に役立つ革新のテクノロジーを生み出していきます。ボッシュ・グループは、ロバート・ボッシュGmbHとその子会社440社、世界約60カ国にあるドイツ国外の現地法人で構成されており、販売/サービスパートナーを含むグローバルな製造・販売ネットワークは世界中のほぼすべての国々を網羅しています。ボッシュの未来の成長のための基盤は技術革新力であり、世界120の拠点で約5万9,000人の従業員が研究開発に携わっています。

さらに詳しい情報は 以下を参照してください。
www.bosch.com ボッシュ・グローバル・ウェブサイト(英語)
www.bosch-press.com ボッシュ・メディア・サービス(英語)
https://twitter.com/BoschPresse ボッシュ・メディア 公式ツイッター(ドイツ語)
www.bosch.co.jp ボッシュ・ジャパン 公式ウェブサイト(日本語)
https://twitter.com/Boschjapan ボッシュ・ジャパン 公式ツイッター(日本語)
https://www.facebook.com/bosch.co.jp ボッシュ・ジャパン 公式フェイスブック(日本語)
https://www.youtube.com/boschjp ボッシュ・ジャパン 公式YouTube(日本語)

C/CCR-JP-2017-20 | 2017/10/05

情報をシェアする