ボッシュ電動工具

電動工具の歴史

ボッシュは常に電動工具の歴史に新しいページを作り続けます。

1928 ボッシュ電動工具事業部の最初の製品バリカンを発売。
1932 世界初のハンマードリルを開発。
1946 世界初のジグソーを類型開発。
1952 世界初二重絶縁構造の電動工具を開発。
以来、ボッシュの発売する全ての電動工具は二重絶縁構造を採用。
1966 世界初のシェル・ハウジングを開発。
DIY 用電動工具の製造コストを大幅に低減。
電動工具が DIY 愛好者の間に急速に普及。
1972 世界初、電子制御コンスタントモーター。
1981 世界最軽量 2kg クラスハンマードリルを開発。
1984 世界初の吸じんハンマードリル、バッテリーハンマードリルを開発。
1985 世界初、パーソナル・ソーを開発。
1988 世界初、ランダムアクションサンダーを開発。
1991 新世界標準、SDS-max システムを開発。5kg 以上のハンマードリル、破つりハンマーに搭載。
1993 世界初、デルサンダーを開発。
1996 世界初、スクレーパーを発売。
1997 世界初、コンパクトベルトサンダーを開発。
1998 軽量ハンマードリルの生産が累計1000万台を達成。
日本でも業界に先駆けて「使用済電動工具の回収・リサイクル運動」通称“Happy End!”を開始。
1999 SDS-max システム大型ハンマードリル・破つりハンマーの生産が累計100万台を達成。
2001 世界初、マイクロフィルターシステム搭載のサンダーシリーズ発売。
2002 世界初、防振サイドハンドル付ディスクグラインダー発売。
2002 世界初、ウォールスキャナー。
2003 世界初、ナビゲーション機能付バッテリードライバードリル発売。
2003 世界初のリチウムイオンを使用したバッテリードライバー IXO 発売。
2004 世界初、マイクロフィルター搭載吸じん振動ドリル発売。
2005 世界初、バッテリーグラインダー。
2005 世界初のリチウムイオンバッテリーのプロ用工具 GSR 10.8V-LI 発売。
2005 世界初の工事現場用電動工具 GBH 36V-LI 発売。
2006 世界初、36Vバッテリーハンマードリル。
2006 世界初、ECP付き 10.8Vバッテリートドライバー。
2007 世界最小、レーザー距離計。
2007 世界初のリチウムイオン芝刈り機 ROTAK LI 発売。
2007 世界初のリチウムイオンガーデンバリカンセット ISIO 発売。
2008 バッテリーカットソー GMF 発売。
2008 1台で木工・金工・コンクリートへの穴あけとドライバーになる UNEO 発売。
2009 世界初、EMP付き バッテリー振動ドライバードリル。
2009 世界初のリチウムイオン剪定はさみ CISO 発売。
2009 14.4V・18V リチウムイオンスライドバッテリーシリーズを発売。14.4V/18VI
2010 日本専用、コンクリート探知機。
2011 クラス最短 コンパクト18 Vバッテリーのドライバードリル GSR 18 V-LI 発売。モーターを焼損事故から守るEMP付き。
2012 世界初のリチウムイオンを使用したバッテリードライバーIXO。発売10年で1200万台、世界で最も売れている電動工具。