クルマのミライを変える、あなたのアイディアを募集します。

4テーマに関するボッシュ社員のコメント

今回のアワードで募集する4つのテーマについて、参考キーワードや、開発者のコメントなどを掲載いたします。

もちろん、参考キーワードやコメントに関連しない、全く新しい発想も大歓迎です。

一人でも多くの方のご応募をお待ちしております。

本件に関する問い合わせ先

株式会社アカリク内 ボッシュアワード運営事務局
Tel: 03-3463-0783
Email: award@acaric.jp

※「ボッシュアワードの件」とご連絡ください。

ITと自動車の融合、提案したい技術

フォルクマル・デナーのコメント(プレスリリース)

フォルクマル・デナー

写真ロバート・ボッシュGmbHの取締役会メンバーで、研究開発・先端エンジニアリング、技術調整、プロダクト・プランニング&テクノロジーを担当している。

理学博士フォルクマル・デナー氏について(英語)

交通事故ゼロをめざして

参考キーワード: 安全性、快適性、機敏性

開発者からのコメント

イメージ未来の自動車は安全でリラックスでき、快適な走行を可能にするものでなければならないでしょう。カメラ、レーダー、センサーの各部品の進歩、それらのネットワーキングにより、全方位センシングが可能となり、安全性は大きく向上しています。この分野では、未来に向けて既に自動運転の開発も進んでいます。負傷リスク軽減、事故防止、運転快適性の向上に向けて、皆さんの面白いアイディアをお待ちしております。

参考:ボッシュはドイツの公道で自動運転のテストを開始しました。

女性の目から見た「あってほしい」自動車の機能

参考キーワード: 女性客、女性目線の機能

開発者からのコメント

イメージ女性客をターゲットにした店舗の改善や接遇改善など車両販売の最前線では女性客を取込むための競争が激しくなっています。その分野では女性目線で改善活動をすることが大きな力となります。

その力をさらに自動車の機能改善や移住環境改善に生かすことはできないでしょうか?

こんな機能があればもっと運転が楽しいのに、こんな環境が実現すればさらに居心地がいいのに。楽しい提案を期待しています。

地球環境保全のために内燃機関のあるべき未来

参考キーワード: 内燃機関、化石燃料、地球環境

開発者からのコメント

イメージEVが量産される時代になりました。ガソリン、ディーゼル、ハイブリッド、プラグインハイブリッド、EVと自動車の動力源は多様化しています。

しかしながら自動車のエネルギー源として化石燃料が依然として主役であり、内燃機関が自動車の主要動力源として活用される時代がまだしばらくは続きます。

急速にモータリゼーションが拡大していく地球規模での環境保全のために、内燃機関はどのように活用されるべきでしょうか?

ボッシュアワード概要に戻る