シュトゥットガルト、ミュンヘン – 関係官庁の認可を経て、ボッシュ・グループは2015年1月5日に、シーメンスが保有していた残り50%のBSH Bosch und Siemens Hausgeräte GmbH(BSH)の株式を取得しました。これにより、ボッシュとシーメンスの折半出資合弁会社だった同社は、ボッシュの100%出資子会社となりました。2013年の売上高が約105億ユーロに達し、約5万人の従業員を擁するBSHは、商業登記簿に記載されたのち、社名がBSH Hausgeräte GmbHに切り替わる予定です。

ボッシュはBSHを完全に傘下に収めることで、建物と家電製品をネットワーク化していく分野でビジネスを拡大しようとしています。家電製品は今後、スマート ホーム コンセプトの一部として、いっそう使いやすく、エネルギー効率が改善し、さらに利便性も向上します。例えば、BSHが開発した「ホーム コネクト」アプリを使えば、ユーザーは自分のスマートフォンやタブレット端末を使用して、Wi-Fi経由でネットワーク化された家電製品を操作できるようになります。BSHはホーム コネクト対応の家電製品として、オーブンと食洗機をすでに発表しており、これ以外の製品も続々と登場する予定です。

今後もBSHを率いるカールステン・オッテンベルクはこう述べています。「当社の戦略目標は、コネクテッド ワールドのためのソリューションを作り上げることです」。同社は今後、ボッシュ・グループから大きく独立した経営を確保する予定です。「私たちは、BSHの戦略を全面的に支持し、その価値を重視してくれるボッシュという親会社を得たことになります」と、オッテンベルクは述べます。家電製品分野で世界屈指のリーディング カンパニーであるBSHは、グローバル市場においてより勢力を伸ばし、特にヨーロッパ以外の地域でマーケット シェアをさらに獲得していきたいと考えており、2025年までに売上高を倍増させることを目指しています。オッテンベルクは、この実現のため研究開発とBSHブランドへの投資にさらに力を入れていきます。

BSHの全株式を取得したことで、ボッシュは自動車以外の事業を拡充したことになります。また、BSHの消費財事業が完全に連結決算の対象となるため、この事業セクターは今後、ボッシュの売上高の約4分の1を占めることになります。ボッシュの自動車以外の分野の売上高をすべて合わせると、全体で40%を超える見込みで、売上高の約半分を自動車以外の事業から獲得するという目標への大きな一歩となります。


このプレスリリースは2015年1月5日に Robert Bosch GmbH より発行されました。
原文をご覧ください。