ホーチミン市/シュトゥットガルト – ドイツのジグマール・ガブリエル副首相兼経済・エネルギー相が11月20日、ベトナムにあるボッシュ・トレーニングセンターを訪れました。ボッシュが、ドイツで実績をあげている「デュアル システム」をモデルとする職業訓練センターをベトナムで初めてオープンしたのは昨年のことです。以来、ベトナムの約50人の若者が入所し、将来ボッシュで技術者として働くことを目指して、キャリア研鑽の第一歩を踏み出しました。この職業訓練モデルは、専門学校での理論教育とボッシュの工場での実技研修の2本立ての構成となっています。

ドイツ・ビジネス・アジア太平洋会議に出席するためにベトナムを訪れた際、ボッシュの職業トレーニング・センターを視察したガブリエル大臣は、「ベトナムとドイツの経済的な結び付き強化を背景に、高い水準の職業訓練を受けた労働力を求める声が強まっています」と述べ、さらに、「ボッシュと現地の職業訓練校の提携で実現したこのようなイニシアチブが、ベトナムの職業訓練のあり方を変えつつあります」と語りました。ベトナムのグェン・タン・ユン首相も、ボッシュがベトナム国内での職業訓練を積極的に展開することを奨励しました。

アジアで人気の高いボッシュの職業訓練モデル
ボッシュの職業訓練は 長い歴史を誇ります。創業者のロバート・ボッシュは、1913年に早くも社内に職業訓練部門を創設しました。今日、グローバル規模で革新のテクノロジーとサービスを提供するボッシュは、20カ国で合わせて約6,900人の職業訓練生を受け入れ、トレーニングを行っており、うち約2,000人はドイツ国外で職業訓練に励んでいます。

特にアジアでは、高度の職業訓練を受けた熟練労働者の需要が急速に膨らんでいます。ボッシュの取締役会メンバーでアジア/太平洋地域を担当する ペーター・ティロラーはこう述べます。「ボッシュにとって、アジア/太平洋は重要な成長地域です。この地域の若者の専門能力を開発することは、グループの現地化戦略にとってだけでなく、ダイナミックに成長するこの地域で私たちのビジネスをさらに発展させる上で重要です」。過去10年間で、アジア/太平洋地域でのボッシュの売上高は2倍以上に増加し、約111億ユーロに達しました。また、ボッシュは2020年までにさらなる倍増を目指しています。中国やインドなどの大規模市場はもちろん、東南アジアの成長市場も、グループの売上げ拡大にますます重要な意味を持ちつつあります。

ボッシュはアジアにおいて、ベトナムのほか6カ所で、ドイツのシステムをモデルにした職業訓練場を提供しています。タイでは2013年に「デュアルシステム」を導入、中国では2007年に最初のトレーニング・センターが開所し、今ではその数が4カ所に増えています。インドの職業訓練センターが開所したのは1961年で、歴史が長いだけでなく、これまでに何度も同国で 最も優れたトレーニング施設に選ばれました。優秀な人材の獲得競争が熾烈化する中で、ボッシュは今後も世界各地に職業訓練センターを設置していきたいと考えています。

ベトナムのボッシュ
ボッシュは1994年にベトナムに初めて進出し、2008年にホーチミン市に最初の支店を開設しました。2014年7月以降、ボッシュのベトナム事業本部はドンナイ省に置かれており、ボッシュはこのドンナイでCVT用プッシュベルトを製造する計画を立てています。ボッシュは2010年に東南アジア初のソフトウェア コンピテンス センターをホーチミン市に立ち上げ、そこで約650人の従業員が働いています。さらに、2014年7月にボッシュは同地にモビリティ ソリューションズ開発センターを併設しました。現在、ボッシュはベトナムで約2,000人の従業員を雇用しています。

報道関係対応窓口:
Melita Delic
電話: +49 711 811-48617
Agnes Gril
電話:+49 711 811-38140


このプレスリリースは2014年11月20日に Robert Bosch GmbH より発行されました。
原文をご覧ください。