ボッシュ・グループは、 ハノーバーメッセ2015(英語HP) のパートナー国であるインドが今後数年間で力強く成長すると予測しています。インドでは中長期的なプラス成長が期待でき、インド経済は早ければ年内にも6%の成長を達成すると見込まれています。ボッシュ・インドを率いるSteffen Berns(シュテフェン・ベルンス)はこう述べています。「インドの新政府はインフラと教育の充実化と官僚制度の見直しといった重要な問題に組織的に対応しようとしており、これがインドの発展に大きな影響を与えると考えています」。1922年からインドで事業を展開しているボッシュは、インド亜大陸での景況はこのまま良好に推移すると見ています。「特にモビリティ、インフラ、産業、エネルギー、セキュリティ、包装、ヘルスケアの各分野において、ボッシュには自社の製品やソリューションを提供できるさまざまなチャンスが到来するでしょう。また、インドのコネクテッドプロダクションの分野でもボッシュには大きな可能性があるはずです」(ベルンス)

ボッシュがインドにコネクテッドプロダクションを導入
たとえば新しいビジネスプログラム 「Make in India」(英語HP) は、インド国内の産業化や製造の近代化を推進するためにスタートしました。ベスンスはこう述べています。「インドの製造業では、インテリジェントなネットワークソリューションを採用することがますます重要になってくると考えられますが、これはボッシュがリーディングポジションにある分野でもあります」。コネクテッドインダストリーに関して言えば、ボッシュは グローバルプロバイダー(英文記事) として世界をリードし、駆動システム、オートメーションソリューション、センサー、ソフトウェア、予測保守システムといった幅広いソリューションを提供しています。また、コネクテッドプロダクションに求められる基準を満たすために、ボッシュはドイツ国内外のパートナー各社と緊密な協力関係を築いています。その一例となるのが、IT企業であるインドのTech Mahindra社と米国のCisco社との提携です。ボッシュはこのパートナー企業2社とともに、 インダストリアル インターネット コンソーシアム(英文記事) の一員として、産業用ツールのネットワーク化を推進しています。

インドにおけるIndustry 4.0の例
南インドのバンガロールとコインバトールには、ドイツ国外では最大規模となるボッシュの 研究開発センター(英語HP) が置かれ、約1万5,000人の従業員が働いています。このセンターが注力する分野のひとつに、コネクテッドインダストリー向けのソリューションがあります。たとえば、製造工場内のすべての機械をネットワークでつなぎ、リアルタイムのデータ収集や分析を可能にするソフトウェアが開発され、これによって、製造状況をモニターできるだけでなく、原材料の不足や機械のトラブルなどの迅速な解決が可能になりました。

バンガロールの研究開発センターは2014年からビッグデータの分析にも力を入れ、製造工程で収集されたビッグデータを分析するソフトウェアモデルを開発しました。このモデルはアルゴリズムに基づいて統計分析を行うため、具体的に予測したり、変化を検知することができます。これを製造工場に導入すれば、スループットタイムの短縮、予測保守、リソース利用の最適化が可能になるだけでなく、キャパシティ、在庫、物流の各管理も改善できます。ボッシュは、バンガロールやジャイプルにある同社工場でも製造データを活用し、ディーゼル噴射ポンプのテストや校正におけるスループットタイムの短縮につなげています。

世界中に250以上あるボッシュ工場のうち、20の工場が物流管理でRFID(radio frequency identification)ソリューションを活用しています。ナシクなどのボッシュのディーゼル工場でも導入されているこのソリューションは、RFID無線タグを通じて輸送ボックスの位置を特定し、工場全体に渡るワークピースの加工状況をモニターするというもので、タグを使用すれば、各ピースが通過する工程に関する正確な詳細情報やインジェクターが完成するタイミングを把握できるようになります。また、この情報を梱包、発送、設置のスケジュールに役立てることもできます。

現地の市場にマッチした「Invented for life」テクノロジー
インドのような新興成長市場(英文記事) では、各市場の必要性に合わせて調整できるよう、ボッシュは現地開発ソリューションを重視しています。たとえばインドのボッシュは、インド国内のトラクターメーカー向けにヒッチの電子制御や小型エンジン用コモンレールシステムの開発を進めています。バンガロールの開発センターで生まれた技術革新のひとつにコンパクトな網膜/眼底カメラがあり、白内障をはじめとした眼の疾患の早期検診に活躍しています。また昨年は、成長著しいインドのモーターサイクル市場向けに低価格でロバスト性に優れた特別設計のエンジン制御システムが開発されました。

定評あるボッシュ・モデルでスキルを磨く
ベルンスはさらにこう述べています。「従業員が十分な教育を受けていることや英語で円滑にコミュニケーションできることも、インドの大きな魅力となっています」。ボッシュは「デュアルシステム」で定評のある自社の教育モデルを活用し、インドでトレーニングセンターを50年以上にわたり運営しており、毎年約60人の若者が バンガロールにあるボッシュの職業訓練センター(英文記事) で訓練を始めています。同センターでは、ボッシュがインドで必要とする数を上回る訓練生たちがトレーニングを進めており、ボッシュはこうしたかたちで若者に職業訓練を提供するという社会的責任を果たしています。

インドにおけるボッシュ
過去10年間で、インドでのボッシュの売上高は3倍以上に増加し、2013年には12億ユーロに達しました。現在は11カ所に製造・開発拠点が置かれ、2万8,000人を上回る従業員が働いています。ボッシュ・グループは2010年以降、生産設備と研究開発施設を拡充するために、インドに約6億8,000万ユーロを投入しました。そのうち約1億6,000万ユーロが2014年の投資分です。2014年には、IoT(モノのインターネット化)向けのネットワーク化技術の開発に重点を置いた 新しい技術研究センター がバンガロールに開設されました。

ビデオ資料:
India (英語)
Industry 4.0 at Bosch (英語)
Virtual depiction of a supply chain (英語)
Analyzing big data in manufacturing (英語)

報道関係対応窓口:
Melita Delic
電話: +49 711 811-48617

Agnes Grill
電話:+49 711 811-38140


このプレスリリースは2015年4月11日に Robert Bosch GmbH より発行されました。
原文をご覧ください。