シュトゥットガルト(ドイツ) – クルマでの移動は一般的に、駐車スペースに停車したところで終わります。もちろん、その前にドライバーは駐車スペースを探し出す必要があります。ドイツの市街地では、路上を走行する車両の約3分の1は駐車スペースを探して走行しているとされています。路肩の駐車スペースを見つけることはそれほど困難なことなのです。その駐車スペースを探すことに役立つソリューションの開発に、ドライバーの87%が関心を寄せているという調査結果がStatistaというマーケットデータのポータルサイトから発表されていますが、それも当然だと言えるでしょう。ボッシュ取締役会メンバーのディルク・ホーアイゼル(Dirk Hoheisel)も、「空き駐車スペース探しは面倒で、ストレスを感じ、時間のかかるものです」と述べています。そこでボッシュは、誰もが利用できるサービスプラットフォームとしてコミュニティ ベース パーキングを導入し、駐車スペースを探すストレスからドライバーを解放するソリューションの開発に乗り出しました。ボッシュのソリューションの特徴は、空いている路肩の駐車スペースを車両が見極め、その情報を報告するということです」。集まった情報はデジタル パーキング マップにインプットされ、サービスに加入するすべての車両に、ナビゲーションシステムなどを経由して提供されます。ドライバーはその情報を手がかりに、空いている駐車スペースへ直接向かうことが可能になります。このサービスは、駐車スペース探しにかかる手間を著しく軽減するだけでなく、市街地で車両が環境に与える影響を緩和できると考えられています。このサービスは遅くとも2018年までに利用できるようになる見通しです。

集まったデータを活用:走行中の車両が空き駐車スペースを検知
「コミュニティ ベース パーキングでは、1台1台の車両がIoTのセンサーとなり情報を収集し、よりスマートな都市の実現に寄与します」とホーアイゼルは説明します。現在、新車の約3分の1に駐車支援機能が装備されています。ボッシュのシステムは、こうした支援機能に含まれる超音波センサーを活用し、空いている路肩の駐車スペースを探すよう指示します。この機能を搭載した車両は、時速50km/h以上で走行中でも、路肩に空きスペースがあれば、それを的確に検知します。この情報は、ボッシュのコネクティビティ コントロール ユニット(CCU)などの通信用インターフェースを介して各自動車メーカーに送られ、匿名化された状態でBosch IoT Cloud(BIC)に転送されます。ボッシュはすべての車両から送られてきたデータを集め、標準の道路マップをベースにしたデジタル パーキング マップを作成し、自動車メーカーに配布します。そして自動車メーカーは、このマップを自社のサーバーにつながっているすべての車両と共有することができます。ボッシュは、欧州や北米などの市場で2020年までに新規登録されるすべての車両がこのようにしてネットワーク化されると予想しています。

キャンピングカーかコンパクトカーか:駐車スペースの大きさの特定が重要
コミュニティ ベース パーキングの秘密は、データの処理方法にあります。走行中の車両から路肩に空きスペースがあるという報告が入ったとしても、それを無条件に駐車スペースとして利用できるという確証はありません。それが私道の入口やバス停である可能性もあり、当該ゾーンが駐車禁止区域でないともかぎりません。そこでボッシュは、見つかった路肩のスペースが間違いなく駐車スペースであることを確認するために、データマイニングの手法を採用しています。「データマイニングにより、大量のデータから正確な情報をすばやく高い精度で抽出することができます」とホーアイゼルは述べています。たとえば、複数の車両が繰り返し同じ場所を空きスペースとして報告してきた場合、そのスペースは駐車スペースとしては利用できない可能性が高いと判断することができます。そのため、そうした空きスペースは、デジタル パーキング マップに空き駐車スペースとして登録されません。ボッシュのコミュニティ ベース パーキングは、サービスを利用する車両の数が多くなれば多くなるほど、サービスの精度が向上し、より広い範囲をカバーできるようになります。ユーザーの数が一定のレベルに達すると、スペースの奥行きと幅に関する情報も提供できるようになるとボッシュは考えています。これが実現すれば、キャンピングカーやコンパクトカーなど、特定の車両に合った空きスペースも探すことができるようになる見込みです。

あらゆる自動車メーカーに開かれたサービスプラットフォーム
ボッシュのコミュニティ ベース パーキングでは、その前提条件として、路肩の空きスペースについて一定数以上のデータが集まることが重要です。そのために、ボッシュはミュンヘン工科大学と共同研究を行いました。この調査の主眼は、デジタル パーキング マップを生成するには、道路を走行し、空きスペースの情報を送信する車両が何台必要かを解明することでした。その結果、幹線道路、支線道路といった道路の種類によってややばらつきは見られますが、通行車両の1%強からデータを集めることができれば十分なことが明らかになりました。ドイツ全土のさまざまな都市でこのサービスを提供するために、できれば複数の自動車メーカーの協力を得たいとボッシュは考えています。「そのため、私たちはコミュニティ ベース パーキングを誰もが利用できるサービス プラット フォームとして構築しました」(ホーアイゼル)。こうして、このサービスは複数の自動車メーカーが同時に使用できるものとなっています。

関連リンク: www.bosch-connected-parking.com

報道関係対応窓口:
Joern Ebberg
電話:+49 711 811-26223


このプレスリリースは2016年4月11日に Robert Bosch GmbH より発行されました。
原文をご覧ください。