シュトゥットガルト(ドイツ) – ドライバーが駐車をする行為は、今や過去のものになりつつあります。シュトゥットガルトにあるメルセデス・ベンツ博物館の駐車場で、ボッシュとダイムラーは実生活環境下における自動バレットパーキングを実施しました。このシステムでは、ドライバーは車両の動きを監視しなくても、スマートフォンから駐車の指示を出すだけで、所定の駐車スペースに車両を自動的に駐車することができます。この自動バレットパーキングは、自動運転につながる道の重要なマイルストーンとなります。今回メルセデス・ベンツ博物館の駐車場で発表されたパイロット版のデモンストレーションは、ドライバーによるハンドル操作が不要で、実生活環境下におけるインフラベースの自動バレットパーキングとしては、世界初のソリューションです。同博物館の自動バレットパーキングは、2018年初めから使用が可能になります。

メルセデス・ベンツで自動運転とアクティブセーフティの開発を担うMichael Hafner氏は、こう述べています。「自動運転における両社の協力により、ボッシュとダイムラーは自動運転を他社よりも早く実現できる見込みです。今回博物館で紹介したドライバーレスのパーキングは、この技術がすでにどれだけ先に進んでいるかを示すことができたと思います」。ボッシュのシャシーシステム コントロール事業部長を務めるゲルハルト・シュタイガー(Gerhard Steiger)も「スマートな駐車場インフラとクルマのネットワーク化を活用することで、予測されていたよりも早いスピードでドライバーレスパーキングを実現できるでしょう」と述べています。

まるで魔法のように:駐車スペースに自動的に入っていくクルマ
ボッシュのソリューションがあれば、誰でもスマートフォンのアプリ経由で車両が簡単に予約できます。さらに車両が自動的に「乗車エリア」までやってきたら、そこから旅は始まります。車両の返却も同じく簡単で、駐車場の「降車エリア」で車両から離れ、スマートフォンアプリを使って返却の操作をするだけです。駐車場のインテリジェントなシステムが車両を認識すれば、車両が始動し、所定のスペースに自分で戻っていきます。

このドライバーレスパーキングは、ボッシュが提供するインテリジェントな駐車場インフラとメルセデス・ベンツが持つ車両側の技術によって実現しました。このシステムでは、駐車場に設置されたセンサーが、車両が進む経路と周囲をモニターし、車両を進むべき方向へとガイドします。駐車場インフラから発信されるコマンドを車両側が受信すると、車両ではそのコマンドを安全に運転操作に変換し、必要に応じて適時に車両を停止させます。駐車場インフラのセンサーと通信技術はボッシュが提供し、ダイムラーは自社が所有する博物館の駐車場とパイロット車両を提供しました。今後はボッシュとともに駐車場インフラと車両のインターフェースを定め、車両のセンサー技術とソフトウェアの仕様を必要に応じて調整していく予定です。

世界に先駆けてドライバーレスパーキングの操業許可を取得
今回の発表の後に、同プロジェクトは集中的なテストおよびスタートアップ段階に進む予定です。このプロジェクトは、スタート当初からシュトゥットガルトの行政当局とバーデン・ヴュルテンベルク州交通省の監督を受けたほか、自動運転と駐車場に関する技術の運用安全性を評価するために、ドイツの技術検査協会であるラインラントTÜVのスペシャリストたちのサポートを受けました。こうした措置は、ドライバーレスパーキングが一般ユーザーに提供される前に関係当局から最終的な認可を受ける必要があったためですが、その甲斐があり、2018年初めから世界に先駆けて一般ユーザーがバレットパーキングをメルセデス・ベンツ博物館の駐車場で利用できるようになります。ボッシュとメルセデス・ベンツは今後、博物館で自動バレットパーキングの利用状況に関するデータを収集していく予定です。このインフラ技術は既存の駐車場も導入できるため、駐車場の管理者はドライバーレスパーキングを取り入れ、駐車スペースをより効率的に活用することも可能になります。例えば同じ広さでも、ドアの開け閉めを考慮する必要がないため、20%以上多く駐車することができます。

関連リンク: www.bosch-connected-parking.com

報道関係対応窓口:
Jörn Ebberg
電話: +49 711 811-26223


このプレスリリースは2017年07月24日に Robert Bosch GmbH より発行されました。
原文をご覧ください。