ゲルリンゲン(ドイツ) – バッテリーがパワフルになればなるほど、電気自動車の航続距離が伸びることは皆さんもご存じの通りですが、新しいパワートレインでも同様の効果を得ることができるものはあるでしょうか?ボッシュの新型電動アクスル「eAxle」において、答えはyesです。eAxleの特徴は、モーター、パワーエレクトロニクス、トランスミッションという3つのパワートレインコンポーネントを1つのコンパクトなユニットに統合し、車軸をダイレクトに駆動させる点です。これにより、パワートレインの効率が一層向上するだけでなく、低コスト化も実現できます。ボッシュ取締役会メンバーとしてモビリティ ソリューションズ セクターを統括するロルフ・ブーランダーは、「ボッシュがオールインワンの原則をパワートレインに適用して生まれたのが、この「eAxle」です」と説明します。「eAxle」は非常に柔軟に、 ハイブリッド車、電気自動車、コンパクトカー、SUV、また小型商用車にも搭載することができます。そしてそれにより幅広い市場と大きな潜在的ビジネスチャンスをボッシュへもたらすと期待されています。

電気自動車の開発に要する時間の短縮にも寄与
「経済的に見て、「eAxle」はボッシュに大きな成功をもたらすきっかけとなるでしょう」とブーランダーが話すように、この新しい電動パワートレインは、2020年以降のeモビリティのグローバルマーケットリーダーへ重要な役割を果たすと期待されています。すでに世界中で、50万台を超えるボッシュ製のコンポーネントを搭載した電気自動車やハイブリッド車が走行しています。そしてボッシュは電気モーター、アクスルドライブやパワーエレクトロニクスの製造で長年の経験を積んでいます。この経験を通じたノウハウが新開発の「eAxle」へと活かされました。この「eAxle」だけで、ボッシュは約10億ユーロレベルの売上高につながると見込んでいます。「この「eAxle」は電気自動車、かつ既存の自動車メーカーへの "新発想" のパワートレインと表現できる製品です。開発に要する貴重な時間を短縮できるため、電気自動車をより一層早く市場に投入できるようになります」とブーランダーは述べています。ボッシュが各自動車メーカーの要件に合わせてパワートレインをカスタマイズするため、お客様の側で新しいコンポーネントを開発するために多くの時間を投入しなくても済むようになります。「eAxle」の試作品はすでに複数のお客様のもとで評価していただいており、量産開始は2019年頃を予定しています。またボッシュは、「eAxle」に対し、グローバルで柔軟に対応できる製造コンセプトを既に持っています。このコンセプトにより、お客様の製造プロセスに容易に取り入れることの出来るカスタマイズされた製品を提供することが可能です。

最大6,000Nmのトルクと最高300kWの出力
「eAxle」は、多様に組み合わせることができ、さまざまなタイプの車両に適用できるというメリットがあります。「沢山の複雑な仕様の代わりにいくつかのパラメーターによってボッシュは「eAxle」をカスタマイズできます」と、eモビリティ部門のexecutive vice presidentであるDr. Mathias Pilin述べています。お客様側で必要なことは、要求出力とトルク、搭載要件を明確にすることのみで、ボッシュはそのパラメーターを満足するパワートレインの最適化を図ります。これにより、カスタマイズされ、一体化したパワートレインを自動車メーカーの組立ラインに直接お届けすることが可能になります。そのため、ボッシュの「eAxle」は、パワートレイン開発の新たな合理的な方法とも考えることができます。

最高出力は50kW~300kWの間でカスタマイズでき、SUVをはじめとした大型の車両の完全電動化を可能にする能力を有します。最大トルクは1000~6000Nmの間でカスタマイズでき、ハイブリッド車や電気自動車への搭載において、前輪駆動、後輪駆動共に対応できます。150kWの「eAxle」の重量は約90kgで、従来の個々のコンポーネントを組み合わせたものよりかなり重量が抑えられています。競合製品と比べて顕著な「eAxle」の特徴は、非常に高いピーク性能と高度な連続性能を組み合わせていることです。つまり、「eAxle」はより速やかに加速し、より長い時間高速を維持できます。これを実現するために、ボッシュは一体化システムの設計だけでなく、モーターとパワーエレクトロニクスそれぞれのコンポーネントの改良も致しました。

Q&A – ボッシュの「eAxle」に関する補足情報

「eAxle」は従来の電動パワートレインと比べてどれだけ効率が向上したのでしょうか?
非常に高効率な個々のコンポーネントが、全体の高レベルな効率性のベースとなっています。この点で、ボッシュは市場における長年の経験を活かしています。さらに、高電圧ケーブル、プラグ、冷却ユニットなどのコンポーネントやインターフェースを削減することで、効率性の低下を最小限に抑えています。ボッシュの強みの1つは、個々のコンポーネントを組み合わせてシステムを作り上げ、システム内の相互作用を活かして全体の最適化を図る能力があるということですが、「eAxle」の場合、この能力は効率性だけでなく、モーターの音振性能と電磁力性能の両立といったことなどにも活かされています。

「eAxle」はいつ頃市場に投入されるのでしょうか?
ボッシュは電動アクスルを2012年から市場に投入していますが(Peugeot 3008やFiat 500eなど)、そのシステムではモーターとトランスミッションは一体化していましたが、パワーエレクトロニクス(インバータ)は一体化していませんでした。ボッシュの新世代の電動アクスル「eAxle」はまだ開発段階ですが、世界中の自動車メーカーへプロモーションをしています。「eAxle」の試作品は使用可能な状態で、現在評価をしております。量産開始は2019年頃を予定しています。

どんな車両に搭載できますか?
ボッシュの「eAxle」は、さまざまな車両タイプに採用できるような設計となっていますので、ハイブリッド車、電気自動車への搭載において、前輪駆動車、後輪駆動車共に対応することができます。最大重量7.5トンの車両まで搭載できるため、乗用車だけでなく、小型商用車にも採用していただけます。

なぜ「eAxle」は、電気自動車に現在搭載されているパワートレインよりもコストが抑えられているのでしょうか?
「eAxle」は、パワーエレクトロニクス、モーターとトランスミッションを1つのユニットに統合し、必要な部品の数を抑えています。たとえば、「eAxle」はモータとインバータをつなぐ太くて高価な高電圧ケーブルをまったく使用していないほか、冷却システムの簡略化や、一部ベアリングの廃止等により、パワートレインのコストを抑え、効率を向上することができました。また、トランスミッションをモーターの近くに配置することで、自動車業界にとって非常に重要な要素となる設置スペースも最小限に抑えています。

ボッシュはeモビリティにどれほど取り組んでいるのでしょうか?
すでに世界中で、ボッシュ製のコンポーネントを搭載した電気自動車やハイブリッド車が50万台以上走行しています。eモビリティ時代の到来に備えて、ボッシュは年間4億ユーロを投資しており、これまでに世界の自動車メーカーから30件を超えるeモビリティ関係のプロジェクトを受注しました。

報道関係対応窓口:
Florian Flaig,
@FlorianFlaig
電話: +49 711 811-6282

IAA 2017でボッシュ製品をご体験いただけます(開催地はフランクフルト):ボッシュは未来のモビリティについて、事故ゼロ、エミッションゼロ、ストレスゼロの姿を思い描いています。ボッシュはこの事故ゼロ、エミッションゼロ、ストレスゼロという目標を自動化、電動化とネットワーク化を通じて達成したいと考えています。ボッシュはIAA 2017において、運転をより安全・効率的にし、クルマを第3の生活空間にする最新のソリューションを3つのテーマに沿った形でご紹介します。

ボッシュ役員の記者会見:2017年9月12日(火)13:15~13:40(現地時間)、ボッシュ取締役会会長のフォルクマル・デナーモビリティ ソリューション セクター統括部門長のロルフ・ブーランダーが出席予定、ボッシュのブース:第8ホールのA03

IAA 2017におけるボッシュのハイライトを www.bosch-iaa.de とTwitterで紹介:#BoschIAA


このプレスリリースは2017年08月31日に Robert Bosch GmbH より発行されました。
原文をご覧ください。