シュトゥットガルト(ドイツ) – 将来、車両のオーナーは車両のセキュリティ、インテリジェンス、性能を、家から出ることなく強化することができます。車載システムのソフトウェアの更新が、スマートフォンのアプリの更新並みに手軽になります。スマートフォンの画面を触れるだけで、車載ソフトウェアの更新や、クラウドからの新しい機能を直接ダウンロードでき、そのために修理工場やディーラーに足を運ぶ必要がなくなります。「数年以内にすべての新車にソフトウェアの自動更新機能が導入される見込みです」。ボッシュ取締役会メンバーのマルクス・ハインはこのように予測しています。「無線接続によるOTA(Over-the-Air)更新はドライバーにとって非常に便利です。それに加えて、ボッシュのオンライン更新はセキュアで高速です」とハインは続けます。無線交信に必要な技術のすべてを、ボッシュは社内で開発しました。その中には、コントロールユニットや、車載通信インフラ、最新の暗号化技術に加えて、Bosch IoT Cloudまでもが含まれます。

新しい標準 – 簡単でセキュア
エレクトロニクスの多用、機能の増強、ソフトウェアが増加:車両は四輪で走るスマートフォンへと変身しつつあります。それに伴って重要性が増しつつあるのが、車載システムのソフトウェアの更新です。利便性向上に寄与する新しい機能を、車両を購入した後でも入手できます。ソフトウェアのOTA更新は近い将来標準機能となるでしょう。現在の車両は、多いもので100個前後のコントロールユニットを搭載しています。その数はコンパクトカーでも30~50個にのぼります。車両の機能はすべて、これらコントロールユニットのソフトウェアでコントロールされているといっても過言ではありません。さらに、インターネットや、他の車両あるいはインフラとつながった車両が増えています。このことは、車載ソフトウェアに含まれる脆弱なリンク、そして不正操作がもたらすリスクの増大を意味します。その点を考えた場合、クラウド経由のソフトウェア更新は車載ソフトウェアを常に最新レベルにし、したがってセキュアな状態に保つ格好のソリューションです。「乗用車は一般に購入から15年またはそれ以上使われるのが普通です。ソフトウェアのOTA更新は、修理工場やディーラーを訪問するまでもなく、車載ソフトウェアの継続的更新を可能にするボッシュの貢献です」(ハイン)。さらに、クラウド経由の更新では、車載コントロールユニットに新しい機能を、それも大がかりな機能を追加的に持たせることができます。必要なハードウェアが備わっていれば、ドライバーは新しいソフトウェア機能を試してみて、気に入ったらダウンロードできます。このようなやり方で、たとえばレーンキープ機能や駐車アシスト機能を追加することができます。そして、ソフトウェアのOTA更新のメリットを享受するのはドライバーだけではありません:2015年に米国で実施された自動車のリコールの15%は、ソフトウェアエラーに関連するものでした。その4年前の数字は5%に過ぎなかったと、米国高速道路安全局(NHTSA)のデータをベースとする同国の調査報告は述べています。「修理工場やディーラーを訪れなくてはいけない顧客と同様に、リコールは自動車メーカーにとっても時間的にも金銭的にも負担となっていました。オンライン更新が普及すれば、その負担を大幅に減らせます」(ハイン)

クラウドからの直接更新
セキュアで高速、簡単。これがソフトウェアのOTA更新の特長です。オンラインセキュリティ更新の開始、そしてダウンロードする新機能の選択を、ドライバーは自分のスマートフォンまたは車両のインフォテインメントシステムで行います。この情報はクラウドに送信されます。クラウドはあたかもアプリストアのように機能し、配布の用意が整ったアプデートを保管しており、ドライバーの求めに応じて車両へのソフトウェアのダウンロード手順を実行します。データのダウンロードは、車両の走行中にバックグラウンドで、または夜間、車両が車庫に保管されている間に行われます。車両が(駐車するなどして)安全な状態に移行すると、すぐにダウンロードしたソフトウェア更新データを目的のコントロールユニットにインストールし、直ちに有効にします。

あらゆるレベルで完璧なセキュリティ
OTA更新では、車載電子機器、クラウド、ソフトウェア間の円滑な相互作用とセキュリティが非常に重要となってきます。データセキュリティは、ボッシュの子会社であるEscryptが開発した最新の暗号化技術で保証されます。複雑高度のセキュリティアーキテクチャと終端間暗号化(E2EE)が、伝送中のデータを不当なアクセスから保護します。車両とクラウド間のインターフェースでは、セキュアなプロトコルとフィルタがファイヤウォールのように働き、一切のハッキング行為を撃退します。ソフトウェアのOTA更新を安全に、さらに高速かつ信頼性の高いものとするために、ボッシュは差分法や圧縮技術などを使用しています。それによりデータ伝送量を抑えることができ、更新手順の高速化とコストダウンにつながります。もう一つのセキュリティ対策が更新データのシーケンス伝送です。問題が発生すると、更新手順を停止し、調整します。こうしたOTA更新を担う中核技術は、ボッシュのAutomotive Cloud Suiteです。このソフトウェアエレメントは、OTA更新のためにドライバーが、自動車メーカー、そして車両自体が必要とするすべての機能を有効にします。

IAA 2017でボッシュ製品をご体験いただけます(開催地はフランクフルト):ボッシュは未来のモビリティについて、事故ゼロ、エミッションゼロ、ストレスゼロの姿を思い描いています。ボッシュはこの事故ゼロ、エミッションゼロ、ストレスゼロという目標を自動化、電動化とネットワーク化を通じて達成したいと考えています。ボッシュはIAA 2017において、運転をより安全・効率的にし、クルマを第3の生活空間にする最新のソリューションをこの3つのテーマに沿った形でご紹介します。

ボッシュ役員の記者会見:2017年9月12日(火)13:15~13:40(現地時間)、ボッシュ取締役会会長のフォルクマル・デナーモビリティ ソリューション セクター統括部門長のロルフ・ブーランダーが出席予定、ボッシュのブース:第8ホールのA03

IAA 2017におけるボッシュのハイライトを www.bosch-iaa.de とTwitterで紹介:#BoschIAA

詳細情報:
OTA更新の詳細情報は こちら でご覧になれます。
The Bosch innovations on show at the IAA 2017

報道関係対応窓口:
Annett Fischer
電話: +49 711 811-6286


このプレスリリースは2017年09月06日に Robert Bosch GmbH より発行されました。
原文をご覧ください。