ラヨーン(タイ) – タイの自動車市場は活況を呈しています。2016年に同国で生産された車両は200万台近くと、イギリスやイタリアを大幅に上回りました。ボッシュはこうした需要の高まりに対応します。1年半におよぶ建設工事を経て、首都バンコクから130km東に位置するヘマラートに燃料噴射テクノロジーの新工場を開設します。この工場はタイ初のスマートファクトリーであり、ボッシュ モビリティ ソリューションズとって同国で2番目の工場となります。竣工式に先立ち、ボッシュ取締役会メンバーでアジア/太平洋地域担当のペーター・ティロラーはこう述べました。「生産の現地化はボッシュの最優先課題です。新工場はタイにおける自動車生産の拡大に対応し、国内外の自動車業界のお客様に現地でサービスを提供できるようにします」。グローバル規模で革新的なテクノロジーとサービスを提供するボッシュは、新工場でのコネクティッド・マニュファクチャリングに重点を置いています。タイの新しいスマートファクトリーへの2015年から2017年末までの投資総額は約8,000万ユーロにのぼります。

ボッシュのインダストリー4.0と研究開発活動がタイで始動
1万平方メートルに及ぶ工場ではインジェクター、コネクションテクノロジー、ノックセンサーやその他のコンポーネントが生産されます。製造部門の従業員は「アクティブコックピット」を利用して最新の生産データを分析します。このインダストリー4.0のソリューションは広範な情報をリアルタイムで収集し、競争力の向上に役立ちます。ヘマラートの新拠点には研究開発センターも設けられており、約60人の従業員がガソリン燃料噴射システムの開発に取り組みます。「これは私たちにとってタイで初めての研究開発センターであり、このことを特に誇りに思います」とティロラーは述べています。6,800万人の人口を擁するこの国は事業拠点としての東南アジアへの入口であり、このことが東南アジアと世界のボッシュ・グループにとってのタイの戦略的重要性を明確に示していると、彼は付け加えます。ヘマラートでは2020年までに800人の新規雇用が創出される予定であり、すでに300 人の従業員が雇用されています。ボッシュは現在、タイで1,350人を雇用しています。

ベトナムで生産を拡大
ボッシュは今後、ベトナムでも生産活動を強化する計画です。ボッシュは 2011年からホーチミン市近郊のドンナイで無段変速機用のプッシュベルトを生産しています。このトランスミッションは固定のシフト ポイントなしに作動するため、スムーズに走行することができます。この種のトランスミッションは渋滞時の走行に適しているため、アジアの都市では需要が高まる一方です。コンパクトに設計されているので、市街地向けの小型車にも適応します。「約6,000万ユーロを投じてドンナイ工場をスマートファクトリーに転換し、生産能力を拡大します」と、ティロラーはベトナム拠点の開設10周年を記念する式典で述べました。これにより、2011年から2018年末までにベトナムの生産拠点に対して総額3億2,000万ユーロ以上が投資されることになります。

過去10年間にわたって、ボッシュはベトナムで目覚ましい成長を経験しました。ベトナムには1994年から進出していますが、ホーチミン市に初の拠点を開設したのは2008年初頭になってからでした。この拠点は2010年にボッシュにとって東南アジア初のソフトウェア研究開発センター拠点となりました。2014年7月には新たにコンピテンスセンターが開設されました。ドンナイ工場では、今年3月にプッシュベルトの生産数が2,000万本に達しました。この拠点にはドイツのデュアル教育システムをモデルとした技術的商取引の職業訓練センターも設けられています。ボッシュはベトナムの技術、製造、研究開発分野に最も多くの投資を行っているドイツ企業です。ベトナムの従業員数は3,100人を超え、うち40%以上が研究・開発者です。

タイとベトナムは東南アジアにおけるボッシュの成長をけん引
「東南アジアは有望です。 私たちは引き続き東南アジアでの持続的成長に注力します」 とペーター・ティロラーは述べています。成長を後押しするため、ボッシュは今年、東南アジアに前年比で50%増となる1億2,000万ユーロを投資しています。2018年にも同規模の投資が予定されており、その大部分がタイとベトナム向けです。この2カ国での事業は非常に好調です。「タイとベトナムは東南アジアにおけるボッシュの順調な展開を推進する重要な原動力です」(2016年の売上高:タイ 3億500万ユーロ;ベトナム 8,600万ユーロ;東南アジア 7億7,000万ユーロ)

東南アジアにおけるボッシュ
ボッシュは東南アジアに1919年から進出しています。現在は、ASEAN加盟10カ国 (シンガポール、マレーシア、フィリピン、インドネシア、タイ、ベトナム、ブルネイ、カンボジア、ラオス、ミャンマー)で約7,400人を雇用しています。 今後、従業員はさらに増える予定です。ボッシュはこの地域で20年以上にわたって生産を行っており、計8 カ所の生産拠点を構えています。たとえばマレーシアでは電動工具、カーマルチメディア製品、ステアリングシステムを、タイでは包装機械とガソリン燃料噴射システムを生産しています。ボッシュ・グループのグローバルな研究開発ネットワークにおける東南アジアの重要性も高まり続けています。シンガポール、ベトナム、タイ、マレーシアでは長年にわたり現地での研究開発活動に力を入れてきました。

報道関係対応窓口:
Agnes Grill,
電話: +49 711 811-38140


このプレスリリースは2017年12月4日に Robert Bosch GmbH より発行されました。
原文をご覧ください。