「週末はどうだった?」これはシンプルな質問ですが、誰にとっても同じというわけではありません。レズビアン、ゲイ、バイセクシュアル、トランスジェンダー、インターセクシュアル(LGBTI)の人々は、自分の性的アイデンティティーを隠さなくてはならないと感じることがよくあります。ドイツの場合、公衆の面前だけでなく、職場でも差別にさらされることがあるからです。ある調査では、回答したレズビアンやゲイの方々の約4分の1が、職場で社会的な疎外感を感じたことがあると述べています。つまりこうした人たちは、周囲のネガティブな反応のせいで、家庭のことや余暇で過ごしたことを同僚に伝える気になれず、自分のアイデンティティーを隠すために多大な労力を費やしていることになります。
しかし、職場では特に、性的指向と性的アイデンティティーに対するオープンなアプローチが大切になります。従業員各自がそれぞれ特別な才能や強みを伸ばせるよう、企業文化はオープンで、思いやりや理解に満ちている必要があります。そのため、性的指向と性的アイデンティティーは、ボッシュにおける多様性マネジメントの重要な要素となります。2006年末に、6人の従業員がボッシュLGBTネットワークRBgay(RBg)を立ち上げました。「RBgは、性的指向や性的アイデンティティーに関わらず、各従業員がありのままでいられ、その姿が尊重されるオープンな企業文化を後押しするためのネットワークで、メンバーたちはボッシュの多様性のために貢献しています。従業員のポテンシャルや独創的なアイデアを最大限に引き出すためには、職場においてありのままの自分でいられる安心感が欠かせません」と、人事担当取締役のクリストフ・キューベルは述べています。調査によると、多様性に富んだチームの方がより良いパフォーマンスとより多くのイノベーションを生み出すだけでなく、異なる市場に関する理解度が向上し、変化にもより迅速に対応できるとされています。

性的指向に対するオープンなアプローチが仕事満足度の向上に寄与
従業員が自分の性的アイデンティティーを隠すことなくありのままでいられる職場環境であるほど、仕事満足度が向上し、愛社精神も強くなると、ドイツ連邦反差別局が2017年に実施した調査「Out im Office?!(和訳:オフィスにおけるカミングアウト)」で報告されています。レズビアンやゲイである従業員は、10年前と比べれば、自分たちの性的アイデンティティーについてよりオープンにできるようになったと感じているようですが、全体の3分の1は自分の性的アイデンティティーについてほとんど、または全く職場で明かしていないそうです。また、4分の3の人々が職場で差別を経験したことがあると答えています。

RBgのネットワークが多様性と機会均等を促進
ボッシュのLGBTIネットワーク「RBg」には、欧州、アジアや北中南米地域に400人以上のメンバーがおり、LGBTIの同僚に手を差し伸べ、周囲の模範となり、不安を和らげ、社内での認知度を高めるために活動しています。こうしたメンバーたちは、異なる性的指向や性的アイデンティティーを持った従業員が尊重・評価されるよう尽力し、偏見に囚われない職場環境を生み出そうとしています。「私たちは、ボッシュのLGBTIの従業員が職場でありのままでいられることを彼らに伝えたいという思いで活動しています。私たちはまた、職場で心の制約を設けなくても大丈夫であること、そして会社が従業員を支援することを伝えていきたいと考えています」と、LGBTIネットワーク広報担当のMathias Reimannは述べています。

LGBTアライ・ネットワーク – サポートの窓口
LGBTアライ・ネットワークは、2017年にLGBTアライ・イニシアチブによって立ち上げられました。ネットワークには、このテーマについてオープンに相談できるボッシュのあらゆる分野の従業員が参加しています。このネットワークに直接問い合わせることに戸惑いを感じるようであれば、ネットワークに参加している従業員を周囲ですぐに見つけ相談することができるほど、ネットワークは広がっています。同ネットワークは、差別や偏見にオープンに取り組み、従業員の意識を高め、オープンな職場文化の形成を後押しすることを目標に掲げています。

社会参加 – 世界に掲げるLGBTIの旗
RBgの活動は企業の枠を超え、コミュニティへと広がりつつあります。RBgはボッシュの数多くの従業員とともに、シュトゥットガルトのCSD(Christopher Street Day)イベントに2014年から毎年参加しています。このCSDは、RBgのメンバーやストレート・アライのボッシュ従業員と情報を交換するプラットフォームとなっています。「CSDは、性的指向や性的アイデンティティーというテーマにさまざまな人たちがアクセスし、これについてオープンに語り合える場です。CSDへの参加により、社会の偏見の打破に少しでも近づくことを期待しています」と、ネットワークを立ち上げたうちの1人であるJean-Claude Louxは述べています。
また、RBgはドイツ国外、例えば米国や日本でも積極的に活動を展開しています。2016年に米国で立ち上げられたLGBTIネットワークのグループは、アフターワークイベントを定期的に開催しています。もう1つのグループも2018年に日本で立ち上げられましたが、日本ではLGBTIに関して社会の理解が得られるまでなかなか長い道のりになりそうです。日本では定期的にLGBTIランチ会を開催し、日々の業務の中でこのテーマに注意を向けてもらえるような活動を企画しています。

ボッシュの全従業員に開かれているRBg
ボッシュ・グループの従業員と退職者は誰でも、自分の性的指向や性的アイデンティティーに左右されることなく、このネットワークに参加することができます。このテーマに関心があったり、活動に参加したいと思う人は、オンラインプラットフォームで登録できます(匿名も可)。メンバーはこのプラットフォームを利用し、フォーラムやプライベートメッセージを通じて情報を共有しています。また、職場における性的指向についての取り組みに関するニュース、イベントや情報がそこに掲載されており、ネットワークのメンバーは他の企業ネットワーク、地域のグループ、さらにPrOut@Workなどの外部の組織とも連絡を取り合うことができます。なお、ボッシュはPrOut@Work基金のメンバーで、スポンサーも務めています。

詳細情報:
Diversity management at Bosch
Bosch careers - diversity
RBg network online
PrOut@Work
"Out im Office?!" study 2017 (ドイツ語)
2017 study, “Attitudes towards lesbians, gays, and bisexuals in Germany” (ドイツ語)


このプレスリリースは2018年07月26日に Robert Bosch GmbH より発行されました。
原文をご覧ください。