東京 - グローバル規模で革新的なテクノロジーとサービスを提供するボッシュと、パイオニアの100%子会社でマッププロバイダーのインクリメントPは、車載センサーを使った自動運転用高精度地図の分野において協業することに合意しました。

自車位置を数cm単位の精度で推定するBosch Road Signature
自動運転を実現するためには、車両は自車の正確な位置情報を常に把握している必要があります。ボッシュは、現在これを実現するために車載カメラ、及びレーダーを使用した自車位置推定技術Bosch Road Signatureの開発に取り組んでいます。車載センサーから得られたデータはボッシュのクラウド上で加工されます。加工されたデータ:ローカリゼーションレイヤー(自車位置推定のために使われる地図の構成要素)は常に更新されます。そして、ローカリゼーションレイヤーをパートナー企業の作成する高精度地図に統合します。自動運転車両は、車載センサー経由で入手した物体に関する情報とローカリゼーションレイヤーから得た関連情報を比較し、自車の位置を推定します。

レーダーを用いた自車位置推定技術、Radar Road Signatureの場合、数cm単位の精度で自車位置を把握できるようになります。また、レーダーを使用しているため車載カメラをベースにした自車位置推定と異なり、夜間や雨天時など視界の悪い環境下でも自車位置を把握することができます。クラウドに送信するデータ量もカメラベースのマップと比べ抑えることが可能です。

日本で自動運転用高精度マップの分野で協業
ボッシュは、現在北米、欧州、中国において主要なマッププロバイダーと提携し、Bosch Road Signatureを使用した自動運転用の高精度マップを開発しています。今回、インクリメントPとの協業では、ボッシュがローカリゼーションレイヤーをインクリメントPに提供し、インクリメントPはこれを高精度マップに取り込んだ日本の自動運転用マップを作成します。今回の提携についてボッシュ株式会社、シャシーシステム コントロール事業部長のルッツ・ヒレボルトは「日本においてインクリメントPという素晴らしいマッププロバイダーをパートナーに迎えることができ、大変嬉しく思います。日本にパートナーを持つことは、Bosch Road Signatureを自動車メーカーへグローバルに提供できる体制を整えるための大きな前進です。この協業がボッシュの日本での自動運転開発をさらに加速させるでしょう」と述べています。
また、インクリメントP、代表取締役社長の神宮司 巧は「自動運転用高精度マップの作成・更新には、パートナーとの連携が不可欠です。また、自動運転の実現のためには正確な自車位置把握という課題があり、様々なセンサーフュージョンとマップとの適切なリレーションシップが必要です。今回の協業が、この課題解決の一助となることを期待しています。また、自動運転用の高精度マップにおける開発を強化することで、自動運転の実現と普及に貢献していきたいと考えています」と述べました。


報道関係対応窓口:
舟田 直美
松本 有可
電話:03-5485-3393