BOSCH総合カタログ2019
50/206

穴あけ・破つり・ネジ締め Bosch SDS-plus System Technologyハンマードリル(SDSプラスシャンク) 吸じんハンマードリル(SDSプラスシャンク) コードレスハンマードリル(SDSプラスシャンク) ハンマードリルの進化・革新はボッシュから。 ボッシュが持ちうるすべての技術を投入した SDS プラスハンマードリルシリーズ 穴あけ・破つり・ネジ締め 350世界のスタンダード SDSプラスシステム 安全と健康が第一、高品質で速い穴あけ コードレスハンマードリルの決定版登場! 小型軽量化を実現した パワートランスデューサー(螺旋駆動方式) ハンマードリルの進化・革新は、いつもボッシュから。SDSプラスシステム・軽量化を実現したパワートランスデューサー・反動の少ないエレクトロニューマチック・振動を大幅に軽減するバイブレーションコントロール、作業者の安全を守るキックバック防止機能。今、現在のハンマードリルの基本を作り上げたボッシュが、持ちうるすべての技術を投入したコードレスハンマードリル。それが、『GBH 18V-26シリーズ』。ワンタッチで取付可能な吸じんアダプターによるクリーンな作業環境、速い穴あけスピードと高い耐久性によってもたらされる作業効率と経済性、そして最高の安全性は、新しい世界のスタンダードです。 ハンマードリルのビットには打撃による前後方向の力と、回転力との二つの力がかかります。ボッシュはこの力をそれぞれの役目に最も適した形状の二対のスロットをビットのシャンク部に設け、理想的なビットシステムを開発しました。 それが、現在、世界標準となっている“SDSプラスシステム”です。ロック・スロットはドリルビットをしっかり保持、ドライブ ・スロットは回転力を確実に伝達します。力が分散されるため、ビットとドリル本体の摩擦を最小限に抑え、効率の良い穴あけができます。また、本体のツールホルダー部分の構造の簡素化のため、ワンタッチによるビットの着脱も実現しました。 ハンマードリルの強力な打撃は、従来モーターの回転 運動をクランクにより前後運動に変化することで発生 させていましたが、この方式だと本体はどうしても重く、大きなものになってしまいました。そこでボッシュは、クランクを使用せず回転軸に対して螺旋状に動く軸 (パワートランスデューサー)により前後運動を発生させる螺旋駆動方式を開発しました。 これによりハンマードリルは小型・軽量化が可能になり、1981年2.3㎏、1987年には1.8㎏という驚異的な軽さを実現しました。 反動の少ない エレクトロニューマチック機構 振動を大幅に軽減する アクティブバイブレーションコントロール 回転停止機構(軽破つりモード) バリオロック機構 ピストン内の空気を効率よく利用するこの機構は、すばやく快適な作業を可能にしました。打撃はピストン内の空気を圧縮し、その反動でストライカーをインパクトボルトに叩きつけて発生させるため、非常に強力な打撃力を生み出し作業時間を短縮します。また、ピストンが直接打撃することが無いので手に伝わる振動も大変少なくなっています。 ハンマードリルのエネルギーの70%にあたる打撃運動によって発生する強力な打撃の反力を、発生場所の機械内部で打ち消すアクティブなメカニズム。エレクトロニューマチックで打撃をするストライカー・ピストンの重心を計算し、総質量の中心点でもっとも効果的なバランスをとっているハイレベルのバランサー機構です。(GBH 2-28、GBH 2-28F型) 受動的な振動低減機構*は、以下の機種に搭載されています。 *バイブレーションコントロール:ハンドル部等に内蔵。 (GBH 18V-26シリーズ、GBH 36V-PLUSシリーズ、GBH 36V-ECY、 GBH 36V-ECYH、GBH 36V-LIY、GBH 3-28DRE、GBH 4-32DFR型) 回転停止機構(軽破つりモード)は、回転を停止させることで、タイルはがし、コンクリート目地を整える軽破つり作業がアダプターを装着しなくても可能です。また、バリオロック機構は、フラットチゼル等を装着後でも角度調整が可能で、ベストポジションで軽破つり作業を行うことができます。 (GBH 2-26DE、GBH 2-28、GBH 2-28F、GBH 3-28DRE、 GBH 4-32DFR、GBH 18V-26シリーズ、GBH 36V-PLUS、 GBH 36VH-PLUS、GBH 36VF-PLUS、GBH 36VFH-PLUS、 PBH 2100RE型)

元のページ  ../index.html#50

このブックを見る